最近暑すぎて食欲が無くなってきているリペアマン佐藤です笑

昔はそんなこと無かったんですが、、、歳でしょうかw

このまま食欲が落ち込んでいれば痩せそうですが

意外とそうもいかないのが現実ですね、、、

というわけで恒例の


佐藤の関西リポートシリーズ!!

毎回やってますね笑

関西以外の方がこれを見て関西に来たいと思って頂けると嬉しいですw

今回は同僚のチハラに誘われたので行ってみた甲子園♪
f:id:shima_c_umeda:20160820172141j:plain

テレビで見るのとはやっぱり違います!色んな意味で熱い!笑

行って初めて知ったんですが、外野席は無料なんですね!!

是非一度行ってみて下さい♪

※球場内の写真はアップしてはいけない決まりになっているそうなので

今回は外からの写真です。あの臨場感はぜひご自身の目で!!笑

さて、本題に入りましょう♪


すり合わせとは?

ギター・ベースをされている方であれば一度は耳にしたことはあるのではないでしょうか?

ただ、実際にどんな作業なのか、どんな時に必要なのか知らない方が結構いらっしゃいます。

今回はそこをスッキリさせちゃおうという回です♪

では、梅田店ユーザーさんのギターを実験台に笑
f:id:shima_c_umeda:20160820172345j:plain


まず、すり合わせがどんな時に必要なのか?

フレットをよーく見てみましょう♪
f:id:shima_c_umeda:20160820172356j:plain
弦の軌道に合わせて凹んでいるのがわかりますか?

1フレットから最終フレットまでよく見てみてください!

あなたがよく使うポジションが減っているはずです、、、

減っていなければ、、、それはステンレスフレットか、、、弾いていないからです!笑

フレットにはいくつか素材があるので、減りやすいもの・減りにくいものがあります♪

その点については割愛しますが、詳しく知りたい方はぜひ佐藤まで。

では、凹んでしまっているとどんなデメリットがあるのか?

・チョーキングやビブラートの時に段差があるので、弾きにくい

・ビビりが発生する

・音の立ち上がりが悪くなる

最近弾きにくくなったなぁ~とか

前と音の感じが変わったなぁ~というアナタはもしかするとこれが原因かも?


実際にすり合わせとはどんなことをするのかを解説!

まず用意するものはコチラ!
f:id:shima_c_umeda:20160820172206j:plain
マスキングテープ!

実はこれ、島村楽器で販売してます笑

楽器とは無縁のようなこのテープですが、メンテナンスやリペアでは重宝します♪

あれ?これはもしかして!!

何気なく撮った写真ですが、後ろに写っているのは

あのルシアー駒木が海外で買い付けてきた
1991年製のVALLEY ARTS LELAND SKLAR モデルじゃないですかッ!!

こんな激レアで最高な楽器が沢山あるなんて、、、さすが梅田店笑

すいません脱線しましたが、、、

このマスキングで傷が付かないように指板面を保護していきます♪
f:id:shima_c_umeda:20160820172225j:plain

完了♪
f:id:shima_c_umeda:20160820172246j:plain

そしたらこの状態でネックがまっすぐになっているか確認♪
f:id:shima_c_umeda:20160820172254j:plain


いよいよすり合わせです!

f:id:shima_c_umeda:20160820174127j:plain

まっすぐな板に紙やすりを付けたものでフレットを削っていきます!!

f:id:shima_c_umeda:20160820174136j:plain

凹んだ部分がなくなるまでひたすら削りますッ!!!

そうすると、、、こんな感じで頭が平らになりますね!
f:id:shima_c_umeda:20160820174221j:plain

これで、1フレットから最終フレットまでの頭が直線になっているわけです♪

でも、このままじゃなんか、、、ねぇ?笑

f:id:shima_c_umeda:20160820174235j:plain

というわけで塗ってみました、、赤いフレットもかっこいい笑

f:id:shima_c_umeda:20160820180535j:plain

で、左右から削ってあげると、、、

f:id:shima_c_umeda:20160820174302j:plain

平らだった頭に頂点ができました♪

平らな頭よりもこっちのほうが音の立ち上がりよさそうじゃないですか?♪

もちろんテキトーではなくちゃんと根拠があってやってますよ!!

細かいことが聞きたい方は佐藤まで笑

そのあとは紙やすりの番手を細かくしてフレットの傷を取っていき、
f:id:shima_c_umeda:20160820174324j:plain

この3種のコンパウンドでさらに細かく磨いてきます♪
f:id:shima_c_umeda:20160820174332j:plain

見違えましたねw
f:id:shima_c_umeda:20160820181548j:plain

これでストレスなく演奏ができますよ!!

本当に演奏性やサウンドが変わります!!

で、マスキングをはがして、、、と。
f:id:shima_c_umeda:20160820180637j:plain

さて、今回はすり合わせをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

これを見て自分でもやってみたい!とか、できそうだなー!

と、思われる方もいるかもしれませんが、自己責任でお願いします笑

是非自分の楽器の状態を見てみてください!!

少しでも気になった方はご相談ください♪

ではまた近いうちにお会いしましょう!!

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

梅田ロフト店佐藤

近畿地方の皆様!楽器のことなら修理でも改造でもご相談下さい!特にアコギの調整には自信があります!!是非一度梅田ロフト店へ!!

梅田ロフト店の店舗情報

このスタッフの記事をみる

関連記事

名古屋パルコ店 リペアマン瀧口のブログ!

名古屋パルコ店瀧口

ルシアー駒木のギターよもやま話 その14「工房にお客様!!」

ギターリペア工房駒木

名古屋パルコ店 リペアマン瀧口のブログ!vol 16

名古屋パルコ店瀧口

カスタマイズ ピックアップ交換編

その他スタッフ・アーカイブ

理想の調整

ギターリペア工房本田

名古屋パルコ店 リペアマン瀧口のブログ!VOL41

名古屋パルコ店瀧口

エンドピンジャック用のストラップロックピン取付後

福岡ギター修理のすゝめその38~ロックの日~

福岡イムズ店尾仲

Gibson J-45 ペグ交換

ギターリペア工房中澤

インレイの〇〇修理

ギターリペア工房阿部

福岡ギター修理のすゝめその10~ダウンチューンセットアップ 前編~

福岡イムズ店尾仲