Arturia OB-Xa V | 往年の銘機 OB-Xa をソフトウエア音源で復刻

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

Arturia ( アートリア )がオーバーハイム社の伝説のアナログポリフォニックシンセ「OB-Xa」をソフトウエア音源で再現した「OB-Xa V」をリリースしています。

OB-XaといえばVan Halenの「JUMP」のイントロが有名ですね。下記動画でもオマージュ的に演奏されています(キーは違いますが)

「OB-Xa」といえば先日Behringer(ベリンガー)がハードウエアの復刻版のプロタイプを発表して話題になりました。OB-Xa Vは、OB-Xaを高次元で復刻するだけでなく、様々な機能を付加したアートリア社お得意のソフトシンセです。

「OB-Xa」とは?
オーバーハイム社の「OB-X」の後継機として1981年(一部海外では1980年?)に発売されたポリシンセ。OB-XはSEMフィルターを搭載。OB-XaではCEM3320カーチスチップが採用され(デュアル・フィルター:12dB/24dBの切り替えが可能)その切れ味の良いサウンドが特徴。2VCOで4,6,8ポリフォニックの複数のモデルがラインナップされており、国内価格は約120~190万円代という非常に高価な機種でした。またOB-Xにはなかったスプリット、レイヤーモードを搭載しパッチのメモリーも可能(32~120)でした。

主な特徴

  • オシレーター、フィルター、LFOパラメーターのL/Rオフセットによる広がりのあるステレオサウンド
  • モジュレーションマトリックス
  • アルペジエーター
  • フレキシブルで自由度の高いLFOモジュレーション
  • 最大16音ポリフォニック
  • 革新的なヴォイスデチューン
  • オンボードエフェクト:delay, chorus, reverb, phaser, flanger, compressor, overdrive, multimode filter, bitcrusher
  • X-Mod モジュレーション
  • Oscillators( 1, 2,noise):リッチなサウンドを生み出すフィルターセクション・ミックス
  • 4 ファンクションジェネレーター
  • 美しく洗練されたデザイン
  • シームレスなプリセットセレクトが可能なビジュアルブラウザー
  • 400以上のプリセットを収録
  • インディビジュアルボイスパンニング
  • 拡張パネル:Mod Matrix、4つのファンクションジェネレーター、3バス(それぞれ9エフェクト内包)

モジュレーション画面

エフェクト画面

動作環境

  • Windows
    • OS:Windows7以上 (64bit)
    • 4 GB RAM
    • 2.5 GHz CPU.
    • 1GB以上のHD空き容量
    • OpenGL 2.0 compatible GPU
  • Mac
    • Mac OS 10.11以上
    • 4 GB RAM
    • 2.5 GHz CPU.
    • 1GB以上のHD空き容量
    • OpenGL 2.0 compatible GPU

※Standalone, VST 2.4, VST 3, AAX, Audio Unit.で動作(Mac,Win共通)

発売日

未定

販売価格

未定

【関連製品】


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

DTM新製品一覧は ⇒ こちら

「ソフトシンセ」タグの関連記事

The NAMM Show 2020

↑ページトップ