IK Multimedia、録音、編集機能を強化したVocaLive 2 for iPhone、iPadを公開

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

VocaLive2_PR-COVER_srgb IK Multimediaが録音、編集機能を強化した「VocaLive 2 for iPhone、iPad」を公開

モバイル機器で使える音楽アプリと周辺機器で知られるIK Multimedia(イタリア)は、iPhone、iPad、iPod touch用のボーカル・エフェクト・アプリ、 VocaLive™ for iPhone、iPadのバージョン2.0がApp Storeにて公開されたことを発表しました。今回のアップデートでは、DAWスタイルの録音、ミックス、編集が行えるマルチトラック・スタジオ機能をアプリ内課金で追加できるようになりました。

VocaLive 2

時間軸上の編集が可能な、マルチトラック・スタジオ画面

VocaLive 2の新しいStudio画面では、時間軸上に録音された波形を表示し、録音、ミックス、編集が行えるようになりました。アプリ内課金でTotal Studio Bundle機能を追加すると、VocaLive iPhone版は4トラック、iPad版は8トラックのDAW(デジタル・オーディオ・ワークステーション)として使えるようになります。

録音は、トラックを選んで録音待機状態にして、RECORDボタンをタッチするだけ。開始/終了時間を指定したパンチ・イン・アウトにも対応し、録音されたデータは時間軸上にクリップとして記録されます。各オーディオ・クリップでは、カット、コピー、ペースト、デリート、ノーマライズ、スプリット、フェード作成、クロップといった操作が可能です。マルチトラック・スタジオ画面にはGRIDモードが用意されており、オーディオ・クリップを指で移動しても簡単に適切なポジションにスナップ配置することができます。

VocaLiveについて

VocaLiveは、3声のハーモナイザー、ピッチ補正、ダブラー、フォルマント/ピッチのモーフィング、ディエッサー、リバーブ、ディレイ、コンプレッサーなど、12種類のボーカル用エフェクトを組み合わせて使うことができる、ボーカル・エフェクト・アプリです。サビの部分だけ2声のハーモニーを加えたい。ハードにピッチ補正をかけてパフォーマンスしたい。ピッチとフォルマントを指でモーフィングさせて声の年齢 & 性転換エフェクトを楽しみたい。そんな派手なエフェクトから、自然なリバーブ、ディレイ、コンプレッサーといったボーカル必須の処理まで。これまでボーカリストが体験したことの無いほど自由なパフォーマンスを、ステージ上でお楽しみいただけます。

ステージ、スタジオで使える純正アクセサリー

優れたアプリがあっても、マイクを接続できないと使えません。そこで、IK MultimediaではLightningケーブル付きの24-bitデジタル・マイクiRig Mic HDの他、iRig Mic、iRig Voiceを用意しています。ファンタム電源対応XLR端子を備えたインターフェースのiRig PRO、iRig PREを使えば、スタジオ、ライブ会場にあるマイクがお使いいただけます。

unnamed

VocaLiveをステージで使いたい人には、iPhone、iPad、iPod touchをマイクスタンドに取り付けることができるiKlip 2、iKlip Xpandが用意されています。


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

ステージ上でのパフォーマンス時は、手を使わずにエフェクトをコントロールしたい。そんな時、BLE(Bluetooth Low Energy)対応のワイヤレス・フットコントローラーのiRig BlueBoardを使えば、プリセットの切替またはエフェクトのOn/Offを足元でコントロールすることができます。


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

VocaLive Version 2.0アップデートは、App Storeにて、VocaLiveユーザーに無償で提供されます。各アプリを新規購入する場合の価格は、下記の通りです。Studio機能は、アプリ内課金にて追加することができます。

VocaLive for iPhone:¥2,000

VocaLive FREE for iPhone:無償

VocaLive for iPad:¥2,000

VocaLive FREE for iPad:無償

アプリ内課金アドオン

Total Studio Bundle (iPhone版):1,800円

Total Studio Bundle (iPad版):2,700円

Studio (iPhone版):1,000円

Studio (iPad版):1,500円

unnamed

備考

  • 各アプリの日本円価格は、App Store換算レートの変更等により、予告なく変更となる場合があります。
  • Total Studio Bundleには、マルチトラック・レコーダー、マスタリング・エフェクトと、スタジオ機能が同時に追加されます。
  • すでにマルチトラック・レコーダー、マスタリング・エフェクト機能を追加済の方は、Studio機能のみ追加することもできます。

「ik-multimedia」タグの関連記事

↑ページトップ

DTM安心サポート