みなさん、こんにちは。
いかがお過ごしでしょうか。

今回紹介するのはこちら

ウクレレのブリッジ交換

お預かり時はこんな状態でした。

よく見ると1弦の溝が広がっていますね。今はコヨリを大きくして、どうにか弦を留めている状態です。

「え?サドル駒じゃなくて?」、「ウクレレのブリッジって交換できるの?」と思われた方…

出来るのです!

まずは...

ブリッジを剥がしていきます。

そして用意したのは

こちら!!!


「ウクレレブリッジって売ってるんだ!」と思いましたか?
確かに、市販されているブリッジに中にはありますが、今回お預かりした楽器にピッタリ合う仕様の製品はありませんでした。ウクレレは特に、メーカーによりブリッジの形状も弦ピッチも多種多様ですよね。
なかなか完成品の楽器に合う既製ブリッジは無いのです...。

じゃあ、どうしたのか?作りました!

ウクレレのブリッジ製作

まずは製図...

このタイプのブリッジで要となる弦の通り道(弦ピッチに当たる部分)を最初に決めたら、全体のバランスを見ながらザックリと形状を決めていきます。


いざ、加工!

製図した寸法よりも大きなブリッジ材を用意します

まずはブリッジサドルが収まる溝を掘ります。

溝が掘れたら余分をカット

サドル溝を基準に加工を進めていきます

徐々に見慣れた形状になってきましたね。
もう一踏ん張りです。

完成したものがこちら

取り外した元のブリッジと比較するとこんな感じ。



本体に取り付けます

取り付け箇所の周囲を養生して、接着部が平坦になるよう研磨しました。

ここで残念なお知らせです...
接着作業は全然、手を離すことが出来ず、写真が撮れませんでした!

そんな訳で、接着作業を終えたところがこちら

みっちり圧着しております。

ブリッジが接着されたら

新しいブリッジに合わせてサドル駒を作ります。

サドル駒、完成(仮)です。なぜ(仮)なのか...

弦を張っていないからです!

ラストスパート

ようやく弦が張れる状態になりました!

あとは弦高を見ながらサドルと高さ調整をして完成です!


元のブリッジと比べるとこんな感じ

ブリッジ交換、完了です

仕上がりだけだと、元から弦を巻き付けるタイプの仕様であったようにも見えますね!

今回のように、弦を溝に引っ掛けるタイプのブリッジから、クラシックギターの様に巻き付けるタイプのブリッジに変更したい、というご要望は多く頂きます。
どちらのブリッジにも一長一短あるので、ご自身のプレイスタイルに合わせてカスタマイズのご検討を頂ければと思います。

市販品では対応できない場合には今回、ご紹介したように板材からの製作も承っていますので、まずはご相談ください!

今回の修理内容

  • ウクレレブリッジ製作(ブリッジ剥がし接着あり/クラシックギタータイプ)
  • サドル駒の作成(イントネーションあり)
  • オイル漬牛骨材
  • Aquila 7U
合計金額 ¥46,068(税込)+送料

※修理費用は同じ症例でも楽器の種類や形状・仕様によって異なる場合があります。
ご不明な点はお近くの島村楽器にぜひともご相談ください。


お近くの島村楽器はこちらから、
リペアブース併設店と専門店はこちらをご参照ください。

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

ギターリペア工房中野

「この楽器の状態って弾きやすいの…?」そんな不安な点を取り除きながらプレイスタイル・楽器に合ったベストコンディションを一緒に探していきましょう!

このスタッフの記事をみる

関連記事

ボディサイド舟形ジャックプレート取り付け

ギターリペア工房小嶋

まさか!大切な楽器に打痕が・・・

ギターリペア工房阿部

LPギターのペグ交換

ギターリペア工房中野

木製エスカッションの製作!!

ギターリペア工房

リペアマン山本の札幌リペア道中記VOL.15

札幌パルコ店山本

フレットレス改造

ギターリペア工房長谷川

ヤマザキの~弾いてみそ試してみそ~Vol.7

ギターリペア工房山崎

リペアマン岡の配線、してみました。

立川店

リペアマン山口の大宮で日々リペア 41 ~ 梅雨が明けても改造しましょう! ~

大宮店山口

ベースリフィニッシュ編

ギターリペア工房長谷川