梅田・大阪のみなさまこんにちは(*^・ェ・)ノ ♪

リペアマン佐藤です。

私は関東出身なので修学旅行は京都・奈良でした...

関東の人なら共感してくれるはず笑

というわけで、時期的にも丁度良さそうだったので京都に行ってまいりました!!
ドンッ!!
f:id:shima_c_umeda:20151207185650j:plain

素晴らしい紅葉でした♪

修学旅行以来でしたが意外と覚えてるもので...懐かしかった。

さて、KIYOMIZU STAGEで充電し気合い十分!!

今回のお題は、、、


アコースティックギターの音を良くしよう!!

良くする、、というと語弊があるかもしれません、、、

より自分に合った音にしよう!!といったところでしょうか!

アコースティックギターの、、、とありますが、エレキギター、ベースの方も、関係ない!というわけではないので、是非最後まで読んでくださいね!!

今回はアコースティックにスポットを当てて書いていきたいと思います!

まずは作業を見てもらいましょう♪


これがナット交換だああぁッ!!( ー`дー´)

f:id:shima_c_umeda:20151211205705j:plain

さて、今回登場して頂いたのはこちらのギター↑

インレイがおしゃれです♪

f:id:shima_c_umeda:20151211205828j:plain

ギターは持っているけど、各部名称を知らないという方もいらっしゃるので一応、、、弦が乗る溝の付いた白いパーツが「ナット」ですね!

f:id:shima_c_umeda:20151211210659j:plain

取りはずして裏を見てみると、、、あれ?
弦の高さを上げる為にスペーサーが挟んでありました笑

これではナットからネックに伝わる振動の妨げになりますし、ナットも不安定になってしまいます(´・ω・)

これはオーナーさんが独自に行ったもので、通常販売しているギターにはありませんのでご安心を♪
f:id:shima_c_umeda:20151211211131j:plain

ナットは接着剤で付けてあるものがほとんどなので、元の接着剤を彫刻刀で綺麗に取り除いてやります♪

オイル漬けボーン(・∀・)キリッ
f:id:shima_c_umeda:20151211211427j:plain

今回はこの牛骨材を使用します♪

最初はこんな感じで四角いものをナット溝に合わせて削っていきます♪
f:id:shima_c_umeda:20151211212118j:plain

紙やすりで地道に削っていきます、、、そうすると、、、
f:id:shima_c_umeda:20151211212027j:plain

溝にはまりました♪

でも横から見ると、、、
f:id:shima_c_umeda:20151211212059j:plain

まだ下に隙間があります(´A`。)

これをさらに削って底面を合わせていきます、、、そうすると、、
f:id:shima_c_umeda:20151211212502j:plain
ピッタリヽ(*´∀`)ノ♪
f:id:shima_c_umeda:20151211212840j:plain

ピッタリはまったら接着してカラフルなナットやすり達で各弦の太さに合わせて溝を切っていきます♪
f:id:shima_c_umeda:20151211212845j:plain

溝の幅と深さ、さらには角度まで気をつけながら削っていきます、、、
f:id:shima_c_umeda:20151211213231j:plain

溝が切り終わったら角を丸く削り、、磨くと、、、

完成(・∀・)ニヤニヤ
f:id:shima_c_umeda:20151211212855j:plain

綺麗ですねぇ♪

是非最初に戻ってBEFORE AFTERしてみてください笑

さて、それでは本題に入りましょう!

みなさん、、、、

ナットの交換をしようと考えたことがありますか?

私の経験上、、、ナット交換をお願いします!という依頼のほとんどが

「開放でビビるなぁ~」

「弦高が高くて弾き辛いから交換したらいいのかも、、、」

というような方です。

勿論どちらも交換や削って調整することで改善します♪

ですが、、、ナット交換で音質を変えたい!という方はあまりいません。。

変わると思っていない方がほとんどかもしれませんが、、

変わります!!!!

楽器屋さんに行くと色んな材料のナット材が置いてありませんか?

それは使う材料によって音が変わるからです!

ナットには様々な材料や、加工方法があります。

材料ではプラスチック・牛骨・水牛角・象牙・タスク・ブラスなど、硬さや重さも多種多様です!

加工方法ではナットの取り付け・弦溝・角度をきつくor緩くするなど削り方でもサウンドコントロールをすることが可能です!

弦はナットとサドルに乗っています。

サウンドを決める非常に大切なパーツです!!

作業工程の写真はサラっと流していますが、こだわりの技術が実は満載なんです!!

ご相談だけでも勿論OKなので、まずお店に遊びにきてください♪

その楽器に合わせた材料・加工方法で私がサウンドプロデュース致します!!

ナットだけでは音作りは完結しません、、、

次回は~アコギの音を良くしたい?それならナットとサドルの交換でしょ!!サドル編~乞うご期待!!!

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

新宿PePe店佐藤

関東地方の皆様!楽器のことなら修理でも改造でもご相談下さい! 特にアコギの調整には自信があります!!是非一度新宿PePe店へ!!

新宿PePe店の店舗情報

このスタッフの記事をみる

関連記事

名古屋パルコ店 リペアマン瀧口のブログ!vol 13

名古屋パルコ店瀧口

リペアマン山口の大宮で日々リペア 09 ~ 早めの衣替え!? ~

大宮店山口

ルシアー駒木のギターよもやま話 その52「イメチェンするなら塗装でしょ!」

ギターリペア工房駒木

リペアマン山口の日々リペア 7

大宮店山口

ヤマザキの~弾いてみそ試してみそ~Vol.4

名古屋ギター&リペア山崎

木ネジよ、さらば。 (´・ω・`)

ギターリペア工房奥村

リペアマン長谷川の塗装小話

ギターリペア工房長谷川

リペアマン山本の札幌リペア道中記VOL.5

札幌パルコ店山本

名古屋パルコ店 リペアマン瀧口のブログ!

名古屋パルコ店瀧口

ノイズ対策【デュエリスト長谷川のリペア奮闘記 turn6】

名古屋ギター&リペア長谷川