Korg minilogue xd module | サウンド拡張も可能なデジタルシンセとアナログシンセのハイブリッド音源モジュール

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

Korg ( コルグ ) は、デジタルシンセとアナログシンセを融合するハイブリッド音源を搭載した「minilogue xd」の音源モジュール「minilogue xd module」を発表いたしました。

「minilogue xd module」は、4ボイスポリフォニックシンセサイザー「minilogue-xd」のキーボードレス・タイプであるモジュラー・モデルです。

アナログ・シンセサイザー回路とデジタル・マルチ・エンジンを搭載し、2VCO + MULTI ENGINE、1VCF、2EG、1VCA、1LFO の構成です。
特徴となるのは3 つ目のオシレーターであるデジタル音源エンジン「MULTI ENGINE」。ノイズ・ジェネレーターおよびFM合成のVPMオシレーター以外に自作のオシレーターをロードして使用できるユーザースロットを装備しています。スロットは16個あり、ロードされたデジタル・オシレーターは、各ボイスのVCOと同時に発音し、同じアナログパスで処理されます。

この拡張できるデジタル音源とアナログ音源でさまざまなバリエーション豊かなサウンドを作ることができます。
さらに、音楽ソフトウェアが無料バンドルされており、「minilogue xd module」を手に入れることによって、ライブだけでなく制作まで行えるさまざまなツールが手に入ります。

鍵盤モデルとの違い

「minilogue xd module」はDTMソフトとの組み合わせや、2台目のシンセとして設置しやすいテーブルトップ型の筐体を採用しています。基本機能および操作子は、キーボード「minilogue-xd」と同じですが、フェイバリット機能(音色登録・呼び出し機能)やステップシーケンスなどで操作する16個のボタンが鍵盤の役割としても使用できるように「KEYBOARD スイッチ」のコントロールが追加されています。また、「minilogue xd」シリーズ2台を組み合わせて8 ボイスのポリ・シンセとして発音できる「ポリ・チェイン機能」を搭載しています。

仕様違いまとめ

  • 鍵盤レスのテーブルトップ型モジュール
  • KEYBOARD スイッチを追加
  • 2 台のminilogue xd で最大8 ボイスのポリフォニック発音するポリ・チェイン機能
  • 外形寸法:500 (W) x 179 (D) x 85 (H) mm
  • 質量:2.6 kg

※上記以外は「minilogue xd」の仕様をご確認ください。

付属する音楽ソフトウェア

「minilogue xd module」は、下記の音楽ソフトをダウンロードすることができます。

Mac / Windows 用ソフトウェア

  • KORG Collection - M1 Le(シンセサイザー音源)
  • UVI Digital Synsations(シンセサイザー音源)
  • AAS Ultra Analog Session(シンセサイザー音源)
  • AAS Strum Session(アコースティック・ギター音源)
  • AAS Lounge Lizard Session(エレクトリック・ピアノ音源)
  • Propellerhead Reason Lite(DAW 音楽制作ソフト)
  • KORG Gadget 2 Le for Mac(DAW 音楽制作ソフト)
  • iZOTOPE Ozone Elements(マスタリング・プラグインソフト)
  • Skoove プレミアムプラン 3 ヶ月トライアル(オンライン ピアノ レッスン)

iPad / iPhone 用アプリ

  • KORG Gadget 2 Le for iOS(音源内蔵DAW 音楽制作アプリ)
  • KORG Module Le(ピアノ・キーボード音源アプリ)

発売日

2019年6月中旬予定

販売価格

未定

2019年6月14日より予約受付開始予定


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

シンセ新製品一覧は ⇒ こちら

「synthesizer」タグの関連記事

↑ページトップ