こんにちは!ギターリペア工房、井上です!

まだまだ厳しい寒さが続いておりますが皆さまはいかがお過ごしでしょうか?


子供のときはいつでも寒さなんてへっちゃら状態でしたが、

今となっては如何に外へ出ずに暖かく過ごすかをひたすら考える始末・・・


それでもまだまだ心だけでも若くありたいと常々思う井上です。



さて、前置きの話とは全く関係ありませんが早速今日の本題に参りたいと思います。



インチとミリの違いって?

皆さま、ギターを取り扱う上でインチとミリという言葉を

よく耳にすることがありませんか?

あるいはご自身でパーツの交換などをしたことがある人は聞きなれた言葉かもしれません。


今回はこの「インチとミリ」について取り上げてみたいと思います。


まずインチとミリとはそもそも何なのか。

無論、これはどちらも距離や長さを表す単位になります。


ここで早速問題です!

1インチと1ミリメートル、どちらが長いでしょうか?




正解は1インチになります!

1インチはミリに直すと25.4ミリになります。

ミリに馴染みのある私たちには何とも中途半端な数字ですね。

(1円玉と1cm、1inchを比較するとこんな感じです)


とりあえずインチとミリが全く違うものという事を分かって頂けたかと思います。

ここからはそれぞれがどういう場面で使われていたりするのか掘り下げてみましょう。

ミリってなんだ

まず馴染み深い「ミリ」についてザックリとご説明致します。


まずミリと言う単位は「メートル法」で使用されている

長さを表す単位の一つとなります。

私たち、日本人にとっては身近な単位ですね。


メートル法は18世紀末のフランスにて、世界で共通に使える統一された単位制度の確立を目指して作られました。

その後は法律による統制やパリ万国博覧会での決議により、多くの国へと波及していきます。


ただ、なぜメートル法が遥か東の日本で身近な単位に成り得たかと言うと、

これは文明開化の頃まで遡ります。



当時は江戸幕府が倒れ新政府建立に伴い、世界へと迎合していくにあたり、

色々な仕組みの国際化は必須事項でした。


そんな明治維新の頃はメートル法が世界的に普及していた背景もあり、

インチではなくメートルを採用することがごく自然な流れだったという事です。

(それ以前は尺貫法というものが主に使われておりました。一寸法師の一寸もこの尺貫法の単位です!)



現在も世界的にはメートル法の後継である国際単位系というものが一般的な基準の単位となっております。

(学生の頃に習ったモルやアンペアもこの国際単位系に属しています!)


故に私たちの生活の基準はミリやセンチ、メートルで測ることが一般的なのです。


じゃあインチって?

次にある意味本題でもある「インチ」について掘り下げてみましょう。


まずインチと言う単位は「ヤード・ポンド法」と呼ばれる単位系の一つとなります。

ヤードとポンドならばゴルフやボウリングといったシーンで耳にする機会も多いのではないでしょうか?



そんなヤード・ポンド法は主にイギリス・アメリカで使われてきた単位系となります。


ざっくりと成り立ちを説明すると元はヨーロッパで使用されていた単位を

イギリス(当時は大英帝国)が改良した単位であり、


後に開拓と共にアメリカでも広まっていったという背景があります。

(実際にイギリスとアメリカで使われているヤード・ポンド法は全く同じものというわけではありません。)



ただ時代が経つにつれて世界的にメートル法が主流となり、

今では主に使用している国はアメリカのみとなっております。

(少し前まではミャンマー・リベリアも使用していましたがそれでも3ヵ国です)


と、いうことで「ヤード・ポンド法」に属するインチは

世界的に見るとほぼ登場シーンは無い事になります。




それならばなぜ、ギターの世界ではこんなにインチが出てくるのか・・・


その答えは・・・


「ギターという楽器の主流がアメリカだから!!!」



という、実にシンプルな結論となります。

有名なメーカーの創業国を見ていくと大体がアメリカ(それとイギリス)だったりします。


こんな背景があり、インチで作られている楽器やパーツが多いのですね。

うーん、奥が深いような浅いような。


最後に

さて、長々と書いて参りましたが今回はここまでにしたいと思います。

(ギターというよりも歴史のコラムになってしまいました・・・)


今ではアメリカで作っているメーカーがミリ基準だったり、

そのまた逆でヴィンテージ志向の楽器は日本でもインチ基準だったり・・・

と、ごちゃまぜだったりします。


その為、生産国等でミリかインチかを判断してパーツを買ってしまうと

痛い目にあってしまうかもしれません・・・


そんな時は是非とも島村楽器にお越しください!!

スタッフがお客様の楽器に適したパーツをお調べいたします!!!



以上、井上コラム「インチとミリの違いって?」でした!

ありがとうございました!!!



お近くの島村楽器はこちらから、

リペアブース併設店と専門店はこちらをご参照ください。

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

ギターリペア工房井上

店頭で勤務していた経験を活かし、お客様に寄り添ったリペアをモットーとしております。楽器を介してお客様とお会いできる日を心よりお待ちしております!

このスタッフの記事をみる

関連記事

図解でわかる!~ネック反り編~

ギターリペア工房中野

リペアマン山本の札幌リペア道中記VOL.1

札幌パルコ店山本

【スタッフブログ】 店長の気まま配信10 「もうすぐベースの日!」

名古屋ギター&リペア郡司

ルシアー駒木のギターよもやま話 その37「現場でルシ駒イチオシが大活躍!!」

ギターリペア工房駒木

abstracts MIKI氏 ベース リフィニッシュ

ギターリペア工房小嶋

リペア以外の業務

ギターリペア工房宮川

ギター修理は島村楽器福岡イムズ店におまかせを!~ギター修理のすゝめ その1~

福岡イムズ店尾仲

リペアスタッフ池田の新宿散策Vol.1

新宿PePe店池田

こんな事もやってます!

ギターリペア工房小嶋

ルシアー駒木のギターよもやま話 その20「新宿店PePe店に新しいリペアマン登場!」

ギターリペア工房駒木