こんにちは!

ギターリペア工房、井上です!

今回は修理自体ではなく道具をご紹介致します。

フレットの溝が広がってしまっている・・・

フレットが消耗してしまってチョーキングでし辛かったり、

ピッチが怪しかったり、はたまた音詰りが発生してしまう・・・


そんな時にはリフレットが必要になります。

リフレットさえ行えば大抵のギターは弾きやすい状態へと直せる場合が多いです。


ただそんなリフレットにも落とし穴があります・・・

それはフレットを打ち込む溝が広がってしまっている時です。

溝が広いとなぜダメなのか

溝が広くてもフレットを打てないということではありません。

ただ、そのまま打ってしまうとフレットの足(タング)が指板と密接しなくなってしまう為、

フレット浮きや音のサステインが伸びなくなってしまうという症状が発生してしまいます。

折角、リフレットしたのにこれではダメですよね。


そんな時に今回ご紹介する道具は登場します!

Fret Crimper

何やら英語が出てきました。

百聞は一見に如かずという事で道具をお見せします!

うーん、歯医者さんにありそうですね。

ちなみに先端はこんな感じです。

親知らず抜くやつですね。


さてこれをどう使うかというとこう!

タングを挟んじゃいます。


そして程よい力でギュッと握ると・・・

分かりやすく色付けしてみました!

黄色の線が通常のタング。そして赤色の線が処置したタング。

そう!タングが波打ちました!


この様にするとタングの幅が少し広がった事になります。

そして広がった溝に対しても適切な入り具合でフレットを打つことができるのです!

最後に

実はこの処置はいつでもやるものではございません。

千差万別の楽器たちをしっかりとチェックさせて頂き、

必要なときにのみ行います。

(適切な曲げ具合でないと不用意に溝を広げてしまいますしね)


なので実は登場シーンはそんなにありません笑

ただ、そんな限られた症状にも対処できるように当工房はニッチな道具も用意しております!


もし、どのように修理したら良いか分からない楽器や、

使う事を諦めてしまった楽器をお持ちでしたら是非ともご相談くださいませ!

もしかしたら見た事のない、聞いた事のないような手段でお助けできるかもしれません!


お近くの島村楽器はこちらから、

リペアブース併設店と専門店はこちらをご参照ください。

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

ギターリペア工房井上

店頭で勤務していた経験を活かし、お客様に寄り添ったリペアをモットーとしております。楽器を介してお客様とお会いできる日を心よりお待ちしております!

このスタッフの記事をみる

関連記事

バフ掛けによる傷の修正

ギターリペア工房本田

リペアマン山口の日々リペア 13

大宮店山口

レスポールのポット交換~!

ギターリペア工房

リゾネーターベースにピックアップを取り付け

リペアのご紹介をしていきたいと思います!!

その他スタッフ・アーカイブ

福岡ギター修理のすゝめその53~乾燥にご用心~

福岡イムズ店尾仲

[インレイについて]白蝶貝のポジションマークに全交換でピカピカです!

その他スタッフ・アーカイブ

名古屋パルコ店 リペアマン 瀧口のブログ!vol 2

名古屋パルコ店瀧口

リペアマン遠藤の仙台リペアブログ~その23~アコギ弦高調整の巻!

仙台ロフト店遠藤

ベースナット交換

その他スタッフ・アーカイブ

リペアマン山口の日々リペア 4

大宮店山口