こんにちは!弦楽器修理担当の高田です。夏も本格的になって参りまして、汗っかきな私はエアコンが無いと常に汗かいてます。いつの間にかの脱水症状や熱中症に気を付けて、こまめに水分を取りながらこれからの真夏を乗り越えたいですね。

フロッグ黒檀継ぎ足し修理

今回はフロッグ黒檀継ぎ足し修理を簡単ですがご紹介いたします。
フロッグとは弓の持ち手部分のパーツ名で、材質はほとんどの弓が黒檀を使用しています。黒檀は木材の中でも比較的堅い材質ですが親指が当たる部分が長年使用することによって摩耗変形し持ちにくくなってしまう場合もあり、今回は黒檀継ぎ足しによる修理を行いました。見えづらくて申し訳ありませんが、写真の黄色矢印辺りがだいぶ斜めに摩耗しております。

弓からフロッグパーツを取り外し、棹とフロッグを固定しつつ毛の長さを調節する為のネジ(メネジ)も外します。一緒に銀色部分のプレートに付着した緑青や松脂による汚れを除去し、プレートも黒檀角を削ってしまわないよう慎重に外します。



摩耗して少なくなってしまった黒檀部分を元の厚さ部分まで平面に削ります。

継ぎ足し用黒檀をフロッグ側の繊維方向に合わせて作成し、接着後削りだす余裕を残し、肉厚のまま接着します。(今回は少々肉厚すぎました!)


接着後ひたすら余分な肉を削り落としていきます。


成型がほぼ完了に近づいた後、外したプレートと黒檀の角度に合わせて作成した接着固定用冶具を使用し接着します。最後成型仕上げをして完了となります。
山なりに黒檀が戻り、演奏時に親指も滑らなくなりました。


今回は継ぎ足し可能な範囲の為行える作業でしたが、パーツの状態や範囲によってはパーツ自体の交換をお勧めする場合もございます。一つの症状に決まった答えがある訳ではない為、その都度ご相談させて頂ければと思います。より良い演奏状況になるようお手伝い出来れば幸いです。お気軽にご相談ください。







記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

シマムラストリングス秋葉原髙田

毛替えや全体調整、使い方に合わせた修理提案等、幅広く対応いたします。お気軽にご来店ください。

シマムラストリングス秋葉原の店舗情報

このスタッフの記事をみる

関連記事

弓の馬毛を食べる『毛喰い虫』について 【弦楽器工房ブログ】

マークイズ福岡ももち店高瀬

駒交換 ~ローハートタイプ~  【弦楽器工房ブログ】

マークイズ福岡ももち店高瀬

【4月12日更新】弦楽器リペアだより 4月号

シマムラストリングス秋葉原髙田

毛替え . 5 (プレイングサイドの張り具合) 【弦楽器工房ブログ】

マークイズ福岡ももち店高瀬

弓グリップ保護チューブの取り付け【弦楽器工房ブログ】

マークイズ福岡ももち店高瀬

あご当てのコルクのお話

シマムラストリングス秋葉原渡邉

弓の反り直し 【弦楽器工房ブログ】

マークイズ福岡ももち店高瀬

「あご当ての締め方」と道具の紹介 【弦楽器工房ブログ】

マークイズ福岡ももち店高瀬

【11月25日更新】弦楽器リペアだより 11月号

シマムラストリングス秋葉原髙田

弓のスライド交換 【弦楽器工房ブログ】

マークイズ福岡ももち店高瀬