audient iD22 高品位オーディオインターフェース国内発売!

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

id22_01

audient iD22 オーディオ・インターフェイス

オールアクセス社よりaudient(オーディエント)社の高品位オーディオインターフェース「iD22」が国内でまもなく発売されます。

クラス最高峰のAD/DA インターフェース&モニタリング・システム

iD22にマイク、コンピューター、モニターを接続するだけで、あなたのDAWはワールドクラスのレコーディング・スタジオと同等のシステムに変貌します。英国のコンソール・ブランド「audient」は、クリエイターの集中力を損なわせないシンプルな操作性と最高のオーディオ品質を同時に提供するオーディオ・インターフェース「iD22」を完成させました。

【関連記事】

audientよりオーディオインターフェースiD22が発表

https://info.shimamura.co.jp/digital/newitem/2013/05/4303

「iD22」の主な特徴

  • 2-in/6-out + ADAT i/o
  • 高性能24-bit/96kHz AD/DA コンバーター
  • 2系統のclass-Aマイク・プリアンプ
  • 1系統のディスクリートJFET楽器入力
  • アウトボードの接続が可能なバランス端子のインサート入出力
  • 独立DACによる高出力のヘッドフォンアンプ
  • モニターMIX用の低レイテンシーDSPミキサー
  • メイン出力/サブ出力 切替え可能なステレオ出力
  • ユーザーによるアサインが可能なハードウェア・コントロール
  • USB2.0対応
  • Mac OS10.6.8 以降対応(OS10.9 Mavericks対応)
  • Windows 7 以降対応

オーディオ・クォリティー

気鋭のコンバーター・テクノロジー

iD22には2系統のアナログ入力、6系統のアナログ出力が搭載されています。これらはクラス最高の音質を実現する24-bit/96kHzコンバーターでドライブされています。最適なパーツ選択と回路の研究を重ね、リスニングテストを繰り返して、そのパフォーマンスを完成しました。結果、「シャープなステレオ・イメージ」、「明確なディテール」、「スピード感ある低域 & スムーズな高域」と、素晴らしいサウンドを実現に至りました。

id22_06

ワールドクラス・マイクプリ

iD22には、全世界で50,000チャンネル以上使われている audient コンソールと同じマイク・プリアンプが2基搭載されています。マイク・プリアンプ回路にはICチップを使用せず、ディスクリート・トランジスターを採用しています。それにより、クリーンで音楽的に豊かなキャラクターを生み出すClass Aのフロントエンドを実現しました。

このように、iD22には最高のレコーディング・パフォーマンスを提供できるベストなマイク・プリアンプが搭載され、どのタイプのセッションでも素晴らしいサウンドを提供してくれます。

さらに、レコーディングに重要な機能として、pad、コンデンサーマイク用ファンタム電源、低域をカットするハイパス・フィルター、位相スイッチが両チャンネルに搭載されています。また、チャンネル2には、ギターやシンセサイザーを直接入力できるJFETディスクリートDI入力も備えています。

拡張性

必要に応える機能拡張

iD22は2 in/6 outのインターフェースにとどまりません。ADAT&SPDIFの両信号をサポートするオプティカル入出力によるチャンネル拡張が可能です。例えば、ドラム録音の様な場合は、audient ASP008/8chのマイクプリを接続し、10ch入力が用意できます。また、お気に入りのデジタル対応アウトボード(リバーブ等)を接続する場合は、SPDIFにステレオ接続することも可能です。これらの入出力は、付属のソフトウェア上でのルーティング機能からも、iD22は柔軟で便利なデスクトップ・パッケージであると確信しています。

id22_07

バランスインサート端子

2系統のバランスインサート入出力は、AD変換直前にお気に入りのコンプレッサーやEQを接続することができます。また、RETURN端子にプリアンプ等を接続するとAD/DAに直接入力されるため、iD22のプリアンプを通らない純粋なADコンバート信号のみを録音することもできます。

id22_05

コンソールスタイルのモニター・コントロール

コンソールスタイルのモニター・コントロール

iD22のモニター・コントロール部には「モノラル切替え」「位相切替え」「dim」「カット」「ALT(スピーカー切替え)」「トークバック」「cue mixモニタリング」等、大型コンソールと同様の機能を搭載しています。それらの豊富な機能によって、iD22はスタジオのハブ機として活躍できる機能を十分備えています。

また、トークバック機能は、付属のソフトウェア上で任意の入力信号をトークバックにアサインして、cue mixに送る事が可能です。

id22_04

コントローラー・サーフェスのカスタマイズ

音楽製作に集中している際、本機は各機能の操作が簡単にできるように注意深くデザインされています。本体コントロール面のファンクション・スイッチ(F1~F3)に、インスタント・アクセスしたい機能を割り当てる事ができます。例えば、トークバックをオン/オフにする度に毎回画面を切り替える面倒な操作が不要になります。

アルミニウム製の大型コントロール・ノブや独立したDIMやCUTスイッチは、大型コンソールの使い勝手を知っているプロの方々に、同じようなフィーリングと操作性を提供してくれます。

独立回路のディスクリート・ヘッドフォン出力

iD22は、接続するヘッドフォンのインピーダンスの影響を受けにくい、ディスクリート高電流型ヘッドフォン・アンプを搭載しています。ヘッドフォン出力用に独立したDACを設け、非常に高い音質を確保しています。

  • ダイナミックレンジ:114dB(A-weighted)
  • THD+N @ -1dBFS (1kHz):<0.0008% (-101dB)

ヘッドフォン出力へ送る音声は、「iDミキサー」のソフトウェア上でアサインします。

id22_08

iD22本体には、ヘッドフォン出力をコントロールするための専用ノブが搭載されており、エンジニアのリファレンスやレコーディングをするミュージシャンのモニター以外にも、Y字ケーブルを使用してスピーカー接続として使用することも可能です。

低レイテンシーのミキサー

シンプルなミキサー・ソフトウェア

iD22内のルーティング、ミックス、スイッチのアサイン等は、全て付属のソフトウェアから操作できます。本当に必要な機能だけを抽出し、簡単で素早く操作できるようデザインしました。大型のコンソールと同様の方法でチャンネル名を付けることも可能です。

一目して状況が把握でき、快適な音楽製作が楽しめます。

id22_09

頑丈な筐体

頑丈な筐体

筐体はすべて金属製で、大型ノブもアルミ素材を採用しています。

トグルスイッチにも良質なパーツを使っており、多くのスタジオ・セッションやライブでも安心してお使いいただけます。

id22_10

デモ:サンプルサウンド

iD22のBetaテストに際して、音楽ジャンルの異なる3組のアーティストによるレコーディングを行いました。

これらの楽曲のサウンドは、すべてiD22を通してレコーディングされています。

発売日

2014年4月20日

販売価格

iD22:(税抜)¥80,000 (税込 ¥86,400)⇒価格改定(2018/2/16)(税抜)¥60,000 (税込 ¥64,800)

JANコード:5060374260009

「オーディオ・インターフェース」タグの関連記事

↑ページトップ