東京モジュラーフェスティバル (TOKYO FESTIVAL OF MODULAR)2016レポート

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

Modular_fes_41

世界中からモジュラーシンセのメーカーが集まり、新作の発表、機種展示、開発者のデモやレクチャー、ワークショップが行われるモジュラーシンセサイザーの国際見本市「東京モジュラーフェスティバル(TOKYO FESTIVAL OF MODULAR)」(以降 TFoM 2016)に行ってきました。さっそく会場の模様をレポートいたします。

最終日となる日曜日、会場は東京渋谷にある「Red Bull Studio Tokyo」

Modular_fes_8

ここには何度かイベントでおじゃましておりますが、青山に近い絶好のロケーションに佇むユニークな外観の建物です。しかしこのビルの5階ホールで超マニアックなイベントが開催されているとは誰も想像できないでしょう。

エレベーター降り、会場に入るとそこは日常とかけ離れた異質な空間が!

Modular_fes_47

まだ早い時間とはいえラウンジ内はすでに熱気がみなぎっております。半分以上は海外の方のようですが、おそらく夕方以降は大変な人混みになりそうな気配。

入り口左にはデジランドフェスティバルでもお世話になった「シンセ監督」大須賀淳氏の「スタジオねこやなぎ」さんのブースが。

Modular_fes_18

プロペラを回したり、ランプをつけたり、昔の黒電話を鳴らすといった遊び心の溢れるユニークなハンドメイドのモジュールが勢揃い。これらを使ってキッズ向けの楽しいワークショップも開催されているそうです。

こちらは日本のClock Face Modularさんのブースにあったユーロラック・モジュラー群。壮観ですね。

Modular_fes_54

Mutable Instruments、Tiptop Audio、The Harvestman、WMD、4ms、Make Noise、Malekko Heavy Industry、Steady State Fate、Sputnik Modular、Toppobrilloといったレアなメーカーも勢揃い。

Modular_fes_53

こちらは国産メーカーのHikari Instrumentsさん

Modular_fes_20

おなじみ福産起業さん。あいかわらず壁になってます。

Modular_fes_28 Modular_fes_27

こちらアメリカの 4ms Company さんは、ポリリズム・クロック・モジュレーター、カオスジェネレーターといったユニークなモジュールを開発しているメーカーです。

Modular_fes_23

MIDIインターフェースや、ネットワーク関連機器を手がけるベルギーのAlyseumさん。ユーロラックのマトリックスボードなども展示していました。

Modular_fes_24

こちらラトビアのErica Synthsさん。軍事技術として使われた(?)パーツなども含まれているそう。モジュラーのパッチングを保存できるMatrix Mixer、Graphicシリーズなど展示。

Modular_fes_34

オランダのシンセメーカーGinko Syntheseさん。ライブパフォーマンスに特化したモジュールを作っているそうです。

Modular_fes_39

フランスのTouellskouarnさん。色合いがいいですね。右下のボックスは、ゲルマニウムトランジスタを使った発振系ファズ。

Modular_fes_37

スペインのデベロッパーBefacoさん。期間中モジュラーシンセ組み立てワークショップを別会場で開催しているそうで、1日の参加で1台のキットを完成までサポートしてくれるとのことです。必須技術は「興味と忍耐力」だそうです。

Modular_fes_52

おなじみRolandさん。SYSTEM-500シリーズ、AIRA Modular Effect、System-1mなどを展示。A-01KでSYSTEM-500シリーズを鳴らせるセッティングになってました。

Modular_fes_16

スウェーデン生まれのElektronさん。Octatrack、Analog Rytm、Analog Fourなどを展示販売中。TFoM会場では実際に購入もできるのです。

Modular_fes_32

KorgさんはKID取り扱いのArturia、Moog や自社のVolcaシリーズ、minilogueなどを中心に展開。残念ながらフランスArturia社のMatrixBruteの展示は中止とのこと。完動品が間に合わなかった模様です。MiniBruteが代打展示。MoogのMother-32は売れすぎて生産が間に合っていなかったそう。

Modular_fes_31

Kickstarter成功で話題になったカナダのKilpatrick Audioさんの2ボイスシンセ「PHENOL」。バナナプラグでのパッチングが特徴です。

Modular_fes_38

こちらはシーケンサー&パフォーマンスシステム「CARBON」。パターンベースのシーケンサーらしいです。懐かしいRolandの音源モジュール「JV-880」が見えますね。

Modular_fes_40

大阪のREONさん。Moog System-15の復刻版や、Driftboxシリーズを展示。代表の荒川氏も会場で熱心に説明されていました。

Modular_fes_44

会場の注目を集めていた懐かしいYAMAHA QX-3(シーケンサー)。これでバッハの曲をDriftboxを使って鳴らしていました。予測不能に暴れる過激な音だけでなく「こんなこともできるんだ」と思って欲しかったそうです。

Modular_fes_45

MI7 Japan さんは、NAMM SHOWでも話題になった次世代のMIDIキーボードROLI「Seaboard RISE」を始め同社の取り扱い製品を展示していました。

Modular_fes_12

ROLIの感圧式鍵盤は5種類のコントロール信号を送信できます。USB接続、Bluetoothで使用可能です。音源部はiPadアプリやパソコンのソフトシンセ。3日位練習したらなんとか弾きこなせるようになるかも・・

隣はTom OberheimのSEMシリーズとTwo Voice Pro Synthesizer。

Modular_fes_14

ユーロラックモジュールとも連携可能なソフトウエア・モジュラーシンセであるSoftubeの 「Modular」。Doepfer社など製品をモデリングしたモジュールを収録しています。

Modular_fes_13

急遽参加となった Media Integrationさんは、Teenage EngineerngのOP-1、POシリーズ、USB/MIDI-CV/GateインターフェースOplab、REONのDriftbox、FXpansion Strobe 2などを展示。

Modular_fes_7

Driftbox詰め合わせセット?

Modular_fes_30

国産メーカーのX-Fade Modularさんブース

Modular_fes_19

■その他

会場にあった謎のモジュール。ロシア語ですか?

Modular_fes_26

JIM O'ROURKEさんとHITOMIさんによる箏とシンセによるミニコンサートで使われた機材。ストンプボックスが大活躍していました。

Modular_fes_50

それにしてもこんなにモジュラーシンセメーカーが世界中に存在しているとは驚きですね。

それぞれに個別の機能をもった装置(モジュール)を、パッチングケーブルで自由につなぎ合わせることによって無限の表現が行えるのがこのモジュラーシンセの魅力だと思います。そして鍵盤を弾いて演奏するのではなく、ノブやスライダーを回して音楽を生み出せるのでどんな人でもすぐに楽しめることができると思います。

皆さんもぜひ一度モジュラーシンセで遊んでみてください!それでは(サカウエ)

Modular_fes_55

MF

「アナログシンセ」タグの関連記事

↑ページトップ

DTM安心サポート