皆さんこんにちは。

街で、少年・青年時代に聴いた音楽が流れてくると、思わず涙がこぼれてくるお年頃

f:id:shimastaff-01:20180319131049p:plain

ルシアー駒木です。



先日、神奈川県のモザイクモール港北店でこんなイベントが開催されました。

f:id:shimastaff-01:20180810172922p:plain



楽しそうでしょ

f:id:shimastaff-01:20180319111817p:plain


今回の港北は3本立てイベントでしたが、その中の「調整会」は、こんな感じ

f:id:shimastaff-01:20180822151753j:plain

で、お客様とお話しながら店頭で作業をしていきます。


この、ルシ駒調整会、

実は、巷で物議を醸す事があるんです(笑)


要するに皆さん議論したくなっちゃうのは、「絶対音が良くなる」と銘打っているところ。


音って絶対良くなるなんてあり得るんでしょうか。


これ、実はルシ駒確信犯でこのタイトルにしているのですが、

ルシ駒思うに、「音が良くなる」事って実は無いと思っています。


爆弾発言(笑)

f:id:shimastaff-01:20180319111639p:plain


だって、「音」に良い悪いなんてそもそも無いと思いませんか?


え?イベントタイトルと矛盾しているって?


では本日はそこんとこちょっと解説してみますね。

f:id:shimastaff-01:20180319131049p:plain



実は、先日とあるお客様からお受けしたご要望に対するルシ駒の作業が、その答えになっていたんですよ。


あるお客様が、1本のフォークギターを基本的には気に入って頂いたとの事。しかも、低音弦の開放の響きはかなりお気に入り

ですが、それに比べると、1・2弦の開放の音や、6弦のハイフレットのサスティーンに少々不満がある、という事でした。


つまり、基本的な音質、特に低音弦の開放などは変化させずに、1・2弦開放と、6弦のハイフレットのサスティーンを向上させてほしい、という内容。



多分、そのままではお受けしない楽器店も多いのではないでしょうか。特に「リペアショップ」は多分やる事が無いのでは?、、、だって、この楽器、壊れてないですからね(笑)。そもそも新品ですし、リペアする箇所がありません。


f:id:shimastaff-01:20180319111639p:plain


ここで私が駆使したのは、以前ブログでご紹介して、大反響となったこちらの技法!



どうなったのか、結果をご覧頂くと、、、、、


作業前の6弦開放と

作業後の6弦開放とを比べてみましょう!


※赤・・・ピッキングした瞬間の波形

 緑・・・3秒後の波形


f:id:shimastaff-01:20180810174602p:plain

作業前の6弦開放↑

作業後の6弦開放↓

f:id:shimastaff-01:20180810174659p:plain


殆ど一緒です。


  • アタック音はほぼ一致しています。
  • サスティーンにも特記すべき大きな変化はありません。
  • 加工後のサスティーンの方がやや大きく波形が複雑(倍音豊富)になりました。

つまり


6弦開放に関しては作業による大きな変化は無し

という事です。サスティーンを伸ばした音質が少しふくよかになった感じでしょうか。




次に、

1弦解放の作業前と、作業後


f:id:shimastaff-01:20180810174909p:plain

1弦解放の作業前↑

作業後↓

f:id:shimastaff-01:20180810174814p:plain


これは比べてみると、


  • アタック音はほぼ変化ありません。
  • サスティーン(グリーンのライン)は大幅な変化ありですね。倍音の構成比は変化ない(つまり音色の雰囲気には変化なし)ですが、100Hz~あたりの3秒後が持ち上がると同時に、1kHz以降は明らかに激変、プレーン弦で向上の難しい高い周波数の倍音においてサスティーンの向上が確認出来ます。

つまり、


1弦に関しては、アタックに大きな変化がないまま、サスティーンの大幅向上

という事です。



最後に、6弦の15フレットの波形は、

f:id:shimastaff-01:20180810175552p:plain

作業前↑と

作業後↓

f:id:shimastaff-01:20180810175522p:plain


  • アタック音はほぼ変化無しですね。
  • サスティーンは基本となる周波数中心に全体がグッと持ち上がったような形(高音弦同様周波数の構成は変わらないので、音色に変化は殆ど無いと言える)

つまり、


基本の音色をほぼ変える事無く、そのまま音が伸びる様な形での向上が確認出来た

という事です。



如何でしょう。

f:id:shimastaff-01:20180319111639p:plain


「基本的な音色は変えない」「開放の音は変えない」「低音弦ハイフレット&1・2弦のサスティーンを伸ばしたい」という目的はほぼ果たせていると思います。


つまりルシ駒は、

Playerの好みのサウンドに楽器を寄せていく事が出来るんです。


音に良い悪いなんて無いですよね。だって、すんごいノイズがバリバリ出ていても、「ノイズがロックだぜ!」って人は、そのノイズが良い音な訳ですから。

f:id:shimastaff-01:20180319111639p:plain

そこに在るのは「好きな音」か「嫌いな音」か、だけです。


つまりルシ駒のイベントは、持ち主の好きな音に絶対寄せて調整しますよ!って事。

だからそれが


「絶対音が良くなる」=「あなたにとっての良い音に絶対する」調整会


って事なんです。


どうです?こう聞いたら詐欺じゃないでしょ(笑)!


普通「調整」という言葉は、弦高とか、ネックの反り、とか、何か狂ったものを寸法的に整える事を指す場合が殆どだと思います。世の中の「調整会」は大概これですよね。

が、ルシ駒は違います。音を調整する調整会なんです。


お近くの店舗で開催される時には、是非ご参加下さいね!「音」の話をテーマにしたトークショーなども各地で開催中!

音質矯正したい方も、まずは店頭で相談だ!

島村楽器では私以外にも凄腕技術者達が工房で皆様の楽器をお待ちしています。店頭常駐店ならその場で解決しちゃうかも!?



まずはお近くの島村楽器へダッシュ!!!!!

f:id:shimastaff-01:20180319111817p:plain

ルシアー駒木でした。

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

ギターリペア工房駒木

こんにちは、ルシアー駒木です!全国各地に出没しますので見かけたら声をかけて下さいね。世界のプロミュージシャン現場や製作現場叩上げ技術をあなたの楽器に!

このスタッフの記事をみる

関連記事

木ネジよ、さらば。 (´・ω・`)

ギターリペア工房奥村

リペアマン山口の日々リペア 6

大宮店山口

エレキベース配線

リペアスタッフ池田の新宿散策Vol.21~JBピックアップ交換~

新宿PePe店池田

AGオリジナルピックガード作成

ギターリペア工房小嶋

ルシアー駒木のギターよもやま話 その3 「大手術(ネック折れ)」

ギターリペア工房駒木

ルシアー駒木のギターよもやま話 その23「スペシャルベース」

ギターリペア工房駒木

クリーニングの際はバラバラな状態まで解体し、一つ一つ磨いております!

その他スタッフ・アーカイブ

シンガーソングライターCO2さんと記念撮影

福岡ギター修理のすゝめその41~福岡ミュージシャンのカスタム2~

福岡イムズ店尾仲

ルシアー駒木のギターよもやま話 その62「象牙キャンペーンの事みんな気づいてる!?」

ギターリペア工房駒木

リペアマン山口の大宮で日々リペア 39 ~ 梅雨ですよ!改造で気分転換 ~

大宮店山口