よくある質問

「弓」に関するQ&A

毛の種類によって何が変わるのでしょうか?

弓の毛は弦楽器を演奏する上で、とても重要な役割をしており定期的な毛替えが必要です。そして、その毛の種類によっても音色や表現に変化があります。そんな違いなんてきっと自分には分からないとお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、しっかりとご説明いたしますので、ぜひ次回の毛替えでお試し下さい!

毛の種類についてはこちらをご覧ください。

弓先のチップが欠けていると、どうなるのですか?

毛をしっかりと留めることが出来ず、毛束が抜けることがあります。また、チップは弓のヘッドの保護の役目もありますので、チップが欠けた状態で演奏中などにヘッドをぶつけると弓本体にダメージを与える場合がありますので、早めにリペアをすることをお勧めします。

弓の毛替はどうして必要なんですか?

弓の毛は馬の尻尾の毛を使っており。天然のものなので使用していなくても劣化して切れやすくなっていきます。また、毛のキューティクルと松脂で弦を引っかけて音を出していますが、使用いくうちにキューティクルが摩耗して松脂をつけても弦に引っ掛かりにくくなってしまうので定期的な毛替えが必要です。