RADIAL Backtrack | ステレオ・バッキングトラック・スイッチャー

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

RADIAL ( ラディアル )が、2つのステレオ入力に接続したオーディオソースの切り替えを瞬時に行うことができるステレオ・バッキングトラック・スイッチャー「Backtrack」を発売します。

ライブで再生中のバッキングトラックに異常が起きた場合、もう一方の入力に接続しているバックアップユニットにシームレスに切り替えることができます。切り替えは、本体にあるスイッチもしくはオプションのフットスイッチJR-2を使用します。

Backtrackとプレイバックデバイスの接続は、1/4インチTRSフォーンもしくは3.5mmステレオミニ端子で行います。PAシステムに接続するバランスXLR出力は、トランスでアイソレートすることによりグランドループを起因とするハムおよびバズノイズを除去します。パワードモニタースピーカーなどを接続するためのモニター出力も用意されています。

またソース切り替え可能なヘッドフォン出力は、PAシステムへ送られる信号には影響しませんので、キューイングなどに活用できます。

接続例

バッキングトラックをリモート切り替え

オプションのフットスイッチJR-2を使い、プレイバックソースの切り替え、ミュートを行います。 ステージモニターとハウスPAシステムのどちらからも出力されます。

トラックのキューイングのためにヘッドフォン出力を使用する

ヘッドフォン出力はPAへの出力に関係なく、いずれかの入力の音を聴くことができます。

アンプモデリングシステムの切り替え

2基のステレオ・アンプモデリング・デバイスの出力(バランスもしくはアンバランス)をBacktrackに接続します。XLR出力からPAシステムへは、バランス信号で送られます。一方のアンプモデリングが不調な場合でも、JR2で即座に予備のデバイスに切り替えを行います。

特長

  • 2つのステレオ入力に接続したオーディオソースの切り替え
  • 1/4インチTRSフォーンもしくは3.5mmステレオミニの入力端子
  • キューイングなどに活躍するソース切り替え可能なヘッドフォン出力
  • トランスでアイソレートすることによりグランドループを起因とするハムおよびバズノイズを除去

仕様

  • 回路タイプ: Passive Audio Circuit with Active Headphone Amplifier
  • チャンネル数: 2
  • 周波数特性: 20Hz – 20kHz (-0.5dB/+0.5dB)
  • ダイナミックレンジ: >+130dBu
  • 全高調波歪: 0.007% @ 0dBu, 1kHz
  • 相互変調歪: 0.02% @ 0dBu, 1kHz
  • CMRR: 34dBu @ 60Hz, 42dBu @ 3kHz
  • Noise: -105dBu
  • 最小入力: >+25dBu
  • Ground lift, Headphone
  • 入力端子: 1/4″ TRS, 3.5mm, RCA
  • 出力端子: XLR, 1/4″ TRS
  • Extras: Headphone output
  • シャーシ: 14-gauge steel chassis
  • サイズ (L x W x D): 4.6″ x 5.9″ x 1.9″ (11.7 x 15 x 4.8cm)
  • 重量: 2.2 lb (1kg)
  • 電源: 15VDC 100mA

発売日

2018年7月15日

販売価格

(税抜)¥70,000 (税込 ¥75,600)
JANコード:0676101044627

「スイッチャー」タグの関連記事

↑ページトップ