sE Electronics guitaRF 発売!ギターアンプの録音に最適なリフレクションフィルター

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

guitaRF_3

ギターアンプ・キャビネットに最適な楽器収録用リフレクションフィルター「guitaRF」(ギターエフ)がsE Electronicss(エスイーエレクトロニクス)社より発売されます。

エントリーモデルからハイエンドまで、数多くのマイクをリーズナブルな価格でリリースしているsE Electronics社のもう一つの代名詞がリフレクションフィルター。特許取得の特殊構造により録音環境の不要な反射や残響を抑え、特にボーカル収録には欠かせないツールとして世界中で愛用されています。このリフレクションフィルターは、もちろん楽器収録の際にも最適なのですが、そのサイズによりセッティングの制約が少なからずありました。

今回登場するguitaRFは特にギター/ベースアンプのキャビネットの前に容易にセッティングでき、しかもマイクを2本同時に使用できるというユニークな構造になっています。スタジオでもステージでも最適な環境を容易に実現するソリューションといえます。

guitaRF_8

guitaRF の特長

多くのエンジニアはリフレクションフィルターがレコーディングだけではなく、ステージ上でのギターアンプのキャビネットにも効果的であることは知られています。ただし、セッティングには工夫が必要でした。しかし今回発売されるこのguitaRFによって、改造や他の機材の付加なしで解決します。
guitaRFはリフレクションフィルターであり、アイソレーターであり、ダブルマイクスタンドであり、そしてマイクセッティングのポジションを確実にするハードウェアです。
お気に入りのラージ・ダイアフラム・タイプのコンデンサーマイクやリボンマイクに、ダイナミックマイク(またはスモールダイアフラムマイク)を組み合わせた2本のマイクを位相差の問題もなく、確実にセッティングできます。

guitaRF_7

専用のベースも付属していますが、軽量なのでマイクスタンドにセットすることもできます。つまりギター/ベースキャビネットの前だけではなく、マイクスタンドを使ってキックドラムに使用するのも効果的です。不要な反射や他楽器の回り込みを回避できる容易で確実な方法です。他にもアコースティックギター、キーボードアンプ、ハイハット/スネアのアイソレーターとして、もしくは2本のマイクでボーカルを収録するといった使い方もできます。

もちろん、guitaRF はステージ上だけのものではありません。他のリフレクションフィルターモデル同様、ご自宅のレコーディング環境においてもプロスタジオ並みのクオリティに近づくことを意味します。

guitaRF_5

guitaRF_4

guitaRF_6

guitaRFの主な仕様

guitaRF はベストセラーを誇るリフレクションフィルター、RF-X と非常に近い音響特性を備えています。外側の複合素材によるパネル、ウール層、低音域のアイソレーションに効果的なエアギャップ層、そして内側の発泡フォーム層の計4層から構成されています。

guitaRF 本体にゴム製のフィングリップが付いたマイク取り付け穴があり、どんなダイナミック/スモールフラムコンデンサーマイクでも確実にホールドすることが可能です。

ラージダイアフラムコンデンサー/リボンマイクをマウントするための付属ハードウェアは、柔軟な位置調整が可能で、これにより2本のマイクを位相の問題なくセットすることが可能なのです。

またフィルター背面に取り付け可能なダブルケーブルクリップも付属しており、マイクケーブルをまとめるのにも便利です。

・フィルター部外形寸法:263×205×100 mm(W×H×D)

・本体重量:1.7 kg(スタンド含む)

※スタンドを使用した場合の標準的な高さは約420 mm

発売日

2015年7月24日(金)

販売価格

guitaRF
(税抜)¥19,840 (税込 ¥21,824) 価格改定(2020年5月7日~):(税抜)¥17,600 (税込 ¥19,360)
JANコード:4530027251919 4530027259519

「吸音材・遮音材・整音材」タグの関連記事

The NAMM Show 2020

↑ページトップ