みなさん、こんにちは。

今回お預かりしたのはこちら

一見するとナットが欠損しているだけに見えるこの楽器ですが

実は指板が浮いてきています・・・

ヘッドトップに力を加えるとネックグリップと指板の接着面に大きく隙間が空いてしまう状態でした。
このまま弦を張れる状態にしても指板が動いてしまい、押弦時の安定性も悪くビビり等の支障が出る状態です。

なので今回はナット交換のみではなく指板の接着も行います。

さっそく指板接着をします

まずは接着材が余計な場所にまで付かないよう養生します

周辺をしっかり保護出来たら隙間に接着剤を流し入れ、圧を加える事で余分な接着剤を押し出します。

この段階で可能な限りはみ出た接着剤を取り除きます。
余分な接着剤を取り切ったら四隅が浮かないよう、きちんと圧着していきます。


この状態で一昼夜、放置し接着剤を乾燥させます。

そしてクランプを外すとこんな感じに・・・


養生を取り外し隙間周囲に残っているはみ出た僅かな接着剤をクリーニングします。これで今回の指板浮きの修正は完了です。

続きまして

欠損しているナットの製作と合わせて0フレットの打替えを行います。
今回の場合、0フレットの頂点が摩耗し、1フレット以降との高低差がなく、開放音でビビりが出やすい状態になっていました。この為、ナット製作に付随する形で0フレットを打ち換えます。


まずは0フレットを抜き、フレット溝周りをクリーニングしつつ、新しい0フレットを用意します。
フレット溝の内側も含め新しいフレットが打てる状態になったら、指板とフレット底面に隙間が出来ないよう、しっかり打ち込みます。

打ち込むことが出来たら指板サイドに飛び出た部分をカットし、形状を整えて完了です。

最後にナットを作ります

基本的には通常行っているナット製作と変わらない手順ですが、今回の場合は0フレットがあるので、ナット溝を経由しても弦と0フレットがきちんと接する様に溝の高さを調整します。

従来のナット交換についてはこちらをご覧下さい。

溝の位置・深さが定まったら外形を整えて完成です。

今回の修理内容

  • 指板浮き修正
  • 0フレット打替え
  • ナット製作交換
  • オイル漬牛骨材
  • EXL110(10-46)
合計金額 ¥20,097(税込)+送料

※修理費用は同じ症例でも楽器の種類や形状・仕様によって異なる場合があります。
ご不明な点はお近くの島村楽器にぜひともご相談ください。


お近くの島村楽器はこちらから、
リペアブース併設店と専門店はこちらをご参照ください。



記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

ギターリペア工房中野

「この楽器の状態って弾きやすいの…?」そんな不安な点を取り除きながらプレイスタイル・楽器に合ったベストコンディションを一緒に探していきましょう!

このスタッフの記事をみる

関連記事

リペアマン山本の札幌リペア道中記VOL.9

札幌パルコ店山本

名古屋パルコ店 リペアマン瀧口のブログ!

名古屋パルコ店瀧口

コンデンサー?交換【店長の気まま日記21】

名古屋ギター&リペア郡司

BigsbyからBigsby

ギターリペア工房井上

リペアマン山口の大宮で日々リペア 12 ~ 経年変化 ~

大宮店山口

オリジナル!ピックガードのススメ アクリル編

ギターリペア工房奥村

ストラップピン位置の違いを試せるサンプルギター

福岡ギター修理のすゝめその42~アコギストラップピン取付~

福岡イムズ店尾仲

ストラトリフィニッシュ

ギターリペア工房長谷川

プリセットトーンSW追加【店長の気まま日記22】

名古屋ギター&リペア郡司

リペアマン山口の日々リペア 6

大宮店山口