Focusrite ISA 828 MkII | フラッグシップ8チャンネルISAマイクプリアンプ

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

Focusrite ( フォーカスライト )が、Lundahl入力トランス採用、新しいデジタル出力オプションに対応するフラッグシップ8チャンネルISA(※)マイクプリアンプ「ISA 828 MkII」を発売します。 ※Input Signal Amplifier

ISA 828 MkIIはオリジナルISA 110モジュールのデザインを継承する8チャンネルFocusriteクラシックマイクプリアンプを搭載したISA 828の第二世代モデル。トランスや高品位なマイクプリの仕様、そしてISA 110の質感を再現する可変インピーダンス設定はそのままに、消費電力の効率化と発熱の抑制、信頼性を向上させた電源部が刷新されています。

全入力でLundahl LL1538トランスを採用し、各チャンネルにはマイクまたはライン入力のオプションを、入力1〜4にはフロントパネルのインストゥルメント入力も備えています。各マイクプリは可変入力インピーダンスを利用でき、Focusriteマイクプリのオリジナル・インピーダンスを再現する「ISA 110」設定を始め、異なるサウンド・オプションを提供します。

ISA 828 MkIIは60dBのゲインと+20dBの連続可変トリムにより、最大80dBの幅広いゲインレンジに対応します。ハイパスフィルターは、16〜420Hzの可変カットオフ周波数に対応。ハイパスフィルターとキャリブレーション可能な各チャンネルには、6セグメントLEDメーターおよび切り替え可能なインサートポイントをリアパネルに搭載し、コンプレッサーやEQなどの外部機器をインラインプロセッサーとして使用可能です。

ISA 828 MkIIをマイクおよびラインレベル入力は専用コネクタを備えており、全てのソースを同時接続し、ラックに常設することも可能です。 ISA 828 MkIIの新たに追加された機能の一つが、電力消費の効率化で、発熱の軽減をはじめとする、より高い信頼性と操作を実現した電源部です。さらにオプションのISA ADN8アナログ-デジタル拡張カードは、最大24bit/192kHzのレートで8チャンネルのADATAES3そしてDanteへの接続に対応。ISAマイクプリを直接Danteネットワーク上で利用可能になります。

主な機能

  • 最大192kHz/24bit対応のオプションA-Dカード、Dante、ADAT、AES3への高品位・高精度なデジタルオーディオ変換が可能
  • Lundahl LL1538入力トランス搭載のクラシックISAマイクプリ・デザイン
  • スイッチング電源の設計により、内部温度を抑え効率的な操作が可能
  • フロントパネル先頭4チャンネルにインストゥルメント入力を搭載
  • 専用コネクターとフロントパネルスイッチを備えたライン入力
  • 従来のISA 110を含む切り替え可能な入力インピーダンス設定
  • ハイパスフィルター
  • A-Dカード併用時に切り替え可能なインサート・ポイント
  • チャンネルごとにキャリブレーション可能な6セグメントLEDピークレベルメーター

Focusrite ISA 828 MkII (ISA828MK2)

発売日

2020年6月29日(月)

販売価格

(税抜)¥300,000 (税込 ¥330,000)
JANコード:4533940110448

DTM新製品一覧は ⇒ こちら

「プリアンプ」タグの関連記事

The NAMM Show 2020

↑ページトップ