MyDRUMS(マイドラムス)

島村楽器のドラム専門サイト。ドラム・パーカッションにまつわる様々な情報を発信していきます。

HOME > 記事一覧 > 新製品情報

LINEで送る

このエントリーをはてなブックマークに追加

【NAMM2017:シンバル】 PAiSTe (パイステ) のお家芸、カラーシンバル! ハンドメイドシンバル Color Sound 900 を新たに発表。

その独特のクリアなシートサウンドが世界中のドラマーから支持されている スイス のシンバルメーカー PAiSTe ( パイステ ) 。この度、ハンドメイドのカラーシンバル、Color Sound 900 が発表されました。

color-2

現時点(2017年1月22日) ではスイスの PAiSTe社 からのアナウンスのみのため、日本国内への入荷時期、および価格は未定です。

新たなカラーサウンドの誕生:

january17_cs900_group

PAiSTe が初めてカラーサウンド (カラーシンバル) を発表してから30年以上、様々なプレーヤー達に愛用されてきました。

そして今、 PAiSTe が新たにリリースしたハンドメイドシンバル 900シリーズに、カラーバージョンが同時発表されました。今回のカラー塗装を実現するために、膨大なリサーチとデザイン研究を重ね、今までのカラーシンバルの中で最も美しいフィニッシュに仕上がりました。半透明の輝くその表面仕上げはレイジング(音溝)やハンマリングの痕をそのまま残すだけでなく、それをさらに際立たせるような効果を出しています。なお、カラーサウンドの塗装は非常に強く、割れ・欠け・むけなどに非常に強いことが、PAiSTe社の何十年にもわたる経験から判明しています。

900シリーズの特徴:

color_sound-900-set_blkbg

パイステシンバルの名器、2002シリーズのブロンズを使用、おなじみのウォームできらびやか、そして何より力強さをもったサウンドが特徴です。ハイブリッド製造、と言われる製法を経て、スイスの職人達の手によるハンドハンマリングとレイジング(音溝)を施し、精製されていきます。全般的なサウンドキャラクターはまずウォームでしなやか。そして多すぎず、少なすぎず、ちょうどよい加減に調整されたかのような明るさ(ブライトネス)を含んでいます。

カラーサウンド・フィニッシュにより通常の 900 シリーズと比較すると「ややドライ、そして短めのサスティーン」になります。結果として900シリーズが持つフレクシビリティはそのままで、「よりフォーカスされた(倍音の少ない、まとまった)サウンド」 になりました。

900シリーズの新製品紹介記事はこちらから

ライナップ:

クラッシュ (16, 17, 18, 19, 20 インチ)

crash

クイック・ウォーム・エネルギッシュ

ヘヴィークラッシュ (16, 17, 18, 19, 20 インチ)

h-crash

豊富なアタック・ウォーム・パワフル

ライド (20, 22 インチ)

ride

バランスの取れた豊かな鳴り・コントロールしやすい・クリアなスティックサウンド・ウォームで美しい鳴り

ヘヴィーライド (20, 22 インチ)

h-ride

メガライド (24 インチ)

強力なベル・大音量に負けない明確なスティック音・エネルギッシュ

mega-ride

24 インチ Mega Ride はさらにパワフル

ハイハット (14 インチ)

hh

万能・コンパクトなハーフオープンサウンド・ウォームなチックサウンド(踏んだ時の音)

サウンドエッジ ハイハット (14 インチ)

se-hh

キレのある・さらにウォームなチックサウンド

ヘヴィーハイハット (14, 15 インチ)

h-hh

強烈な存在感・頑健なオープンサウンド・芯のあるチックサウンド

スプラッシュ (10, 12 インチ)

splash

素早いアタック・ショートサスティーン・アクセントに最適

チャイナ (14, 16, 18 インチ)

china

ディープ・トラッシーなクラッシュサウンド・同じくトラッシーなライドサウンド

 

900シリーズは半世紀以上前の伝統的な製法を使い、スイスの工場にて1枚1枚作り上げています。

 

カラーシンバルの歴史:

PAiSTeが最初にカラーシンバル ( カラーコーティング )を世に出したのは1984年。(COLORSOUND 5) 音楽がみるみるビジュアル重視になり、プロモーションビデオが普及しはじめた時代に、よりビジュアルに訴えるシンバルを、という発想のもと開発されました。1990年代前半、 PAiSTe は VISIONS シリーズを発表しました。

現在カラーシンバルは Joey Jordison (元Slipknot、現VIMIC)、Tico Torres (Bon Jovi)、Paul Bostaph (SLAYER) などの世界的に活動しているアーティストが愛用しており、カスタムオーダーで注文可能です。

color

また、Stewart Copeland (THe POLICE) の Blue Bell Ride、 Aquiles Priester (元ANGRA、現HANGAR)の Giga Bell Ride、そして Danny Carey (TOOL)の Dry Heavy Ride では一部カラーコーティングフィニッシュを施しています。

 

ご予約は最寄りの店舗、またはオンラインストアまでお願いします

bc682e6ee4dd9581a75eb2919b650182-300x225

 

DRUMS SHOW2021 全国6会場で開催!