Bastl Instruments Midilooper | MIDIデータをループ&モディファイできる画期的なデバイス

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

Bastl Instruments ( バストル・インストゥルメンツ )が、MIDIデータを「ループ」させながら「モディファイ」できる画期的なデバイス「Midilooper」を発売します。

Midilooperは、MIDIメッセージ(ノート、ダイナミクス、その他のパラメーターに関するコントロール情報)をループさせる事ができるデバイスです。MIDIメッセージのループにはコントロールチェンジ情報を追加していく事も可能なため、さらに多くのプロセス(モジュレーション、エンベロープの調整など)を加えて、ループを次々と発展させることができる画期的なツールです。

Midilooperは、MIDIクロック / アナログクロックに同期することも、独自のクロック(タップテンポ/フリーランニング)で動作することが可能。

また、Midilooperには3つのボイスがあり、それぞれを異なるMIDIチャンネルに割り当てることができるため、3つの機材をコントロールしながら、ループを構築していく事が可能です。各ボイスは個別にレコーディング、ミュート、オーバーダビング、またはクリアできます。移調、ベロシティのロックやシフト、クオンタイズ、シャッフル、ヒューマナイズ(ランダムベロシティ)、ループ長、再生スピードなど、レコーディングされた情報を変化させるプロセシングも自由自在です。

さらに、モジュラーシンセからのアナログCV信号やトリガー信号を受信する事ができるため、ループに対して、リセット、リトリガー、ベロシティ、トランスポーズを各々モジュレーションする事ができます。フットペダルを接続することも可能です。

Midilooperは、従来のシーケンサーやDAWとは全く異なるアプローチで、今までになかった形の「音楽の表現方法」の可能性を広げてくれます。

特長

  • 3つの独立したボイス(それぞれ個別のMIDIチャンネルが割り当てが可能)
  • ダブ/ オーバーライト(上書き)モード
  • トランスポーズ(移調)モード
  • オクターブ・トランスポーズ
  • クオンタイズ、ベロシティロック、シャッフル、ヒューマナイズ
  • ループレングス(odd)、タイムストレッチ
  • ミュート、クリア、イレース
  • 1×MIDI入力、2×MIDI出力
  • クロック入力(アナログクロックまたはTRS MIDIクロック)
  • アナログ・リセット入力
  • メトロノーム出力
  • CV入力(トランスポーズ、ベロシティ、リトリガー)
  • ペダルコントロール(レコーディング、クリア、ボイス選択)
  • USB電源
  • アナログクロック用の調整可能なディバイダー/マルチプライヤー

その他-

  • USB電源(USBケーブルは付属)
  • 寸法: 125×80×35 mm
  • MIDI-TRS変換ケーブルは別売(KORG互換のものが利用できます)

Midilooper

発売日

2020年8月

販売価格

(税抜)¥34,800 (税込 ¥38,280)
JANコード:4560482828470

DTM新製品一覧は ⇒ こちら

「アナログシンセ」タグの関連記事

↑ページトップ