こんにちは。山下です。

一気に冬になりましたね~。そろそろコタツで寝る時期が来ました!

風邪を引かないようにお気を付けください!!


さて今回は、サックスを吹いている方に必ず訪れるネックコルク交換のお話です。

このネックコルクは交換ですね~!!

マウスピースを差し込む入り口がボロボロに。


ネックコルクのお手入れ方法などの説明はあとにして

まずは交換していきましょうか!

コルクが付いていないとこんな姿です

ツルツルですね~!非常に寒そう...

古くなったネックコルクを綺麗にはがして

今度は新しいコルクを綺麗に巻いていきましょうね。

よし、調整していきますか!

しっかり巻けたので、いよいよ調整していきますよ!

マウスピースにも1つ1つ個性がありますからね。

いつも吹くものに合わせないと使いにくいですから!

一緒に繋ぎ目も目立たないようにしていきますよ。

調整完了しました!

マウスピースに合うように調整が完了しました!

コルクの繋ぎ目も綺麗になって目立たなくなり、元気を取り戻したみたいですね!


では、これからこの綺麗になったネックコルクを

少しでも長持ちさせる為のお話をしていきますね!

ネックコルクのお手入れ

みなさんネックコルクを新しくしたら、コルクグリスを塗って

マウスピースを付ける事になると思います。

しかし、この「グリス」をある程度は拭き取らないと

新しいコルクはグリスが浸み込みやすいので、どんどん接着が弱くなっていきます。

これがよくある「ネックコルクがはがれた」原因の1つになります。

ケースに入れる前にティッシュなどである程度拭き取りましょう!

コルクのお手入れ方法については、杉浦さんの記事がとても参考になります。

コルクは生きているか

ぜひ、チェックしてみてくださいね。

ネックコルクの交換時期!

もちろん、マウスピースがスカスカと入るようになってしまったら交換ですね。

一番最初の画像のようにネックコルクがボロボロになっても交換ですね。

あと、ネックコルクがはがれていなくて、見た目もまだ綺麗でも

グリスが浸み込んでいて「これ、もうすぐはがれるのでは?」と

判断したものも交換をさせて頂く事があります!

はがれる時は一瞬ではがれる事もあります。

本番前に「ネックコルクがはがれて演奏出来ない!」などの事故は防ぎたいので

見積りに入っていたら「そろそろ寿命だったんだなぁ」と

お察し頂ければと思います。

まずはご相談ください!

ネックコルク交換をご希望の際は、マウスピースにも1つ1つ個性があるので

楽器本体と一緒に預けて頂ければ個性に合わせて調整します!

ネックコルクを交換するか迷ったら

まずは一度ご相談ください!!


今回の修理はネックコルク交換でした。

修理・調整代 3,168円~(税込・パーツ代込・送料別)

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

管リペアセンター山下

2014年から、ヤナギサワのバリトンサックスB-991Rをメインで吹いています。些細な事でも気になる症状がございましたら、お気軽にご相談下さい。

管リペアセンターの店舗情報

このスタッフの記事をみる

関連記事

バスクラリネットとエンドピン、改造記録!

管リペアセンター山中

衝撃~らっぱの悲劇~

管リペアセンター浮田

楽器がへこむと 人もへこむ…

管リペアセンター杉浦

へこみ直しシリーズ その5

管リペアセンター杉浦

まだ気を抜けない! 木製管体割れ 前編

管リペアセンター杉浦

掃除後の汚れ

こんなこともあるのか~金管楽器編~

管リペアセンター杉浦

コルクは生きているか

管リペアセンター杉浦

夏だ!海だ!洗浄だ?

管リペアセンター杉浦

トランペットのマウスパイプの汚れを取る!

その他スタッフ・アーカイブ

恐怖!首無しブラシ

管リペアセンター