皆さんこんにちは!

寒さで歯を食いしばる事も無くなり、歯が欠けなかったことに安心しました。なべさやです!

(なんのこと?という方は前回のなべさやリペア日誌をご覧ください。)


さて、今回ご紹介するリペア事例は

アコースティックギターの弦高調整です!


通常はブリッジサドルの底面を削って弦高を合わせていくのですが、

サドルの上面が綺麗でなければ各弦の弦高がバラバラになってしまうのは何となく想像できるでしょうか?

弦の張力とはとても強いので、サドルの上面、弦が乗っている所が削れてきてしまうのです。

上の写真のような状態になったり、弦交換の時などに変なところに弦の傷が付いた!という経験をされた方もいるのでは?

少しわかりにくいかもしれませんが、横から見ると弦の凹みがあるのが解りますか?


アコースティックギターの弦高はこの摩耗具合で各弦高がズレてしまうので、一概にサドル底面を削れば良いという訳でもないのです。

そのため、今回はサドル上面を整える作業を行いました!!!(前置きが長くなりましたね...)

作業自体は特別難しくなく、ただ研磨しただけですので、仕上がりと作業の注意点をサクッとご紹介します!(^^)!

写真だとわかりにくいですが、作業前のサドルの形状をきちんと記録し、同じ形になるように作業を行います。

弦の乗る位置が変わってしまうと元の状態と比べてチューニングの狂いやコード弾きの違和感に繋がりかねません。

我ながらとても満足な仕上がりになりました(*‘ω‘ *)ホレボレ…

この弦の下には新たな傷が付いているのですがね...


ちなみに、弦高が下がる事でナット溝が足りなくなったり、フレットの高さのバラつきによるビビりが起きる事が良くあります。

今回ご紹介させて頂いた楽器もそのような状態でしたので、フレットのすり合わせとナット交換も行いました!

(奥にちらっと見えるのが元々ついていたナットです。)

フレットすり合わせとナット交換は別の機会にご紹介しますのでまた見に来てください


今回の修理内容

・ナット交換(サドルの調整込み)

・フレットすり合わせ

・ナット材

合計金額 ¥25,488(税込み)+送料

*修理費用は同じ症例でも楽器の種類や形状・仕様によって異なる場合があります。

ご不明な点はお近くの島村楽器にぜひともご相談ください。


お近くの島村楽器はこちらから、

リペアブース併設店と専門店はこちらをご参照ください。



記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

ギターリペア工房渡邊

私は自分の楽器にとても愛着があるので、皆さんも同じ気持ちなのだと思います!大事な楽器をずっとお使いいただけるように精一杯サポートさせて頂きます!

このスタッフの記事をみる

関連記事

ルシアー駒木のギターよもやま話 その18「たまにはこんな記事も」

ギターリペア工房駒木

リペアマン山口の日々リペア 26

大宮店山口

ロッドがいっぱい!!

名古屋ギター&リペア店清藤

福岡ギター修理のすゝめその12~アーティスト緊急来店!!~

福岡イムズ店尾仲

リペアマン山本の札幌リペア道中記VOL.6

札幌パルコ店山本

リペアマン遠藤の仙台リペアブログ~その21~配線材交換の巻!PART2

仙台イービーンズ店遠藤

フロイドローズタイプのサドル割れ?!

ギターリペア工房

福岡ギター修理のすゝめその35~ストラップの罠2~

福岡イムズ店尾仲

インレイの〇〇修理

ギターリペア工房阿部

ルシアー駒木のギターよもやま話 その25「必殺音質矯正!」

ギターリペア工房駒木