皆さんこんにちは!

9月なのにまだまだ暑くて手持ちの楽器のメンテナンスが終わらないここ最近です(笑)

今回はフロイドローズを使っている方なら「つけたい!」と思うD-Tunaについてお話していきたいと思います!

↑フロイドローズについている小さいパーツがD-Tunaです。

ドロップチューニングとレギュラーチューニングを交互に使われる方にピッタリのパーツになります。

↑EVHのシグネチャーギターの様にフロイドローズのザグリが彫られてない場合はそのまま取付できます。

ただ、一般的にはフロイドローズのザグリが彫られているギターが多いので一般的にはD-Tuna用のザグリを追加で彫る必要があります。

↑実際自分の楽器にもD-Tuna用のザグリを彫って取り付けました。

↑上段の画像がレギュラーチューニング、下段がドロップDにした時の状態になります。

原理は非常にシンプルで、フロイドローズのファインチューナーの可動域の中で弦の張力を変える事でドロップチューニングが出来る様にするものになります。

ただ、フロイドローズの基本セッティングとして裏のバネと弦の張力が同じになるようにセットアップするのでドロップした際ブリッジがバネの張力で引っ張られることになります。

↑それを防ぐ為に使うものがアーミングアジャスターという物になります。

基本的にはD-Tuna単体で使ってしまうとチューニングの安定性がずれてしまうのでそれを補うアーミングアジャスターの様なパーツが必要になります。

アーミングアジャスターの原理は極めてシンプルで、弦の張力が作用する方向に力を与える物になります。

ただ、元は無かった反発力が増える事になるのでアームアップ時の抵抗は強くなってしまいます。

それが嫌な方はこちら!

↑Tremol-noという補助パーツになります!

Tremol-noはブリッジの動きを制限できるパーツになっていて、指で回せる黒いネジでアームダウンのみ・フリーアーミング・アームロック状態に切り替える事が出来るのでD-tunaを使わない方にもオススメできるパーツになります。

アーミングアジャスターと比べても違和感や抵抗が少なくスムーズに動いてくれます。

D-tunaのセットアップについては色んな記事が出回っているので今回は省かせて頂きますが、勿論当工房でも承っておりますので気軽に相談してください!

今回はD-Tunaとその周りのパーツについて説明させていただきました!

また次回のコラムでお会いしましょう!

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

ギターリペア工房

アンニョンハセヨ!韓国から来日しました金(キム)と申します。皆様のサポートがしたく、努力して日本語も勉強しました!宜しくお願いします!

このスタッフの記事をみる

関連記事

くらべてみた! べっ甲 ピックガード!!

ギターリペア工房奥村

感動伝道者陳(ジン)の「皆さんもリペアマン!」<第1話 シールド修理>

ギターリペア工房

リペアマンのギターを徹底解剖! 序章【店長の気まま日記番外編1】

名古屋ギター&リペア郡司

ルシアー駒木のギターよもやま話 その24「梅田にリペアルーム登場!」

ギターリペア工房駒木

リペアマンのギターを徹底解剖! ペグ編【店長の気まま日記番外編2】

名古屋ギター&リペア郡司

2018年も島村楽器のリペアをよろしくお願い致します!!

ギターリペア工房阿部

プロ直伝!自宅で出来るギターメンテ!

ギターリペア工房阿部

ギター修理の見積依頼をWebから簡単にできちゃいます~後編~

ギターリペア工房本田

弦の管理人、中澤によるベース弦の選び方講座

ギターリペア工房中澤

【改造】コーネル・デュプリー氏に捧ぐ。【前編】

ギターリペア工房井上