第6回シンセ・モジュラーワークショップ&ライブセッション 5/6(土)開催決定!

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

こんにちは、梅田ロフト店デジタルアドバイザーの阪口です。

2月にオオノ屋さんで開催し大変ご好評をいただきました当イベントですが、早速次回開催が決定しましたのでお知らせをしたいと思います。

前回のワークショップの様子はコチラ↓

第5回シンセ・モジュラーワークショップ&ライブセッションレポート

今回は会場を梅田ロフト店内に戻し、店頭ステージにて13時~15時にフリーライブセッションを行い、15時~19時にスタジオ内にてワークショップ&ライブセッションを行う予定となっております。

詳細はコチラ↓

第6回 シンセ・モジュラーワークショップ&ライブセッション
日程 5月6日(土)
時間 13:00~15:00 フリーライブセッション
15:00~19:00 ワークショップ&ライブセッション
場所 島村楽器梅田ロフト店内イベントスペース&スタジオ
料金 ¥500(税込)
定員 20名
申込方法 お電話、または店頭にご来店いただき担当の阪口までご予約をお願いいたします。

フリーライブセッションにつきましては店内ステージにて一人10~15分のライブを行っていただけますので、ぜひライブをやってみたい!という方は担当の阪口までお問合せください!(定員に達した時点で受付を終了いたします。。)

そして15時より店内スタジオに場所を移して、関西を中心に精力的に活動をされている方々によるライブパフォーマンス&ディスカッションを行っていただきます。

さらに今回はライブパフォーマンス&ディスカッションに加え、原宿のシンセサイザーショップFiveGよりRyo Hirai氏をお招きしてDave Smith関連のシンセサイザーや各種モジュラーシンセのワークショップを、KORGよりインストラクターYasushi.K氏をお招きして話題の新製品Autria Matrix BluteMoogシンセサイザーのセミナーを行う予定となっております。

ワークショップ&ライブセッション出演者紹介

Ryo Hirai (FiveG music technology)

10代の頃よりより数多くのハードウェアに触れながらライブ活動を行いつつもDommuneへ出演、Ele-Kingでのライター活動などを多岐にわたり行ってきた。北欧の脱臼エレクトロファンク、Skweeeを主体としながらも並行しJukeやTechnoなど楽曲を制作し国内外のレーベルよりリリースしている。電子楽器の蒐集、自作や改造をこよなく愛す。

Unyo303

2001年、まだ「ユーロラックモジュラー」という言葉が誕生する前夜、モジュラーシンセの沼底に落ちる。

2007年、モジュラーシンセだけによるライブ活動を始める。以降、クラブやホール、ライブハウスやカフェ、ギャラリーやバー等、様々な場所でモジュラーシンセによるワークショップ、ライブパフォーマンスを披露。五線譜の時間軸から飛び出したサウンドは、聴く人を不思議な電子音の世界へ誘っている。

 マニアックでストイックになりがちな電子音楽の世界において、更にマニアックなモジュラーシンセを使いつつも、ユーモアと誰でも楽しめるライブやイベント企画を模索している。

 京都在住アーティストの西田彩、marimoRECORDS代表の江夏正晃らと共に、デジタル音とアナログ音が交差するユニット、Envelope77eでも活動中。

 大須賀淳監督による日本初のシンセサイザードキュメンタリー映画「ナニワのシンセ界」に出演。「モジュラーフェスティバルvol.1〜5」、「DOMMUNE/KANDA INDUSTRIAL」、「Kyoto Festival of Modular 2015」、「Tokyo Festival of Modular 2016」等、サワサキヨシヒロ氏が主催するシンセサイザーと温泉の癒しを追求する「シンセ温泉」に参加。電氣蕎麦にてマニアックな電子音楽人を招いてのライブ&トーク「電音ハッカーズ」主催。

