マルチモジュレーション・アナログシンセ REON driftbox W 登場!

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

reon_driftbox_w_l

REON( レオン )が、5つのDRIFTスティックに加えディレイを内蔵したマルチモジュレーション・アナログシンセ「driftbox W」を発売します。鮮烈でワイルドなサウンドで定評の同シリーズ中、最強の変調機能を装備したアナログ・シンセサイザーの登場です。

20170101_reon_driftbox_w_DSC0443

Driftbox W はシリーズ伝統の完全アナログ2VCO+VCF構成にLFOを搭載、最大4つのオシレータを駆使した音作りが可能です。。しかも、すべてのセクションに「DRIFT」ジョイスティックを採用。またフィードバックモジュレーションも可能なディレイエフェクトも内蔵し、より多彩で鮮烈で多彩、予想を超えたワイルドなアナログサウンドを生み出します。

20170101_reon_driftbox_w_DSC0469

DRIFTスティックによる変調

  • VCO1/2:X軸 – 発振周波数、Y軸 – オシレータのボリューム
  • VCF:X軸 – カットオフ周波数、Y軸 – VCFモジュレーションレベル
  • EFFECT:X軸 – ディレイタイム(最大350ms)、Y軸 – エフェクト出力レベル
  • DRIFT:X軸 – LFO周波数、Y軸 – 出力レベル

動作原理

2016-01-28_reon_driftbox_synthesis_1000

driftboxはVCO1、VCO2によるクロスモジュレーションとVCFの変調という、3ブロックで構成されます。可聴域の周波数によるVCO同士の変調=FM変調だけでなく、VCFを発振させて変調することで、より複雑な変化を持ったサウンドを作り出します。

REONシンセサイザーの生みの親であり、同社社長の荒川氏による即興パフォーマンス

特徴

  • 5つの”DRIFT”ジョイスティックによるモジュレーション
  • ジョイスティック信号の外部出力端子を装備
  • 完全アナログ回路を採用
  • 2VCO構成 0.1Hz〜10kHzスウィープ
  • ボリュームによる波形選択機能
  • -24dB/oct VCF アナログ・ラダー・ローパスフィルター
  • WaveクロスフェードLFO搭載
  • ディレイ・エフェクト内蔵
  • ディレイ・フィードバックによるモジュレーション
  • ディレイ・ミックスとディレイのみの2つの出力端子を装備
  • オシレータ・クロスモジュレーションとハードシンク
  • Ext GATE IN、Ext CV INで操作可能

仕様

製品名称 DRIFT BOX  W
製品品番 RE-501W
電源 AC100~240V,  DC5V, 2A 10W, センター+
消費電流/電力 760mA/3.8W
VCF -24dB ラダー型アナログ・ローパス
CV 制御電圧 DC0〜10V (VCO, VCF, VCA), 1V/oct
GATE 入力/出力電圧 DC5V (ON時)
VCO CV 出力電圧 DC0〜10V
オーディオ出力インピーダンス 10KΩ (最大時)
サイズ (底面) W150×D100×H55 (mm)
重量 約680g 本体のみ、オプションユニット除く
使用温度範囲 10〜40℃ (結露なきこと)

20170101_reon_driftbox_w_DSC0477driftbox_W(RE501W)

発売日

2017年1月末

販売価格

(税抜)¥60,000 (税込 ¥64,800)価格改定(2018年1月24日~):(税抜)¥30,000 (税込 ¥32,400)
JANコード:4533940071756


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

楽器フェア2016会場にて

【関連記事】


「アナログシンセ」タグの関連記事

↑ページトップ