皆さん こんにちは!

涼しくなってサバゲーに行きたい気持ちで休みを待っているここ最近です。(笑)

今回もよくある修理ですが、どんな風に作業が行われるのか見ていきましょう!

今回届いたギターはG社のJ-45で、ぱっと見は何も問題無さそうですが…

こんな風にピックガードの端が浮いてきてました!( ;∀;)

G社のアコースティックギターに貼られているピックガードは軟質の素材が多くて熱に弱い・時間が経つと変形するという弱点があります。

今回の依頼も照明による粘着力の低下+照明の熱による変形が同時に起きてしまったケースです。


まずは浮いてしまったピックガードを綺麗に剥がして…

↑端の部分に埃がくっついて白くなっていて元の粘着力はもう失われていました。

ここから古い粘着テープを剥がしていきます。

↑ピックガードの表面に傷がつかないようにマスキングテープの上で作業をしています。

粘着テープを剥がす時にはプラ製ヘラとライターオイルを使います。

ライターオイルは溶剤であるけどピックガードや塗装に影響がない弱い溶剤ですので色んな所で使われています。

↑粘着テープを全て剥がして接着面を綺麗に磨いてあげるとこんな感じ。

天井の光が反射して映るくらい綺麗な状態まで剥がせました。

ここからは接着の為の準備をします。

↑まず大きい粘着テープにピックガードを貼り付けて~

↑ピックガードの形通りに不要な部分を切り落とします。

↑綺麗に切り落とせたらこんな感じになります。

粘着テープをピックガードに貼る時、注意すべき点は気泡が出来ないように貼る事・粘着面を手で触らない事などがあります。

スマホの液晶保護フィルムを貼ったことがある方ならその難しさが分かると思います。(笑)

↑ピックガードを剥がしたボディですが、日焼けでピックガードが貼られていた部分に線が残っているのが見えるのでしょうか??

↑そのラインに合わせてまずは仮合わせ!ここではまだ粘着テープの保護紙を剥がしてません。

仮合わせしてみて位置が決まったらゆっくり貼っていきます。

↑スマホの画面保護フィルムと同じようにマイクロファイバークロスで気泡が出来ないように貼っていくと~!

↑じゃじゃーん!綺麗に元通りになりました!

↑角度を変えて横から見ても隙間なくぴったり!

綺麗に接着出来たら全体を磨いて終わりになります。

いつもは弦も古くなっていて一緒に交換した方が良い物が多いですが、今回は弦が新品だったので弦交換は行いませんでした。

頻繁に依頼が来るようなものではないですが、綺麗に貼れると気持ちがいいですね!

以上!アコースティックギターのピックガード再接着でした!


今回の修理内容

・ピックガードの剥がし・再接着

合計金額 ¥6,050(税込)+送料

*修理費用は同じ症例でも楽器の種類や形状・仕様によって異なる場合があります。

ご不明な点はお近くの島村楽器にぜひともご相談ください。


お近くの島村楽器はこちらから、

リペアブース併設店と専門店はこちらをご参照ください。


記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

ギターリペア工房

アンニョンハセヨ!韓国から来日しました金(キム)と申します。皆様のサポートがしたく、努力して日本語も勉強しました!宜しくお願いします!

このスタッフの記事をみる

関連記事

象牙サドルなんです!!

その他スタッフ・アーカイブ

リペアマン遠藤の仙台リペアブログ~その7~フレット交換の巻!PART1

仙台ロフト店遠藤

福岡ギター修理のすゝめその13~オーバーホール~

福岡イムズ店尾仲

名古屋パルコ店 リペアマン瀧口のブログ!

名古屋パルコ店瀧口

リペアマン佐藤の日々リペア Vol.1 ~リペアの出し方編 ~

新宿PePe店佐藤

フレットレスの話

ギターリペア工房長谷川

Gibson Les Paul Traditional カスタマイズ 其の壱

ギターリペア工房中澤

18Vサスティナーの取り付け

その他スタッフ・アーカイブ

【スタッフブログ】 店長の気まま配信4 「限界に挑戦!」 その2

名古屋ギター&リペア郡司

名古屋パルコ店 リペアマン瀧口のブログ! VOL22

名古屋パルコ店瀧口