皆さんこんにちは!

夏でも食欲が変わらない男、ギターリペア工房の中澤です!

さて、今回はアコースティックギター(以下AGと表記)の弦高調整なのですが、

タイトルの通り、ただの弦高調整ではありません。


通常、AGの弦高調整は、サドルの高さを変えるのみの場合がほとんどですが、

サドルの高さのみの調整では一般的に弾き易いとされる弦高に出来ない場合もあります。

今回がまさにそのパターンでしたので、ブリッジ(黒や茶色の木材等で出来ている物)もろとも削ります。

まずは元の弦高・目標値等を把握し、サドルやブリッジを何mm削れば良いのかを計算したところ、

サドルの頂点を1弦側は3mm・6弦側は4mm下げなければならない事が判明。

サドルの高さを変えるのみでは、溝の中に完全に入ってしまう上、サドル自体の高さがあまりにも無さ過ぎて不安定になりますので、サドル溝の掘り下げ込でのブリッジ削りが必要になる訳です。

まずは、サドル溝の掘り下げビフォーアフターになります。

この時点ではサドル自体の高さは変わっていません。

この工程で全体の高さが2mm下がりました。

残りの数値をサドルで調整しますが、その後はブリッジ上面から出るサドルの高さが低くなりますので、

そこで遂にブリッジ削りの行程に入る訳です。

削り過ぎと余計な傷にさえ気を張っていれば、特別難しい事ではありません。

ブリッジの上面を鉋で削るのみです。

そして、削り終えた様子がこちら。

ブリッジピン穴の周りの面取りや、サドル頂点まで弦がスムーズな角度で張れる様に溝の加工を済ませ、

着色も済ませた様子がこちら。

そして、サドル側で弦高が下がった事で、開放でのビビリが出やすくなりますので、

同時にナットも交換。

私がナット交換の仕上げの磨きの際に目指しているのが、「舐めたら美味しそうな程ツヤツヤに」です。

・・・いや舐めませんけどね?


以上で今回の内容は全て終わりました。

気になる方は是非!と言った内容ではないのですし、すべてのAGの弦高調整に対して必ずしもこの工程が必要な訳ではありませんが、ともかくAGの弦高にお悩みの方は是非ご相談下さい!

・ブリッジ削り・サドル調整・ナット交換

・牛骨ナット材・弦代(ダダリオEJ15)

合計金額 ¥24,442(税込)+送料

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

ギターリペア工房中澤

バンド経験を活かして、お客様がより楽しく楽器を弾くためのお手伝いをさせて頂きます!特に配線の修理やカスタマイズ、多弦楽器のセッティングはお任せ下さい!

このスタッフの記事をみる

関連記事

ルシアー駒木のギターよもやま話 その15「珍しい箇所のネック折れ」

ギターリペア工房駒木

リペアマン山口の日々リペア 10

大宮店山口

コンデンサー?交換【店長の気まま日記21】

名古屋ギター&リペア郡司

なべさやのリペア日誌~ウクレレのストラップ~

ギターリペア工房渡邊

ノイズ対策にもいろいろある。

ギターリペア工房井上

落下したアコースティックギターの修理

ギターリペア工房本田

AGオリジナルピックガード作成

ギターリペア工房小嶋

リペアマン山口の大宮で日々リペア 06 ~音が出ない!!~

大宮店山口

リフィニッシュ【ヤマザキの~弾いてみそ試してみそ~Vol.27】

ギターリペア工房山崎

リペアマン山口の大宮で日々リペア 01 ~ご挨拶~

大宮店山口