こんにちは。管リペアセンターの金安&荒井ゆうかです。

寒くなり、布団から出られなくなり、コタツにアイスが恋しくなりますね。

乾燥注意報が出始めている今回は、クラリネットの管体割れの様子と予防策をご紹介!

管体の割れ

割れは、なかなか見つけにくいのですが、よ~く観てみましょう…

わかりましたか?

赤丸の部分に、うっすらと線が入っているのがわかるでしょうか?

写真で撮ってみてわかったのですが、現物はもっとヒビが入っています(汗)

安心してください。割れは直ります!!

こんなに割れていても大丈夫です!

私達がこの割れを直します!!

作業工程は、修理屋さんやメーカーによって異なりますが、割れを観察しながら割れに合わせた修理方法で修正していきます。

そして、ちゃんと修正をすると…。

なんとっ!!!!!

こんなにキレイに目立たなくなりましたね~‼‼

どうですか?

もう一度見比べてみましょう。

修正前

修正後

ベルの色合いが変化していますが、別のベルを使用している訳ではありません。

割れの修理の際に、ワックス等を使用して艶を出したので、見た目に変化があります。

急激な湿度・温度変化に注意

クラリネットは、急な湿度や温度変化によって割れることがあるので、演奏中でも小まめに水分を取ることが大切です!!!

お手入れ方法

スワブは10~15分に1回、しっかり水分が取れるようにゆっくりと2、3回スワブを通しましょう。

特に吹き始めは結露しやすいので、5分に1回通せるといいですね。

クリーニングペーパーも忘れずにね☆

他にケースに入れるだけでケース内の湿度管理をしてくれる湿度調剤を入れておくと、楽器にとって最適な湿度を保ってくれる木管楽器奏者必見!便利なアイテムもありますよ!!

それでも割れてしまった方はすぐに修理をしましょう!

番外編

こちらは上管の割れです。

うっすらと割れているのがわかりますか?

作業後

どうでしょうか、わかりますか? こちらが修正痕です。

割れの修理は、多少の修正痕が残ります。

修理代

今回の割れ修理は、ベルの中まで貫通している事もあり、

修理・調整代 20,625円(税込・送料別)

でした。

割れの長さや、位置によって金額は異なりますので、割れなど心配な方はお気軽にご相談ください♪

※修理費用は同じ症例でも楽器の種類や形状・仕様によって異なる場合があります。
ご不明な点はお近くの島村楽器にぜひともご相談ください。

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

管リペアセンター金安

皆様の音楽活動がより楽しくなるようにお手伝い致しますので、お気軽にご相談ください。Wind & Repairでお待ちしております!

管リペアセンターの店舗情報

このスタッフの記事をみる

関連記事

楽器にも発生します!

管リペアセンター富田

管楽器タンポの虫食い

その他スタッフ・アーカイブ

マウスピースのメッキ加工

管リペアセンター原島

修理用パーツ

修理用交換パーツが大量入荷!

管リペアセンター杉浦

キィが動かない!音が切り替わらない!

管リペアセンター杉浦

まだ気を抜けない! 木製管体割れ 後編

管リペアセンター杉浦

定期調整の大切さ~題材はフルートです!~

管リペアセンター富田

夏だ!海だ!洗浄だ?

管リペアセンター杉浦

クラリネットの割れ修理

その他スタッフ・アーカイブ

リペアガール岡の”管がえる人”Vol.24 【ストラップリングは生きているか】

広島パルコ店