【NAMM 2016】ARTURIA アナログ・マトリックス・シンセサイザー MatrixBrute

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

matrixbrute-image

Arturia ( アートリア )がモンスター級のアナログ・マトリックス・シンセサイザー「MatrixBrute」を発表しています。

まずはこのお二人のリアルタイム・パフォーマンスをご覧ください!

リアルタイムでここまでできると言うのはなかなか素晴らしいと思います。

楽器フェア2016でKORGブースに展示されていたMatrixBrute。ちゃんと音出てました。

MatrixBrute

「MatrixBrute」は3オシレーターの、モノ/デュオのアナログシンセサイザーです。シーケンサー内蔵、オーディオシグナル回路はフルアナログ、Steiner Parker filter/Ladder Filterに加え、各種アナログエフェクト搭載。

16モジュレーションソースと16のディスティネーションパラメーターを設定可能な16✕16のマトリックスを装備しており無限の音作りが可能となっています。音色メモリーは256で128プリセットを収録。49鍵キーボード。気になる価格は現在のところ未定ですが、お手頃価格・・・は無理かもしれませんね。

matrix

matrixbrute-44

各セクションの特徴

1.アナログ・オシレーター✕3:

Sawtooth, Pulse, Triangle、waveshapersで'Brute' サウンドを生み出すことが可能。それぞれサブオシレーターを装備

2. コンビネーションVCO/LFOオシレーター:

オシレーター#3はオーディオ信号とLFOモジュレーションに同時使用可能

3. ノイズジェネレーター:

White、Pink、Red、Blueの各種ノイズを内蔵

4. オーディオ・モジュレーション:

5. パフォーマンスモード:

6. ボイスモード:

7. 3LFO:

8. ミキサー

9. Steiner-Parker filter:

12db 、24db/OCT、4モード, Low pass, band pass, high pass, notch

10. Ladder Filter:

12db 、24db/OCT、 Low Pass、High Pass、Band Pass、Driveコントロール.

matrixbrute-front

11. Filter routing:

2種のフィルターをルーティング

12. 3 エンベロープジェネレーター:

2ADSR 、3rd DADSR

13. 256 メモリー

14. マトリックス

複雑なモジュレーション・ルーティングを生み出すことが可能。16モジュレーションソースと16のディスティネーションパラメーター、内4ディスティネーションはユーザー設定可能。デプスはエンコーダーで設定可能

ステップ・シーケンサー:64ステップ。 STEP、ACCENT、SLIDE 、MODULATION

256プリセットリコールとしても機能

15. アナログエフェクト

Delay/ Chorus/ Flanger 、5 オペレーションモード 。マトリックスモジュレーションで使用可能

16. シーケンサー/アルペジエーター

17. キーボード

ベロシティー/アフタータッチ対応49鍵盤

18. マスターオーディオ・アウト

19. Control Voltage Interfacing:(CV出入力)

12 CV 入力 12 CV 出力: 1V/octave の外部モジュラーシンセサイザー等との接続が可能

20. Audio Input:

21. Gate I/O:

22. Sync in/out

外部デバイスと MatrixBruteシーケンサー/アルペジエーターの同期が可能

matrixbrute-back

23. ペダル・インプット

エクスプレッション/サスティーンペダル入力

24. MIDI インターフェース

25. USB

DAWと連携可能なUSB I/O  MatrixBrute用のエディター/ライブラリアンソフト(無料)を使用可能

matrixbrute-12

仕様

  • アナログ・マトリックス・シンセサイザー
  • 256プリセットメモリー
  • 2アナログVCO:
    • Saw + ウルトラSaw, スクエア +パルスウイズ, 三角波 + メタライザー, Sub
  • 1 アナログリニア VCO/LFO
    • Saw, Square, Triangle, Sine waveforms; LFO time divisions; Key track
    • VCO 2>1 Hard Sync
  • オーディオ・モジュレーション:
  • VCO1>2 ; VCO1 < VCO3> VCO2 ; VCF 1 < VCO3> VCF 2 ; VCF1 < Noise> VCF2
  • ノイズジェネレーター:
    • White ; Pink ; Red ; Blue noise types
  • 5 オーディオ入力ミキサー/ フィルタールーティング可能
  • スタイナーパーカーフィルター
    • 12+24/ 1オクターブ ; Drive ; Brute factor; Low Pass, High Pass,
    • Band Pass, Notch
  • ラダーフィルター
    • 12+24 db / 1オクターブ ; Drive ; Brute factor; Low Pass, High Pass, Band Pass
  • 2 LFO’s
    • Sine, Tri, Square, Ramp, Saw, Random, S&H
  • 3 エンベロープジェネレーター
    • 2 Attack, Decay, Sustain, Release
    • 1 Delay, Attack, Decay, Sustain, Release
  • 外部入力
  • 16x16 マトリックス・モジュレーション・パネル
  • 64 ステップシーケンサー
    • STEP enable, Slide, Accent, Modulation
    • Save and recall sequence patterns
  • アナログエフェクト
    • Stereo delay, Delay, Flanger, Chorus, Analog Reverberator
  • アルペジエーター
  • 12 CV / Gate Inputs/Outputs
  • オーディオ入力、ライン/インストゥルメント・レベル
  • ステレオオーディオアウト
  • MIDI 、 USB I/O
  • エクスプレッション/サスティーンペダル入力

発売日

2017年3月29日(水)
初回数が少ないため、販売は4月中旬頃になります。展示は29日よりスタートしますので、下記の展示している店舗ボタンよりご確認ください。

販売価格

(税抜)¥238,750 (税込 ¥262,625)⇒2018/4/27より価格改定(税抜)¥185,000 (税込 ¥203,500)

JANコード:4959112169739


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

「アナログシンセ」タグの関連記事

The NAMM Show 2020

↑ページトップ