よくある質問

絞り込み検索

「バイオリン」に関するQ&A

バイオリンの保管方法を教えてください。

使用しない時は出しっぱなしにせずにケースにしまいます。直射日光や空調の風が直接当たらない場所に置いてください。気温20~25℃前後で湿度は50%前後が楽器にも人間にも心地良い環境となります。特に夏場の暑い車内や冬場の暖房器具の風に直接当たらないようにする注意が必要です。

バイオリンをしばらく弾かない時の保管方法を教えてください。

1週間に2~3回はケースの蓋を開け、換気をしてください。可能であれば少し音を出す程度にひくと楽器内の空気も換気できます。保管の場所は直射日光や空調の風が直接当たらない場所に置いてください。気温20~25℃前後で湿度は50%前後が楽器にも人間にも心地良い環境となります。特に夏場の暑い車内や冬場の暖房器具の風に直接当たらないようにする注意が必要です。

バイオリンの魂柱の調整で音色を変えることはできますか?

魂柱は少し動かしただけでも音色に変化が現れます。また、違う魂柱に作り替えることによっても音色が変わってきます。楽器の個体によってもその変化は変わる、とても繊細な調整になります。お客様のご要望に合わせた調整をするためには、技術者とお客様との意思疎通がとても重要になってきます。

冬になるとバイオリンの弦が勝手に緩みます。ペグのとまりも悪いです。どうすればいいですか?

冬場は乾燥により楽器の木材が縮んでペグが緩くなりやすい季節でもあります。状態によってはペグコンポジションなどで調整出来るかもしれません。経年変化や使用によるペグの摩耗でペグ穴とペグの太さやテーパ(傾斜)があっていない場合はコンポジションでは対処出来ない場合もあります。調子が悪い場合は、一度工房にお持ちください。

バイオリンを弾いたあと、何かすることはありますか?

弾いた後には松脂が弦につくので、それをクロスで拭き取って下さい。一日経つと松脂が取れにくくなるので、弾いたその日に必ず拭き取りましょう。また、手汗などがつくネックの周りもクロスで軽く拭き上げて下さい。松脂用、手汗用と二つのクロスを用意するとより良いです。弓は演奏した後は必ず毛を緩めて下さい。

しばらく弾いていなかったバイオリンを使いたいです。弾く前に何かすることはありますか?

状態は様々ですので一概には言えませんが、長期間弾かれていなかった楽器は弦が錆びていたり、毛が古くなっていたり、ほこりがたまっていたりします。中には虫が湧いてしまっていたり、板が剥がれたり割れたりしていることも…。2~3年程度であれば弦交換、弓の毛替えと全体クリーニングで弾けるようになることもありますが、10年以上しまわれていた場合は是非一度工房にお持ちください。