皆様、こんにちは!

夢の中でも仕事をしている男、

浅草橋ギター&リペア店、中澤です!


突然ですが、アコギの弦は6本の合計で何Kg程度の力がかかっているかご存じですか?



一般的にライトと呼ばれる12-53ゲージであればなんと約70Kg!(メーカーや材質によりまちまちですが)

それだけの力で引っ張られれば、ネックも反ればトップも変形します。

そこで更に発生するのがブリッジの剥がれと言う訳です。

もちろん、世の中の製品の全てに必ずしも発生する・しない、と明言は出来ませんが、

相手は木材。何が起こるかわかりません。

今回はそんなブリッジ剥がれの修理の様子をご紹介致します。

まずは剥がし。

ラバーヒーターで温めます。

こんな薄っぺらいのに素手では触れない程の温度にもなりますが、

今回は塗装がラッカーなので温度を上げ過ぎないように様子を見つつ行います。

綺麗に剥がれてくれました。

接着面を整えて、いざ接着!

そして接着後。

もちろん、弦を張っても問題無し!(になる様にやってます)

と同時にナットも交換して完了!


ブリッジ剥がれの症状の判断はなかなか難しいと思いますので、

ご心配な方はいつでもお気軽にご相談下さい!


・ブリッジ剥がし・接着 工賃

・牛骨ナット材・弦代(ダダリオ EJ16)・ブリッジピン(SCUD F-0006)

合計金額 ¥41,500(税込)+送料

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

浅草橋ギター&リペア店中澤

バンド経験を活かして、お客様がより楽しく楽器を弾くためのお手伝いをさせて頂きます!特に配線の修理やカスタマイズ、多弦楽器のセッティングはお任せ下さい!

浅草橋ギター&リペア店の店舗情報

このスタッフの記事をみる

関連記事

リペアスタッフ池田の梅田散策Vol.11~ナット交換します~

梅田ロフト店池田

Gibsonフルアコ電装一新!

浅草橋ギター&リペア店中澤

ベース弦のスケールって何?【デュエリストのリペア奮闘記 turn5】

その他スタッフ・アーカイブ

フレットレスの話

浅草橋ギター&リペア店長谷川

ネック折れの話

浅草橋ギター&リペア店長谷川

リペアマン遠藤の仙台リペアブログ~その58~PUザグリ加工の巻!

仙台ロフト店遠藤

ストラトリフィニッシュ

浅草橋ギター&リペア店長谷川

Gibson Les Paul Traditional カスタマイズ 其の弐

浅草橋ギター&リペア店中澤

アコギのブリッジ浮き修正(接着中の写真)

~アコギブリッジ浮き修理~「アコギは打楽器」二打目

その他スタッフ・アーカイブ

ノイズ対策にもいろいろある。

浅草橋ギター&リペア店井上