アコースティックギターの改造をご紹介します。

今回はブリッジの材質とシェイプを変更していきます。

オリジナルのブリッジがこちら。

ご依頼のシェイプはオリジナルのシェイプに近いですがそっくりそのまま作ってしまうとブリッジ接着に伴って塗装を剥がしている部分が見えてしますので一回りサイズも大きくして製作することにしました。

まずはブリッジ本体をしっかり温めて接着剤を柔らかくし剥がしていきます。

次に剥がしたブリッジをもとに型取りとそれをもとに新しい型紙を作っていきます。

今回はブリッジ本体の破損での交換とは異なるのでサドル溝、ブリッジピンの位置はオリジナルブリッジを木材にしっかり固定して穴をあけ位置取りをしていきます。

位置取り完了後は型紙を当て成形していきます。

完成はこちら!!印象が変わりましたね。

ギターリペア工房ではお客様のご要望に合わせたご提案をできますのでご依頼お待ちしています。

今回のカスタマイズ内容

・ブリッジ製作

合計金額 ¥52000(税込)

*修理費用は同じ症例でも楽器の種類や形状・仕様によって異なる場合があります。

ご不明な点はお近くの島村楽器にぜひともご相談ください。


お近くの島村楽器はこちらから、

リペアブース併設店と専門店はこちらをご参照ください。

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

浅草橋ギター&リペア店長谷川

「最近なんだか弾きづらい」「自分だけのオリジナルにしたい」などなど、エレキ、アコースティック問わず、改造なんでも長谷川にお任せください!!

浅草橋ギター&リペア店の店舗情報

このスタッフの記事をみる

関連記事

リペア日誌~ピックガード交換~

その他スタッフ・アーカイブ

パーツ交換 Story

その他スタッフ・アーカイブ

新しい便利工具

リペアスタッフ池田の新宿散策~Vol.22~

梅田ロフト店池田

ベースナット交換

その他スタッフ・アーカイブ

ベース弦のスケールって何?【デュエリストのリペア奮闘記 turn5】

その他スタッフ・アーカイブ

アコギの弦高調整応用編 ”ブリッジを削る”とは?

浅草橋ギター&リペア店中澤

福岡ギター修理のすゝめその54~配線交換の巻~

福岡イムズ店尾仲

リペアマン山口の大宮で日々リペア 30 ~ 衣替え ~

浅草橋ギター&リペア店山口

レスポールのポット交換~!

浅草橋ギター&リペア店

福岡ギター修理のすゝめその52~よ~く見ると隙間が・・・~

福岡イムズ店尾仲