Aston Stealth | ファントム(ファンタム)電源自動検出機能を備えたマイク

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

 

Aston Microphonesが、世界初となる 48V ファントム電源自動検出機能を備えたマイク「Stealth」を発表しました。

NAMM 2019 にて

Stealthは、90人以上のトップオーディオエンジニアとプロデューサーの協力を得て、数々のブラインドテストをクリアして生み出されたトップクラスのマイクロフォンです。


ソースに合わせた4つの設定

4つの設定(Vocal1、Vocal2、Guitar、Dark)を切り替え可能で、ボーカルトーンに最適化された2つのボーカル設定、スペインのギター、エレクトリックギター、スチールアコースティックギター、そしてクラシックなリボンマイクを彷彿とさせる暗い(Dark)ビンテージサウンドを切り替えて使用可能です。設定を切り替えることで高品質の信号経路が変化し、EQフィルタではなく、倍音構成が適切に設定されます。

48V自動検出機能付きアクティブ&パッシブモード

Stealthは48Vファンタム電源の有無にかかわらず動作します。パッシブモードでは、アクティブ回路は完全にバイパスされ、Stealthは可能な限りシンプルなシグナルチェーンを使用して美しくクリーンなサウンドを作り出します。独自の内蔵の自動検出機能が48Vファンタム電源の存在を感知し、オンボードクラスAのマイクプリを利用するために自動的にマイクをアクティブモードに切り替えます。

クラスAマイクプリアンプ内蔵

アクティブモードでは、Stealthは高品質のClass A Mic Preを内蔵しているため、高価な外部ゲインリフティングデバイスは不要です。ステルスは、カプセルから出力までの完全にバランスのとれた信号経路を特徴とし、シングルエンド(アンバランス)設計と比較して「コモンモード」はノイズの優れた低減をもたらします。

ユニークなソルボタン内部衝撃マウント

アストンステルスは、カプセルを空間に吊り下げ、マイクシャーシから完全に分離し、ソルボタンポリマー半球で3点支持された独自の内部衝撃マウント設計を採用。ソルボタンは、コンピューティング、ハイファイ、および多くの産業用途で使用される防振材および防音材として使用される合成粘弾性ウレタンポリマーです。

高品位サイドリジェクション

非常に制度の高いカーディオイド極性パターンを実現する設計思想。

電磁ハムの優れた除去

Stealthのカプセルは磁界を遮断するためステンレス製の「Faradayケージ」に完全に覆われています。に使用されています。Faradayケージは、外部の電場によってケージの導電性材の電荷が分配され、敏感な電子機器を外部の無線周波数干渉(RFI)から保護します。

カスタムスタンドマウント

Stealthは、XLRと特別なデザインのクイックリリーススタンドマウント付きのカスタムモールドエンドキャップを採用。付属のスタンドマウントを使用すると、マイクをクリックして所定の位置に固定し、収納するためにすばやく取り外すことができます。あらゆるマイクポジションに対応します。

仕様

  • 方式:Moving coil
  • 指向性:Cardioid
  • 周波数特性:20Hz – 20kHz (+/-3dB)
  • 自己雑音レベル:10dB A-weighted
  • 感度(1kHz into 1kohm - passive mode):Average 1 mV/Pa (varies across 4 voices)
  • 感度(1kHz into 1kohm - active mode):Average 150 mV/Pa (varies across 4 voices)
  • 最大SPL(THD 0.5%):140dB
  • サイズ:(L)196 mm × (W)58 mm
  • 重量:692 g

発売日

2019年5月31日(金)

販売価格

(税抜)¥39,600 (税込 ¥43,560)
JANコード:5060458750709


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

【関連記事】【今さら聞けない用語シリーズ】3分でわかる!コンデンサーマイクとダイナミックマイクの違い おすすめマイク

コンデンサーマイク新製品一覧は ⇒ こちら

「マイクロフォン」タグの関連記事

↑ページトップ