TASCAM SERIES 102i / SERIES 208i | オーディオ性能を更に高めたオーディオインターフェイス

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

TASCAM ( タスカム ) が、オーディオ性能を大幅に強化した USB オーディオ / MIDIオーディオインターフェイス「SERIES 102i」と「SERIES 208i」を発表いたしました。

この2製品は、デスクトップで使いやすい「US-2x2」や「US-4x4」のスラント形状を踏襲しながらシルバーを基調にしたデザイン。24bit / 192kHzのハイレゾ録音に対応し、新機能を搭載しています。

シリーズ共通の特徴

  • 最大24bit/192kHzオーディオフォーマットに対応
  • 低ノイズの録音環境を実現するハイスペック入力オーディオ回路
  • ファントム電源は入力チャンネル単位で独立してON/OFF可能
  • Windows, Mac, iOS機器に対応(UAC 2.0に対応)
  • 低レイテンシーで安定したドライバー動作(Windowsは、自社製ドライバー)
  • 本体内にMixer/Routing/TASCAM FXs (COMP, EQ, Reverb) 機能を搭載
  • ※付属のSettingsPanel ソフトウェアで制御 ※4xFs時にReverbは無効
  • 最新DAWソフトウェアCubase LE(Windows/Mac版64ビットPC)、Cubasis LE(iOSアプリ)をバンドル
  • プラグインエフェクトソフトIK Multimedia AmpliTube/T- RackS TASCAM editionをバンドル
  • 堅牢なメタルボディ
  • 自動更新機能(ソフトウェア・ドライバー/ファームウェアを更新)
  • お知らせ機能(SettingsPanelソフトウェアでの画面表示)
  • 遅れの無いモニタリングを可能にするダイレクトモニター搭載
  • 主要DAW動作検証済み(Pro Tools, Live, Cubase, Studio One, GarageBand)

TASCAM SERIES 102i

「SERIES 102i」は、これからパソコンを使って音楽制作を始めたいシンガーソングライターやギターリストにあわせて設計されたオーディオインターフェースです。

24-bit/192 kHzに対応し、定評のあるUltra-HDDAマイクプリアンプと合わせ超低ノイズに高解像度サウンドを収録することができます。

本体内にコンプレッサー、4バンドEQ、リバーブ、フェーズ機能を有したDSPミキサーを新たに搭載。コンピュータへの負荷を大幅に軽減しながらモニタリングおよび制作に活用いただけます。

リアパネルには最大8チャンネルのデジタルオーディオ入力が可能なオプティカル入力端子を装備。今後発売予定のプリアンプ「SERIES 8p Dyna」や、ADAT または S/ MUX 対応機器と接続することで最大10チャンネルまで入力を拡張することが可能です。

この他、付属するDAWソフトウェア「Cubase LE」と一緒に使用することができるギター/ベースアンプモデリングソフト「AmpliTube TASCAM edition」や「T-RackS TASCAM edition」が追加バンドルされています。

主な特徴

  • EIN-129dBuを誇Ultra HDDAマイクプリアンプを2系統搭載
  • バランス入力対応コンボジャックXLR/TRS端子を2系統装備
  • USB 2.0接続で最大10イン2アウトの入出力
  • S/MUX対応オプティカル入力端子により最大8入力を拡張可能
  • 18mW+18mWのステレオ標準ジャックヘッドホン出力端子を2つ搭載
  • また、さらに安定性を高めた自社開発によるドライバー

※[MIC/LINE]-[INST(Hi-Z)]-[+48Vファントム]のスライド切り替え

TASCAM SERIES 208i

「SERIES 102i」は、ご自宅のスタジオやライブレコーディングに最適なオーディオインターフェースです。

24-bit/192 kHzに対応し、定評のあるUltra-HDDAマイクプリアンプと合わせ超低ノイズに高解像度サウンドを収録することができます。

2系統のオプティカルデジタル入力端子を装備し、合計入力最大20チャンネルまで拡張可能。また、8系統のTRSバランスフォン出力端子は、4系統のモニタースピーカーへの出力や、最大7.1chサラウンドモニタリングのシステム構築が行えます。

レベルコントロール付きのデュアルヘッドフォン出力にはバッファアンプを搭載しレベル変動を受けないモニターが可能です。同期用にワードクロック入出力端子なども搭載しています。

この他、「SERIES 102i」同様にDSPミキサーや制作作業をカバーする各ソフトウェアもバンドルされております。

主な特徴

  • EIN-129dBuを誇るUltra HDDAマイクプリアンプを4系統搭載
  • バランス入力対応コンボジャックXLR/TRS端子を4系統装備
  • ※[MIC/LINE]-[INST(Hi-Z)]-[+48Vファントム]のスライド切り替え
  • USB 2.0接続で最大20イン8アウトの入出力
  • 正確なオーディオクロック同期環境を構築可能なWordイン/アウト BNC端子(終端ON/OFF付)
  • 2系統のS/MUX対応OPTICAL入力により最大16入力を拡張可能
  • 45mW+45mWのステレオ標準ジャックヘッドホン出力端子を2つ搭載

発売日

2019年春

販売価格

近日公開

オーディオ・インターフェース新製品一覧は ⇒ こちら

「オーディオ・インターフェース」タグの関連記事

↑ページトップ