APOGEE Symphony Desktop | タッチスクリーン対応デスクトップタイプの最高音質オーディオ・インターフェイス

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

APOGEE ( アポジー )が、デスクトップタイプの最高音質オーディオ・インターフェイス「Symphony Desktop」を発売します。

The NAMM Show 2020会場にて

Symphony DesktopはApogee社の誇る高音質のハードウエアDSPを内蔵したオーディオ・インターフェイス。本国では2020年第1四半期発売予定で、価格は「Symphony Desktop」が$1299、「Symphony Desktop FX Complete(※)」が$1399となる予定。

※Pultec EQP-1A, Pultec MEQ-5, ModEQ 6, ModComp 、Opto-3A plugins, 等の $499相当のプラグインバンドル製品

最先端のアナログおよびデジタルコンポーネント

Symphonyシリーズのすべての製品と同様に、Symphony DesktopはApogee最高のパフォーマンスのオーディオインターフェイスです。

Symphony I / O MkIIと同様に、Symphony Desktopのアナログ-デジタルコンバーターは最先端のA / D D / Aコンバーターを備え、アナログ入力のすべてのニュアンスがデジタル領域で忠実に再現されます。

入力は、最大75dBのゲインを提供するSymphony Desktopのマイクプリアンプを採用し、最高の音質でレコーディングすることができます。デュアルサムESS DACが装備され、個別にルーティング可能な2つの完全独立した超ローインピーダンスのヘッドフォン出力を装備。

Apogee Alloy Mic Preamp Emulation

Apogee Alloy Mic Preamp(AMP)エミュレーションは、アナログ回路とDSP処理により、オーディオインターフェースで利用できる最もリッチで本格的なオーディオモデリングを作成します。

British Solid State - Class A コンソールサウンド

クラスA Neve 1066マイクプリアンプのディスクリートトランジスタ設計にヒントを得たエミュレーションにより、ハードウェア重厚なサウンドとレスポンスを再現。

American Tube - Lush, 50s Tone

Hardware DSP and Native Plugin FX

Symphony DesktopのハードウェアDSP上で、またはコンピューターのネイティブプラグインとして実行されるプレミアムプラグインです。 Apogeeプラグインは、サウンドを正確に形作り、輪郭を描くことができる視覚的にモダンなインターフェースから、非常に正確なモデル化されたビンテージハードウェアに至るまで、レコーディングで最高のツールとなります。

Bob Clearmountainによってチューニングされた「Symphony ECS Channel Strip」

ネイティブおよびハードウェアDSPバージョンのEQ、コンプレッション、サチュレーションを収録

DualPath Linkを使用したFXラックのモニター

DAWから直接入力機能とプラグイン設定を監視および制御します

タッチスクリーン対応

直観的にハード/ソフトウェアをコントロール。デバイスのタッチスクリーンとコントロールノブから、コンピューターのコントロールアプリ、DAWおよびモニターコントロールプラグイン等の必要な設定に簡単にアクセスできます。

特長

  • フラッグシップサウンドクオリティー
  • ビンテージ・マイクプリアンプ・エミュレーション
  • プレミアムプラグインを備えたハードウエアDSPを内蔵
  • イマーシブタッチスクリーン機能

機能

  • 最も手頃なSymphonyシリーズインターフェイス
  • 最先端のコンポーネントと回路設計により、詳細かつ原始的なフラッグシップの音質を実現
  • 2つの高度なステップゲインマイクプリアンプ、最大75dBのゲイン、可変インピーダンス
  • エレキギターチューブアンプの特性を備えたFETインストゥルメント入力
  • Apogee Alloy Mic Preampエミュレーション(アナログ処理+ DSPモデリング)British Solid State&50s American Tubeを含む
  • Apogee FX RackプラグインのビルトインハードウェアDSPプロセッシング
  • Bob Clearmountainによってチューニングされた「Symphony ECS Channel Strip」収録– ネイティブおよびハードウェアDSPバージョンのEQ、コンプレッション、サチュレーション収録
  • Symphony Reverb –ネイティブバージョン
  • 柔軟なゼロレイテンシープラグインワークフロー:プリント、モニター、デュアルパスリンクワークフロー
  • ダイナミックタッチスクリーンディスプレイ
  • 2つの割り当て可能なヘッドフォン出力:1 x 1/4インチ、1 x 1/8インチ
  • 10 IN x 14 OUT同時オーディオ・チャンネル
  • USB MIDI 対応
  • デジタルI / O:2 xオプチカルトスリンク(ADAT、S / PDIF)
  • 対応機種:macOS、Windows、iPad Pro

動作環境

  • macOS: 10.12 以降
  • iOS/iPad pro: iOS 13
  • PC: Windows 10 Anniversary update 以降

収録マイクプリアンプ・エミュレーション

  • British Solid State
  • 50s American Tube

発売日

近日公開

販売価格

近日公開

DTM新製品一覧は ⇒ こちら

「オーディオ・インターフェース」タグの関連記事

The NAMM Show 2020

↑ページトップ