皆さまこんにちは。

元号が平成から令和に変わりましたね。

普段あまり意識してなかったのですが、よくよく考えると「西暦とどのように使い分けているのかな」と、ふとした疑問が生じました。


世界の出来事は当然ながら西暦で考える事が多いですよね。例えば1962年ストラトキャスターは昭和37年ストラトキャスターになるのですが、相当な違和感があります。


逆に日本の出来事はどうかと考えた場合、平成、昭和、大正、明治、ここまでは何となく馴染み深いのですが、それより前は自分自身ほとんどわからない事に気が付きました。(ちなみに明治の前は慶応です。)

考えれば考えるほど不思議です。


さて、今回の依頼品はこちらです。

ピックアップ付近から塗装が割れています。


ベロっと剥離してしまっている状態です。



早速修理していきます!

一度完全に剥がして再塗装した方が良いと言えば良いのですが、費用がかさみますし、何よりトップ面のサインが無くなってしまう為、今回はオリジナルの塗装を生かして直していきます。

まずは剥離している部分を接着。

食いつきを良くする為に、サイン部分以外を研磨して塗装に入ります。


その後、下地塗装→部分的に着色という流れで割れ跡を隠していきます。

バインディング部分のちょっとした割れも修正します。

ちょうどこの部分ですね。

まずは白の原色で割れ跡を隠して、その上から経年による微妙な色を重ねる事で、周囲と同化させます。

あとはコーティングの塗装を行って仕上げです。

完成品がこちら

綺麗に修復できました。

今回は、塗装剥がれ修理を直す過程でサインのコーティングも行っておりますので、今後演奏中擦れたりしても消えてしまう心配はありません!

今回の修理内容

  • 塗装剥がれ接着+下地補修
  • 部分着色塗装+ボディトップのコーティング塗装
  • 組み込み、調整
合計金額 ¥44,280(税込)+弦代+送料

*修理費用は同じ症例でも楽器の種類や形状・仕様によって異なる場合があります。

ご不明な点はお近くの島村楽器にぜひともご相談ください。


お近くの島村楽器はこちらから、

リペアブース併設店と専門店はこちらをご参照ください。




記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

ギターリペア工房本田

石川県金沢市出身 2013年中途入社。生粋のA型で、「大人なリペアマン」がモットーのギターリペア工房の真面目担当。

このスタッフの記事をみる

関連記事

レスポールのポット交換~!

ギターリペア工房

ネック折れリペア作業紹介

ギターリペア工房長谷川

プリセットスイッチは必要なのか

ギターリペア工房井上

福岡ギター修理のすゝめその20~ブリッジ浮き~

福岡イムズ店尾仲

リペアマン山口の大宮で日々リペア 09 ~ 早めの衣替え!? ~

大宮店山口

オリジナル ピックガード ポジションマーク

ギターリペア工房小嶋

名古屋パルコ リペアマン 瀧口のブログ!

名古屋パルコ店瀧口

リペアマン佐藤の日々リペア Vol.9~JIMMY WALLACE PICKUP!!夏だしHOTはいかがでしょうか?編~

新宿PePe店佐藤

ウクレレ、グレードアップ!

ギターリペア工房中澤

福岡ギター修理のすゝめその52~よ~く見ると隙間が・・・~

福岡イムズ店尾仲