KOMPLETE KONTROL S、MASCHINE 2ソフトウエアの登録ユーザーには無料!「KOMPLETE SELECT」発表

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

img-ce-full-komplete_kontrol_whats-new_02_komplete-select-1057aa2f7121872339aeff1e5bd01bb6-d

Native Instruments(ネイティブインストゥルメント)がMusikmesse 2015にて 「KOMPLETE SELECT」、コントロール・ソフトウエア「KOMPLETE KONTROL 1.1」を発表しました。

 

KOMPLETE SELECT

KOMPLETE SELECTは、KOMPLETE10から選りすぐった10のインストゥルメントとエフェクトのパッケージです(総約12万円相当)このパッケージがKOMPLETE KONTROL S-Series、MASCHINE 2ソフトウエアのすべての登録ユーザーにはなんと無料で提供されるとのことです!なお「KOMPLETE SELECT」の登録ユーザーは「KOMPLETE 10」 と「KOMPLETE 10 ULTIMATE」へのクロスグレード対象となります。

※KOMPLETE SELECT には下記のプラグインが収録されています。

MASSIVE, MONARK, REAKTOR PRISM, RETRO MACHINES, THE GENTLEMAN, VINTAGE ORGANS, SCARBEE MARK I, WEST AFRICA, DRUMLAB, SOLID BUS COMP

KOMPLETE SELECT が付属する製品

  • MASCHINE MIKRO MK2
  • MASCHINE MK2
  • MASCHINE STUDIO
  • KOMPLETE KONTROL S25
  • KOMPLETE KONTROL S49
  • KOMPLETE KONTROL S61

KOMPLETE SELECT のご提供方法

KOMPLETE KONTROL S シリーズ : ハードウェアをご登録いただくと、ソフトウェアのシリアルナンバーとダウンロードリンクのメールが配信されます。

MASCHINE シリーズ : MASCHINE 2.0 ソフトウェアをご登録いただくとソフトウェアのシリアルナンバーとダウンロードリンクのメールが配信されます。

ダウンロード開始日

2015年5月8日 予定

※既に製品をご登録済のユーザー様へ

MASCHINE 2.0 ソフトウエア、KOMPLETE KONTROL S シリーズをご登録済のユーザー様へは、2015 年 5 月 8 日以降順次 メールにてソフトウェアのシリアルナンバーとダウンロードリンクがNative Instrumentsより配布されます。

KOMPLETE KONTROLもバージョンアップ

img-ce-komplete_kontrol_whats-new_03_komplete-kontrol-1-1-355f47e80260ca0e16c79488f7bc1420-d

KOMPLETE KONTROL 1.1になりコントロール機能とワークフローが飛躍的に進化しています。KOMPLETE KONTROLからDAWや外部機器へのMIDI出力機能が向上し、タッチストリップ・パラメータやモジュレーション・ホイール機能をダイレクトに送信することができます。またセーブやリコール、プリセットマネジメントもより簡単に行うことができます。(KOMPLETE KONTROL ソフトウエアは KOMPLETE SELECTに収録されます)

NATIVE KONTROL STANDARDも公開予定。サードーパーティー製のプラグインもコントロール可能に!

screenshot_34-500x408

KOMPLETE InstrumentsとKOMPLETE KONTROL Sシリーズをブリッジする、KOMPLETE KONTROLソフトウェアがVST対応となります(2015年夏予定)

またKOMPLETE KONTROLソフトウェアの仕様が「Native Kontrol Standard™ (NKS™)」規格としてデベロッパーに向け公開されます。これによりNKS準拠のサードパーティのインストゥルメントであれば、KOMPLETE KONTROL Sで自動マッピングされ使えるようになります!すでに何社かは対応をアナウンスしているとのことです。今後の展開が楽しみですね。

「native-instruments」タグの関連記事

「ソフトシンセ」タグの関連記事

「プラグイン・ソフト」タグの関連記事

↑ページトップ