皆さんこんにちは!

市販の食品の2人前が私にとっての1人前、中澤です!

さて、今回はリッケンバッカーのエレキギターの電装パーツ全交換と、

初見で騙される方も多い(?)リッケンバッカーのコントロールの仕様について紹介致します。

まずは作業の流れから。

ピックガードを外して裏返し、改めて仕様の確認。

ふむふむ。

目視で配線を追っていけばどことどこが繋がっているのか、それぞれのPOTがどんな動作をするのかは理解できます。

しかし、問題なのがその配列。(後程解説致します。)

これらは一旦はずし、新しいパーツを組み込みます。

そして、配線し直し。

長さや取り回しも見直し、綺麗な配線となりました。

そしてそして、楽器に戻して弦を張り直して完了!

さて、ここまでは作業内容の紹介ですが、ここからはリッケンバッカーのコントロールの配列について。

まず、注目したいのはフロントとリアそれぞれの書き方です。

青で囲ったBASSがフロントのコントロール(上がボリューム・下がトーン)、赤で囲ったTREBLEがリアのコントロール(上がボリューム・下がトーン)となり、

ノブの位置だけ見ればレスポールタイプの様に並んでいる気もしますが、

実際、レスポールはこの様な配列となります。

同じく、青がフロント(左がボリューム・右がトーン)、赤がリア(左がボリューム・右がトーン)となります。

これ、どちらかに慣れてしまうと、分かっていても間違えてしまいます。

更にいうと、先ほど載せた写真の通り、配線する時はボディあるいはピックガードは裏返して行いますので、

尚更ややこしい・・・。

また、〇で囲っていない小さなノブがリッケンバッカーにはありますが、これはフィフスコントロールと言って、

ハーフトーンにした時のフロントとリアの音量のバランスを取る為に、フロントにのみ効くボリュームとなります。

しかも効き方が通常のボリュームと回す方向が逆!

そもそもボリュームがあるのにこれが有る理由が私には未だに理解できず・・・。

「こういう時にめちゃ便利ですよ!」といった有効な利用法をご存知の方はご一報下さい・・・。



・電装全交換工賃

・電装パーツ合計

合計金額 ¥17,490(税込)+送料

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

浅草橋ギター&リペア店中澤

バンド経験を活かして、お客様がより楽しく楽器を弾くためのお手伝いをさせて頂きます!特に配線の修理やカスタマイズ、多弦楽器のセッティングはお任せ下さい!

浅草橋ギター&リペア店の店舗情報

このスタッフの記事をみる

関連記事

コンデンサー?交換【店長の気まま日記21】

名古屋ギター&リペア郡司

福岡ギター修理のすゝめその20~ブリッジ浮き~

福岡イムズ店尾仲

リペアマン山本の札幌リペア道中記VOL.4

札幌パルコ店山本

リペアマン山本の札幌リペア道中記VOL.10

札幌パルコ店山本

木製エスカッションの製作!!

浅草橋ギター&リペア店

リペアマン山口の大宮で日々リペア56~ フレット交換 ~

浅草橋ギター&リペア店山口

トップ割れ+ブレーシング破損作業紹介

浅草橋ギター&リペア店長谷川

Gibsonフルアコ電装一新!

浅草橋ギター&リペア店中澤

古い楽器のリフレッシュ大作戦!

浅草橋ギター&リペア店

福岡ギター修理のすゝめその14~バンジョー調整~

福岡イムズ店尾仲