【FAQ】オーディオインターフェースはなぜ必要?

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

オーディオ・インターフェースがあれば、

  • ノイズが減る(音がよくなる)
  • 遅れ(レイテンシ)が小さくなる
  • 良い音でギターやボーカルを録音できる

逆にオーディオ・インターフェースが無いと?

  • 音が割れる
  • 音が悪い(パソコンのヘッドホン出力、スピーカーしか無いので)
  • DAWの性能を引き出せない
  • ギターやボーカルを良い音で録音できない(パソコンのマイクは論外)

以上のことから

DTMではオーディオ・インターフェースは必須!

※入力数や出力数、マイクプリアンプの性能などで価格差がある。

【関連記事】

⇒FAQ:オーディオ・インターフェースに戻る

⇒FAQ:トップページに戻る

The NAMM Show 2020

↑ページトップ