皆さまこんにちは!


業務用掃除機で水を吸うのが楽しくて仕方がないので、うっかりを装って水をこぼしている、

ルシアー駒木です。

f:id:shimastaff-01:20180405161249p:plain


本日は何を皆様にご覧頂きたいかと申しますと、


英三さん!


ルシ駒のブログにも度々ご登場頂いております



レコーディングにお邪魔したり、

f:id:shimastaff-01:20180413162559j:plain


工房に来て頂いたり、

f:id:shimastaff-01:20180413162701j:plain


いつも本当にお世話になっております。

f:id:shimastaff-01:20180319111639p:plain


そんな英三さんから「駒木君、ギター折れちゃった!弾けるんだけど。」というご連絡。


折れた!?でも弾ける状態!??

f:id:shimastaff-01:20180319131022p:plain

その内容だけではどんな事になっているのか全く想像できません。

早速楽器をお預かりして、見てみると、、、、

f:id:shimastaff-01:20180413162931j:plain

あれ?別にネックは折れてないなあ、、、

・・・

・・・ん!?

f:id:shimastaff-01:20180413163102j:plain


むむむ!?

f:id:shimastaff-01:20180413163202j:plain

欠けてる!!

どうしてここがこんな欠け方をしたのかは分かりませんが、いつもロックなステージをHISTORYと共にこなされてらっしゃる英三さん。

f:id:shimastaff-01:20180428104238j:plain

f:id:shimastaff-01:20180319131049p:plain

何が起きてもルシ駒は慌てません。

お任せください!

f:id:shimastaff-01:20180319111639p:plain

早速作業に取り掛かりましょう。


f:id:shimastaff-01:20180413163506j:plain

まずは割れた箇所を刃物で整えていきます。


そして、同色のバインディング材を用意して、

f:id:shimastaff-01:20180413172259j:plain


ネック材や元のバインディングと接する部分を加工していきます。

f:id:shimastaff-01:20180413172439j:plain

f:id:shimastaff-01:20180413172546j:plain


ピッタリに加工できています。

f:id:shimastaff-01:20180413172926j:plain


はみ出す部分もここで加工してしまいましょう。

f:id:shimastaff-01:20180413172731j:plain

写真の通り↑手で押さえなくても大丈夫なくらいにキッチリはまるように削っています。

こういった作業の時、まず接着してから加工をする、というタイプの技術者もいらっしゃるのですが、

ルシ駒は割とギリギリまで加工してから接着する事が多いですね。


ここまでくれば接着です。

f:id:shimastaff-01:20180413173331j:plain


上手くつきましたが、まだ木部には穴が。

f:id:shimastaff-01:20180428103111j:plain


ですが、ルシ駒の手にかかれば、この程度は、、、

f:id:shimastaff-01:20180428103038j:plainf:id:shimastaff-01:20180428103043j:plainf:id:shimastaff-01:20180428103224j:plain

余裕ですね。


次にサイドの塗装欠損部分に取り掛かります。

f:id:shimastaff-01:20180428103130j:plain

こういった作業にはやり方が多数ありますが、

今回は同種の塗料を使って、色を合わせて盛っていく形を取りました。

f:id:shimastaff-01:20180428103148j:plain


f:id:shimastaff-01:20180428103154j:plain

このタイミングでバインディングの色合わせもしながら仕上げていきます。

f:id:shimastaff-01:20180428103201j:plain

どうですか?良い感じでしょう。


f:id:shimastaff-01:20180319111639p:plain


上手くいきました。


f:id:shimastaff-01:20180428103233j:plainf:id:shimastaff-01:20180428103827j:plain


傷や欠損は「勲章」のようでそれはそれでカッコいい場合もありますが、今回の様に演奏に支障が出る場所の場合もあります。


ルシ駒断言しますが、リペアに関していえば「直るか直らないか」の議論は必要ありません。直りますので。

「直すか直さないか」の判断を皆様にして頂くというシンプルな話になります。まずは一度ご相談ください!

f:id:shimastaff-01:20180319131049p:plain

ルシアー駒木でした!

その他の「ルシアー駒木のギターよもやま話」を読みたい場合はこちら!


記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

ギターリペア工房駒木

こんにちは、ルシアー駒木です!全国各地に出没しますので見かけたら声をかけて下さいね。世界のプロミュージシャン現場や製作現場叩上げ技術をあなたの楽器に!

このスタッフの記事をみる

関連記事

感動伝道者 陳(ジン)のリペアーストーリー 第2話<電装パーツ交換編>

ギターリペア工房

リペアマン山本の札幌リペア道中記VOL.9

札幌パルコ店山本

ルシアー駒木のギターよもやま話 その15「珍しい箇所のネック折れ」

ギターリペア工房駒木

リペアスタッフ池田の梅田散策Vol.5~中古も色々あります~

梅田ロフト店池田

Gibson Les Paul Traditional カスタマイズ 其の参

ギターリペア工房中澤

22フレット増設

ギターリペア工房阿部

ピックアップ取り付け前

リペアマン山口の大宮で日々リペア 43 ~ 良い音と見た目 ~

大宮店山口

ルシアー駒木のギターよもやま話 その52「イメチェンするなら塗装でしょ!」

ギターリペア工房駒木

リペアマン山本の札幌リペア道中記VOL.39 ~楽器の衣替え~

札幌パルコ店山本

名古屋パルコ リペアマン 瀧口のブログ!

名古屋パルコ店瀧口