皆さん

こんにちは。


コロナウィリスの影響でなかなか外出しづらい状況です。(記事の作成時期は5月)

この記事がアップロードされる6月は通常のライフスタイルができる事を私も望んでいます。


今回ご紹介する修理は

ナット交換です。


ナット交換が必要なパターンは色々あります。

・ナット溝の摩耗して開放弦からビビリOR共振が生じる際(溝が深くなる。溝が広くなる)

・元の弦より極端に太さが細い弦で交換する際

・カスタマイズ(ナットの素材を変えて、音色の変化を得る)

etc....


今回はナット溝も摩耗で開放弦からビビリが生じているパターンです。

作業の流れとしては、

元のナットを外す→ナット材の厚み出し→弦溝加工→磨き、光沢

まずは元のナット外します。

新しいナット材を用意して溝にはまるように厚みを出します。

指板のアール(R:曲率)に合わせてナット側に罫書きをします。(弦の底面が来る仮想の線)

罫書きの線より1~2mm残してナット上面加工を行います。


ナット上面加工が終わったら弦溝加工を行います。

高くてもなく、低くてもなく

丁度良い高さになるまでに弦溝をきります。


これで演奏性としては全く問題ありませんが、

そのままだと綺麗ではないので磨きとバフ作業(光沢作業)を行います。


まずは荒い紙ヤスリでスタート

どんどん細かい紙ヤスリで傷を細かくします。

バフ(光沢)まですると



キレー

最後、弦を張って微調整を行うと

完成!!

今回の修理内容

・ナット製作(素材代別途)

※素材によって工賃の変動がございます。

合計金額 ¥11286(税込)+送料

*修理費用は同じ症例でも楽器の種類や形状・仕様によって異なる場合があります。

ご不明な点はお近くの島村楽器にぜひともご相談ください。


お近くの島村楽器はこちらから、

リペアブース併設店と専門店はこちらをご参照ください。



記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

ギターリペア工房

ギターが好きで韓国から日本まで来ました陳(ジン)です。ギターは我々の友達です。痛い友達は直すべきです。皆様の楽しい音楽生活のため、私が丁寧に直します。

このスタッフの記事をみる

関連記事

リペアメニューのご紹介! ~ハローウィーン編~

その他スタッフ・アーカイブ

パーツ交換

~パーツ交換はやっぱ楽しい~リペアスタッフ池田の梅田散策Vol.22

梅田ロフト店池田

Fender 配線修理

光るポジションマーク~店長の気まま配信16

名古屋ギター&リペア郡司

福岡ギター修理のすゝめその25~バンジョーリペア第2弾~

福岡イムズ店尾仲

福岡ギター修理のすゝめその52~よ~く見ると隙間が・・・~

福岡イムズ店尾仲

リペアスタッフ池田の新宿散策Vol.9~新年ペグ交換~

梅田ロフト店池田

感動伝道者 陳(ジン)のリペアーストーリー 第3話<ウクレレペグ交換編>

ギターリペア工房

リペアのようす

福岡ギター修理のすゝめその49~テレキャスターにトレモロを!~

福岡イムズ店尾仲

ボディ割れ+ラメ塗装

ギターリペア工房長谷川

修理記録 フロイドローズ調整編

ギターリペア工房井上