【FAQ】ADAT(エーダット)とは?

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

ADAT(エーダット)は、米ALESIS社が開発したデジタルオーディオ転送技術、および製品名。

もともとS-VHSテープに8トラックのデジタル録音を可能にしたMTR(ADAT:ALESIS DIGITAL AUDIO TAPE)であったが(後にハードディスク)、転送技術「ADAT Optical Interface」としてのインターフェース名が現在も使用されている。インターフェースとしての表記の場合、前述のハードウエア機器と区別するため「adat optical」などとされる。

ケーブル、端子はTOS-Linkのものが使用され、24bit/48kHzの信号を8チャンネル伝送できる。

例)

Steinberg UR824の場合、2系統のADAT端子を装備している。その場合24bitで、

  • 48kHz:8ch ×2系統 16in16out
  • 96kHz:4ch ×2系統 8in8out
  • 192kHz:2ch ×2系統 4in4out

の伝送が可能。

【関連語句】

MADI

Dante

AES/EBU

S/PDIF

⇒FAQ:オーディオ・インターフェースに戻る

⇒FAQ:トップページに戻る

「dawソフト」タグの関連記事

The NAMM Show 2020

↑ページトップ