http://www.unyo303.com/

Yullippe

1993年生。大阪出身の女性プロデュサーYuri Uranoによるソロプロジェクト。インダストリアルなテクノサウンドと自身の”声”を武器に唯一無二の世界を展開する。2014年RedBull Music Academyイベントプログラム「Lost in Karaoke」へTofubeats、Seihoと共に関西を代表する若手新気鋭トラックメイカーとして出演。その後のドイツ、イギリスでの海外公演などを経てよりグローバルに活動し、国内外からの注目が集まっている。元ロックマガジン編集長であり、音楽評論家の阿木譲氏に抜擢され、六本木Super Deluxeにて行われた0g night「DO BLOOM IN THE SILENCE」に出演。同イベントにて edition.nordよりカセット音源「test I: i.a.m.y.o」を限定リリースし即日Sold Outさせる。国産テクノレーベルDifferent10より1st EP「Crash & Reborn」、その後1st Album 「Night Flower」を自主リリースしている。2015年に発表された2nd Album「Lys」はフリーモデルとしても活動する彼女がフランスで撮影した写真集と自身の音源を組み合わせた作品をクラウドファンディングを通して制作した。Kyoto Festival Of Modular 2015ではシンセサイザーを使った即興パフォーマンスを披露するなどそのプレイスタイルも様々だ。2016年にはアメリカのカセットテープレーベルOnmyōdō Cassetteのコンピレーション「Cyclical Return」に自身の楽曲「End of」が収録される。そのほかTEDx KOBEへの楽曲提供、ファッション、映像とのコラボレーションなど様々なジャンル、フィールドででその多彩さを発揮している。

909state

2009年 Maltine Records、vol.4 recordsよりデビュー。 Andreas Dorau、Hardfloor来日公演のオープニングアクト、野外フェス「Re:animation」や、「KYOTO FESTIVAL OF MODULAR 2015」出演など、各地でライブ活動も行う。ファッションブランド「GLAD NEWS」のプロモーション映像への楽曲提供や、リミキサーとしてはCristian Vogel、Shin Nishimura、dj newtown(tofubeats)、佐伯誠之助など多数の公式リミックスを手掛けている。近年はオーストラリアElektrax Music傘下のアシッドハウス専門レーベルAcidWorxおよび自身のプライベートレーベルDESTRUCTION BABYから作品をリリース。

Route09

京都府出身の音楽家Yuki Ohtsukaのテクノ/エレクトロニカ/ノイズ用名義。これまで関西を中心にイベントへの出演や国内外から音源をリリースする中、近年ではハードウェア中心のライブセットに移行。現在は昨年入手したモジュラー・シンセサイザーと共に関連のワークショップへの参加やイベントでの演奏などを行っている。また、「音色と音響の可能性の追求」に特化した別名義Molecule Plane、エレクトロニカ・アーティストimaとのユニットA.N.R.i.でも活動しているほか、本名ではミュージック・コンクレート/アクースティックの作曲家、多層化立体音響システム「アクースモニウム」の演奏家として海外でも作品が上演・放送されている。

Shinpal

大阪出身。少年期にクラフトワークとYMOに衝撃を受けシンセサイザーで近所迷惑な雑音を垂れ流す日々を過ごす。老後の楽しみとしてモジュラーシンセに手を出したことがキッカケとなり、家族の白い目にもめげず、老体にムチ打ってシンセ中年として現場にも徘徊中。

大阪県内のクラブ、ライブハウス、野外イベント等にてライブ活動をする傍ら、楽器店でレクチャーを行う等、精力的に活動している。

セミナーインストラクター紹介

Yasushi.K

3歳からアナログシンセを使い独学で音楽制作を開始。アニメ作品、ゲーム、アイドル等への楽曲提供、各種サウンドプロデュースやシンセサイザー等のプリセットサウンド開発等にも関わる。また、プラムソニックとして2003年からレギュラーイベント電脳マニアックスを率い現在も活動中。アニメへの代表的な提供作に、涼宮ハルヒの憂鬱(見つけてHappy Life -Sweet extreme&blue valve mix-)や、『らき☆すた』(有頂天in da House、micro Krafty datteValator/AD++)など、KORG製品ではRK-100Sの内蔵デモソング&プリセット音色。KaossilatorPro+、Pro、iKaossilatorには波形段階から音色開発に関わっている。またアーティストや楽器製品のPV/MV制作等も数多く行っている。


かなり盛りだくさんな内容となっておりますが休憩を挟みつつ緩い感じでワイワイしたいと考えてますので、シンセサイザーやそれに関連する音楽が好きな方、興味がある方、やってみたい方等々、経験、未経験問わずぜひお気軽に遊びにいらしてください!


梅田ロフト店デジタル担当 阪口(さかぐち)
この記事を書いた人
梅田ロフト店デジタル担当 阪口(さかぐち)

DJ歴20年、現在も現役DJで活動をしているDJ専門スタッフの阪口です。
今までクラブイベントや野外イベントでDJ、バンドのトラックメイカー、オーガナイザー等々色々と活動してきましたので、DJに関する事なら何でもご相談下さい。

梅田ロフト店
梅田ロフト店

大阪府大阪市北区茶屋町16-7 梅田ロフト8F

電話番号:06-6292-7905

営業時間:10:30~21:00

HP:http://www.shimamura.co.jp/umeda/

「digiland-shop-umeda」タグの関連記事

「アナログシンセ」タグの関連記事

↑ページトップ