Ableton Liveに最適化されたMIDIキーボード / コントローラー Novation Launchkey MK2

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

launchkey-group-rgb-hr

Novation(ノベーション)がRGBバックライト / ベロシティー / プレッシャー・センシティブ対応の新パッドを装備したMIDIキーボード / コントローラー「Launchkey MK2」を発表しました。

61鍵盤

launchkey-61-elevated-rgb

49鍵盤

launchkey-49-elevated-rgb

25鍵盤

launchkey-25-elevated-rgb

Launchkey MK2は、RGBバックライト / ベロシティー / プレッシャーセンシティブに対応した新パッドを装備したMIDIキーボード / コントローラーです。シンセタッチの鍵盤はレスポンスも素早く、軽快な演奏が可能です。

Ableton Liveとの親和性はさらに向上し、デバイスの選択からコントロールまで16のパッドと8つのノブで行うことで、スピーディーな音楽制作が可能です。Ableton Live以外のメジャーDAWでも、In Controlテクノロジーにより簡単な設定ですぐに使用できるようになります。

素晴らしいフィーリング

あらゆるMIDIキーボードで一番大切な部分は鍵盤です。Launchkeyのシンセスタイルキーボードは、非常に軽量で反応が早く、高速なプレイに対応します。

4-Play-with

Ableton Liveに最適化

5-Ableton-controls_0

マウスを使って音楽を制作するのは、直感的でないと共に時間をロスしている可能性があります。Launchkey MK2 は真のハンズオンコントロールを提供します。Ableton Liveのセッションビューやインストゥルメンツやエフェクト、そしてミキサーを完璧にコントロールし、思いついたアイデアを即座に形にすることができます。

ビート制作やループをトリガーするRGBパッド

7-Clips1

Launchkey MK2に搭載された16個のRGBパッドは、Ableton Liveのクリップカラーを反映し、その都度コンピュータの画面を確認する手間を省きます。 このパッドはクリップの起動の他、サンプルのトリガー、エフェクトのコントロールなど、様々な機能を提供します。すべてのコントロールは鍵盤を演奏しながら行うことが可能です。また、ベロシティに対応しており、ドラムの打ち込みにも適しています。

エフェクトやミックスをコントロール

8-Faders

Launchkey MK2に装備された8つのロータリーノブは、インストゥルメンツやエフェクトの直感的なコントロールを可能にします。49 / 61鍵盤モデルに搭載された9本のフェーダーはミキサーのコントロールを行い、ミックスバランスの調整を行うことができます。すべてのノブやフェーダーは自動的に適したパラメーターに割り当てられます。そして任意のパラメーターに割り当て直すことも可能です。

メジャーDAWに対応

9-InControl

DAWソフトの選択は非常に重要です。Launchkey MK2はAbleton Liveに最適化されていますが、In ControlテクノロジーによりメジャーDAWでもスムーズに動作します。

接続するだけ

10-Launchkey-rear-1

Launchkey MK2はUSBバスパワー動作に対応し、MacやPCに接続するだけですぐに使い始めることができます。クラスコンプライアントに対応し、ドライバーも不要です。

豊富な付属ソフトウェア

19-KF8_0

Ableton Live Lite、Novation Bass Stationと V-Stationソフトシンセサイザー、1GBの著作権フリーサンプルコレクションLoopmastersが付属し、すぐに音楽制作を始めることが可能です。

Launchkey MK2とMK1の違い

Launchkey MK2は、MK1に加えて様々な機能強化が行われています。

  • 16個のパッドがRGBカラーバックライトを搭載し、Ableton Liveのクリップカラーとマッチするようになりました
  • 16個のパッドは反応速度も向上し、ドラムの打ち込みやMIDIクリップの作成時のフィーリングがより良くなりました
  • InControlを利用したAbleton Liveのコントロール機能が強化されています。8つのノブは、従来のLaunchkeyではデバイスのコントロールのみでしたが、それ以外にパンとセンドA/Bのコントロールも切り替えて使用できるようになりました
  • Launchkey MK2は現在のところFL Studioに対応しておらず、通常のMIDIキーボード/コントローラーとして動作します。将来的には様々な機能に対応を予定しています。
  • Launchkey MK2はより電力を消費するようになったため、直接iPadに接続して使用することが出来ません。しかしながら、電源アダプタを搭載したUSBハブを使用することにより、問題なくiPadで動作することができます
  • オルガンの演奏に適したモードを含む、4つのベロシティカーブを搭載しています
  • Ableton Liveの1つのトラックに複数のエフェクトが挿入されている際、Launchkey MK2から直接コントロールしたいエフェクトの選択が可能になりました
  • 8つのノブはぐらつきを減らすためナットで固定され、より堅牢な造りになりました

主な仕様

  • ハードウェア ・ベロシティ対応シンセスタイルキーボード(25、49、61鍵盤)
    • 16のフルカラーRGBバックライト搭載ベロシティ対応のドラムパッド
    • 8つのノブ
    • スライダー(49/61鍵:9本、25鍵盤:1本)
    • トランスポートコントロール
    • ピッチベンドとモジュレーションホイール
    • オクターブ切り替えボタン
    • LEDディスプレィ
    • トラック/MIDIチャンネル切り替えボタン
    • 8つのミュート/ソロボタン(49/61鍵)
    • In Controlボタン
    • 2つの円形のRGBバックライト搭載ボタン
    • USBポート
    • DC電源ソケット(電源アダプターは同梱されておりません)
    • サステインペダル入力
    • ケンジントンセキュリティスロット
  • 付属ソフトウェア
    • Ableton Live Lite 9

      Launchkey MK2をAbleton Liveで使用するには、バージョン9.1以上が必要です

    • Novation Bass Stationソフトシンセサイザー
    • Novation V – Stationソフトシンセサイザー
  • 電源
    • USBバスパワー(iOSデバイスで使用する際は別途電源アダプターとApple USBカメラアダプタが必要です)
    • 最大消費電力9V DC 250mA(電源アダプターは同梱されておりません)
  • サイズ
    • Launchkey 25 MK2:450mm x 270mm x 90mm
    • Launchkey 49 MK2:775mm x 270mm x 90mm
    • Launchkey 61 MK2:940mm x 270mm x 90mm

launchkey-25-rear-rgb launchkey-49-rear-rgb launchkey-61-rear-rgblr

発売日

2015年8月28日

販売価格

Launchkey 25 MK2

(税抜)¥20,000 (税込 ¥21,600) ⇒ 2018/5/7価格改定(税抜)¥16,600 (税込 ¥17,928)

JANコード:4580101339873  ⇒ 0815301000464

Launchkey 49 MK2

(税抜)¥27,000 (税込 ¥29,160) ⇒ 2018/5/7 価格改定(税抜)¥22,200 (税込 ¥23,976)

JANコード:4580101339880  ⇒  0815301000471

Launchkey 61 MK2

(税抜)¥33,000 (税込 ¥35,640) ⇒ 2018/5/7価格改定(税抜)¥27,400 (税込 ¥29,592)

JANコード:4580101339897  ⇒  0815301000488

「midiキーボード」タグの関連記事

↑ページトップ