皆さんこんにちは!

この蒸し暑い中電気代の節約に力を入れているここ最近です。(笑)

今回はSGタイプのギターのリフレッシュするところをご紹介します!

今回の楽器はかなり長く使われていて総合的に点検と言う事でしたが、エスカッションが割れていたりナットの寿命が来ていたり電装系が大変なことになっていたりで全体的に手を入れていきます。

まずはコントロール野電装パーツを全交換!

↑配線の無駄が多く、パーツ自体の劣化は勿論配線材の劣化も見られます。

↑やたらと長い配線材は大量生産の工場ではある程度仕方ない所ですが、せっかく交換するので綺麗にしていきます。

↑元のパーツを外したタイミングで普段なら磨きづらい表面を磨いておきます。

↑その後新しいパーツを仮止めして「配線をどうやって綺麗に、且つ丈夫にしていくか」を考えてから作業を進めます。

↑配線が終わったキャビティですが、綺麗に収まりました!

緑のアース線は工房で常備している直径1ミリの太い単芯線で、アースの通りを良くしてくれるので非常にお勧めです!(パーツ同士のアース接続にもってこいです!)

ちなみに1ミリのアース線でパーツ同士をストレートに繋いでおくと、万が一ポットやジャックのナットが緩んでも空回りしにくくなるので断線のリスクも少し減るというメリットがあります。(※何もしないよりかはってことです。笑)

↑最後にすべての電装パーツをしっかり締め付け、ノブも元の位置に戻します。

この時に自分は目盛りが揃わないのが嫌だったのでポットの向きを少しずつ変えながらなるべく揃えて固定しました。(笑)

↑表面の錆を消す為にペグを一度外してクリーニング!

↑新品同様には出来ませんが、かなり綺麗になり刻印が見える様になりました!

↑そして割れていたエスカッションを交換しつつ合わなかったPUのネジも交換して~

↑ナットも綺麗に作り、セットアップして完了!

↑こんなにも綺麗になりました!

いかがでしたか?

今回はネックの状態も非常によく、ビビリもありませんでしたので電装系・ナット・エスカッション交換という形でリフレッシュさせて頂きました。

皆さんも眠っていた楽器をリフレッシュさせて綺麗になった楽器と一緒にロックしませんか?

以上、綺麗好きの金でした!(笑)

今回の修理内容

・電装系パーツ全交換工賃

・交換用トグルスイッチ、ポット、ジャック

・弦代 ダダリオ 009-042

・ナット交換

・エスカッション交換

・交換用エスカッション、ナット材

合計金額 ¥28,169(税込)+送料

*修理費用は同じ症例でも楽器の種類や形状・仕様によって異なる場合があります。

ご不明な点はお近くの島村楽器にぜひともご相談ください。


お近くの島村楽器はこちらから、

リペアブース併設店と専門店はこちらをご参照ください。

島村楽器株式会社 ギターリペア工房

MAIL:gtrepair@shimamura.co.jp

http://www.shimamura.co.jp/index.html(公式サイト)

http://info.shimamura.co.jp/repair/guitar/(島村楽器のリペア)

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

ギターリペア工房

アンニョンハセヨ!韓国から来日しました金(キム)と申します。皆様のサポートがしたく、努力して日本語も勉強しました!宜しくお願いします!

このスタッフの記事をみる

関連記事

ナット交換 STORY~

ギターリペア工房

ローズ指板のインレイをドットからブロックタイプへ交換!第二弾

ギターリペア工房阿部

トレモロ調整の様子

~弦交換とご一緒に。トレモロご機嫌いかがでしょう。~ リペアマン寺田の「アコギは打楽器!」四打目

名古屋ギター&リペア寺田

木ネジよ、さらば。 (´・ω・`)

ギターリペア工房奥村

リペアマン遠藤の仙台リペアブログ~その25~ノイズ対策の巻!

仙台ロフト店遠藤

クラシックギター修理(ペグ交換、サドル製作)

ギターリペア工房

感動伝道者 陳(ジン)のリペアーストーリー 第3話<ウクレレペグ交換編>

ギターリペア工房

リペアマン山口の大宮で日々リペア61~ ストラップピン ~

大宮店山口

ルシアー駒木のギターよもやま話 その52「イメチェンするなら塗装でしょ!」

ギターリペア工房駒木

リペアマン山本の札幌リペア道中記VOL.16

札幌パルコ店山本