こんにちは!

ギターリペア工房、井上です!

今回、ご紹介するリペアはウクレレのサドル交換です!

サドルってなんだろう

まず、作業に入る前にサドルとは何かをご紹介致します。

サドルというのはブリッジ側で弦が接している部分になります!


言葉だとイマイチ、ピンとこないかと思いますので写真をご覧ください!

赤い矢印で指している白いパーツがサドルです!

今回はこちらを交換します!


交換してみよう!

今回はそんなサドルをTUSQと言われる素材の物に交換します!

TUSQというのはざっくり説明すると象牙や牛骨などの天然素材では無く、

ナットやサドルに使用する為に適した材質となるように人工的に作られたものです!



それでは早速、作業に取り掛かりましょう!


こちらが元のサドルになります。


今回は少し弦高も上げるのでこの形から少しだけ背の高い物を新しく作ります!


まずは荒加工をしていきます。

その時に使う機械がこちら!

これはベルトサンダーと言われる機械になります。

機械の周りにやすり状のベルトが巻かれており、

それを高速回転させる事によって物を削っていきます。


ベルトサンダーで加工したサドルがこちら!

荒加工なので大きめに整形しております。

(TUSQは熱を加えすぎると曲がってしまうので、

ベルトサンダー等の加工の際はそれを想定して少し大きめに加工します。)



ここからは手作業で加工していきます。

サドルをバイスに挟んで整形・・・


そしてブリッジに装着し、弦を張ります。


ただ、これで完成ではなく弦高を測りながら更に微調整を加えていきます。


ちょっとずつサドルの高さを削っていって・・・



完成です!


この後、こちらの楽器は綺麗に拭き上げてお客様の元へと戻っていきました・・・




弦高が低くてビビる・・・

牛骨以外の素材も試してみたい・・・


でも、家で加工するのは難しい・・・

そもそも機材が無い・・・


そんな悩みをお持ちのあなた!

是非ともお近くの島村楽器へお持ち込みください!


今回の修理内容

  • サドル交換(基本調整、弦交換含む)
  • 交換用パーツ代 TUSQサドル
合計金額 ¥9,018(税込)+弦代+送料

*修理費用は同じ症例でも楽器の種類や形状・仕様によって異なる場合があります。

ご不明な点はお近くの島村楽器にぜひともご相談ください。


お近くの島村楽器はこちらから、

リペアブース併設店と専門店はこちらをご参照ください。

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

ギターリペア工房井上

店頭で勤務していた経験を活かし、お客様に寄り添ったリペアをモットーとしております。楽器を介してお客様とお会いできる日を心よりお待ちしております!

このスタッフの記事をみる

関連記事

アコースティックギターのペグ交換

ギターリペア工房中野

ドライカーボンでどないでっか!?

ギターリペア工房奥村

福岡ギター修理のすゝめその9~ビスナメ&ビス折れ~

福岡イムズ店尾仲

配線オーバーホール

その他スタッフ・アーカイブ

リペアマン山口の大宮で日々リペア 18 ~ フレットクリーニング ~

大宮店山口

リペアスタッフ池田の新宿散策Vol.33~バインディング浮いたら~

梅田ロフト店池田

リペアマン遠藤の仙台リペアブログ~その27~木材ピックガード作製の巻!

仙台ロフト店遠藤

BigsbyからBigsby

ギターリペア工房井上

RYOGA HORNET 坂本夏樹氏仕様へカスタマイズの巻

ギターリペア工房阿部

エレキベース電装修理

ギターリペア工房中澤