こんにちは!

先日、シャツ・パンツ・帽子・靴・鞄、全て黒色の物に身を包み出掛けようとしたところ、

「大統領の狙撃に行くの?」と姉に冷やかされた、中澤です!

(黒が好きなだけなのですが・・・)



さて、前回はクラシックギターのペグ交換をご紹介しましたが、今回はテレキャスターの電装修理・ブリッジ交換です。

元々は電装修理のみでお預かりした物ですが、お客様のご希望でブリッジ交換も行わせて頂きました。


まずは修理前の状態です。

ピカピカの楽器も良いですが、少し使用感が有ったり、金属パーツがくすんでいたりするのも渋みが有ってカッコイイですよね!

しかし、錆びすぎも良くないので、今回は交換してしまいます!

作業効率を考えネックを一旦外し、ここからピックガードを外し配線を行います。

やはりフェンダー系のギターやベースの多くは配線や電装パーツがほぼピックガードやプレートにまとまっているので非常にメンテナンス性が良いですね!


今回、ポットはそのまま流用しトグルスイッチとジャックの交換を行いました。

交換はその2か所のみですが、他にも断線しかけている箇所や配線材の長さが不適切な箇所が無いか等も再度チェックをします。


さて、配線が終わりピックガードを元の位置に戻しました!

と、ここでブリッジも交換しております。


そしてお気付きでしょうか、実はピックアップのマウントビスとピックガード固定用のビスも全て新品に交換しております。

ビス合計でも数百円ですが、こんなにも変わるんです!


そして見て下さい、この金属光沢・・・たまりません・・・




ここで一旦作業をギタープレイの肝であるネックに移行します。

フレットやペグ等も綺麗にしていきます。


←磨き前 磨き後→



さて、遂に再組み込みが完了しました!

ここからネックの反り・弦高・オクターブ・ピックアップ高さ・ナット溝等の細かい所まで調整を行い、全ての修理が完了です!

黒いボディ、輝く金属パーツ・・・ コントラストが美しいですね。

やはりテレキャスターカスタムは高級感がありますね!

と、かなり駆け足になりましたが、今回はテレキャスターの電装修理・ブリッジ交換をご紹介させて頂きました。

私も私物で通常仕様のテレキャスターを所有しており、双方の音のキャラクターや楽器の持つ存在感などの違いなども感じられ、やりがいのある作業が出来ました!



今回の修理内容

・電装修理

・ブリッジ交換工賃(基本調整、ビス類交換込)

・交換用トグルスイッチ、ジャック、ブリッジ

・ダダリオ EXL125 09-46

合計金額 ¥20700(税込)+送料

*修理費用は同じ症例でも楽器の種類や形状・仕様によって異なる場合があります。

ご不明な点はお近くの島村楽器にぜひともご相談ください。


お近くの島村楽器はこちらから、

リペアブース併設店と専門店はこちらをご参照ください。

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

ギターリペア工房中澤

バンド経験を活かして、お客様がより楽しく楽器を弾くためのお手伝いをさせて頂きます!特に配線の修理やカスタマイズ、多弦楽器のセッティングはお任せ下さい!

このスタッフの記事をみる

関連記事

リペアマン遠藤の仙台リペアブログ~その13~アコギブリッジ剥がれの巻!

仙台ロフト店遠藤

新しい便利工具

リペアスタッフ池田の新宿散策~Vol.22~

梅田ロフト店池田

ヤマザキの~弾いてみそ試してみそ~Vol.5

ギターリペア工房山崎

プリセットスイッチは必要なのか

ギターリペア工房井上

ルシアー駒木のギターよもやま話 その11「着脱可能!」

ギターリペア工房駒木

レスターフラット タイプ ピックガード

ギターリペア工房小嶋

福岡ギター修理のすゝめその12~アーティスト緊急来店!!~

福岡イムズ店尾仲

Gibsonフルアコ電装一新!

ギターリペア工房中澤

福岡ギター修理のすゝめその11~ダウンチューンセットアップ 後編~

福岡イムズ店尾仲

修理記録 トロニカルチューンへのペグ交換

ギターリペア工房井上