こんにちは!

ギターリペア工房、井上です!


2019年初登場です! もう二月ですが明けましておめでとうございます!

私の今年の抱負は「健康第一」にしました!

年始早々に風邪を引いたので、より一層気を付けようという気持ちでいっぱいです!


さて今回、ご紹介するのはべっ甲柄のピックガードについてです。

まず、べっ甲について簡単にご説明致します。

べっ甲ってなんだろう

べっ甲というのはウミガメやタイマイの甲羅の加工品です。

故に希少価値が高く工芸品として馴染みの深い物となります。

日本ですと古くは正倉院等にも納められていたようです。

(当初からあるとしたら平城京時代から工芸品としての文化が成り立っていたという事ですね)


ちなみに漢字で書くと「鼈甲」。

すっぽんの甲羅という意味だそうです。

私たちが知っているべっ甲柄ピックガード

さて、今ご説明しましたのは「べっ甲」そのものになります。

ここからは私たちがよく目にするべっ甲柄についてお話ししますね。


べっ甲柄ピックガードというのは読んで字の如くなのですが、

べっ甲自体は本物ではありません。

ギターやベースに使われている物はあくまでもべっ甲を再現した柄で作られた、

硬質塩化ビニール等で作られた物になります。(古くはセルロイド等)


ただ、このべっ甲柄という物が難しく、メーカーや板材からの切り出し方によって、

千差万別ともいえる表情を見せます。


その中でも代表的なのが

「赤べっ甲」と「茶べっ甲」になります。

これは一見すれば違いが分かりますのでご覧ください。



上が「赤べっ甲」と「茶べっ甲」です。

比べると一目瞭然ですね。


ということは同じべっ甲柄でもそれだけ印象も変わってくるという事です。

お客様の好みはどちらでしょうか?

今回の修理内容

  • ピックガード交換(弦交換、簡易調整含む)
  • 交換用ピックガード素材
合計金額 ¥19,008(税込)+弦代+送料

*修理費用は同じ症例でも楽器の種類や形状・仕様によって異なる場合があります。

ご不明な点はお近くの島村楽器にぜひともご相談ください。


お近くの島村楽器はこちらから、

リペアブース併設店と専門店はこちらをご参照ください。

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

ギターリペア工房井上

店頭で勤務していた経験を活かし、お客様に寄り添ったリペアをモットーとしております。楽器を介してお客様とお会いできる日を心よりお待ちしております!

このスタッフの記事をみる

関連記事

リペアマン山口の日々リペア 7

大宮店山口

ルシアー駒木のギターよもやま話 その70「『簡易』って仕上がり悪いの?」

ギターリペア工房駒木

ギターの「調整」って、何ですの?【ヤマザキの~弾いてみそ試してみそ~Vol.26】

ギターリペア工房山崎

レスポールタイプのネック折れ修理

ギターリペア工房阿部

ルシアー駒木のギターよもやま話 その19「工房にお客様!!その2」

ギターリペア工房駒木

福岡ギター修理のすゝめその30~ネック折れ修理~

福岡イムズ店尾仲

名古屋パルコ リペアマン 瀧口のブログ!

名古屋パルコ店瀧口

ハムバッカーPUのカバー取付

ギターリペア工房本田

修理記録 レスポールポット交換編

ギターリペア工房井上

ネック折れリペア作業紹介

ギターリペア工房長谷川