ハンドヘルド型ダイナミック・コンデンサーマイクを徹底解剖!~その他のマイク編~

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

他社のマイクはコチラ

~SHURE(シュアー),Audio-Technica(オーディオテクニカ)編~

~Sennheiser(ゼンハイザー),beyer dynamic(ベイヤーダイナミック),AKG(アーカーゲー)編~

梅田ロフト店スタッフの南です。

第三回は、NEUMANN(ノイマン)、Lewitt(ルウィット)、ELECTRO-VOICE(エレクトロボイス)、TELEFUNKEN(テレフンケン)、HEiL SOUND(へイルサウンド)のマイクをご紹介します。

NEUMANN(ノイマン)

neumann-logo

KMS105

KMS105

音の傾向

独特の空気感があり、ニュアンスもでるコチラのマイク。加工した感じもなく、自然に聴こえます。

女性、特にハイトーンが出る方のほうがよりこのマイクの特性を活かせると思います!

 

TELEFUNKEN(テレフンケン)

telefunken

M80

m80

音の傾向

Lowがすっきりしていて(ただしLowエンドは出る)、圧がなく、クリアなサウンドです。

ニュアンスがしっかりと出せそうなマイクで、弾き語りやしっとりとした歌い方をする方にオススメです。

 

ELECTRO VOICE(エレクトロボイス)

company_logo_EV

N/D767a

nd767a

音の傾向

ヒューマンビートボックスでも使われているこちらのマイク。

Low,Hiの成分が強く、Mid成分が少なめな印象で、声を張らない女性VO等にオススメです。

 

Lewitt(ルウィット)

lewitt

MTP340CM

MTP340CM

音の傾向

BETA-58をよりシャリシャリにしてクリアにしたサウンド。拾った音をそのまま出しているような質感です。

価格もリーズナブルなコンデンサーマイクなので、配信やコンデンサーマイクを試してみたいという方に個人的にオススメしているマイクです。

MTP840DM

MTP840DM

音の傾向

ファンタム電源を通すことで内臓プリアンプを動かすという変わったダイナミックマイクです。

Low成分が出て、かつ抜けがいい(ドンシャリ)サウンドです。男性VOのMID成分は少なめなので、女性VOにオススメです。

 

HEiL SOUND(ヘイルサウンド)

heilsound

The Fin

thefin

音の傾向

ファンタム電源を通すことでライトが点灯するという面白いマイクです。

眩しい!というよりはほんのり光っているイメージですね。完全にバンド向けサウンドで、MIDが出たサウンドです。

 

※試聴はモニタースピーカーか、ヘッドフォンを推奨します。

梅田ロフト店のハンドヘルドマイクのご紹介は以上となります。もしマイマイクを選びたいという方はどんどんご相談ください。

どんな形態で音楽をしているのか、声質はどうなのか、いろいろな観点からあなたに合った最高のマイクをお選びします。


梅田ロフト店デジタル担当 南(みなみ)
この記事を書いた人
梅田ロフト店デジタル担当 南(みなみ)

現役ボカロPとしても活動している南です。ボカロ、作曲に関することならお任せ下さい。
DTMを始めるにあたって、あなたに合う作業環境の構築を全面的にバックアップ致します!

梅田ロフト店
梅田ロフト店

大阪府大阪市北区茶屋町16-7 梅田ロフト8F

電話番号:06-6292-7905

営業時間:10:30~21:00

HP:http://www.shimamura.co.jp/umeda/

↑ページトップ