Pioneer DJ DDJ-RBよりDDJ-RRがオススメな3大ポイント

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

PioneerDJ_DDJ-RR_hagi_01

前回は『パイオニアDJコントローラー DDJ-RB が一番売れてる3つのポイント』というタイトルでPioneerDJ「DDJ-RB」がオススメなポイントをご紹介いたしましたが、個人的には「DDJ-RR」が凄すぎる!!と思っていますので、「DDJ-RB」と比較しながらご紹介していきます。

前回の記事はこちら

前回同様ポイントを3つに絞ってご紹介します。

  • ターンテーブルでDVSコントロールもできるリアルミキサー機能内蔵!
  • ハードウェアのグレードが大幅アップ!
  • つまみやボタンが増えて機能や操作性が格段に向上!

ポイント1:
ターンテーブルでDVSコントロールもできるリアルミキサー機能内蔵!

まず、「DDJ-RR」には『リアルミキサー』機能が搭載されています!
「DDJ-RBにもミキサーはついてるじゃん!」って言われそうですが、「DDJ-RB」についているのはあくまでもパソコン内のミキサーをコントロールするコントローラーとしてのミキサーなのです。
「DDJ-RR」では、実際に外部に機材をつないでミックスすることができるんです。
PioneerDJ_DDJ-RR_hagi_02

さらに凄いのが、『DVS(ディー・ブイ・エス)』に対応しているというコト!!
DVSとはDigital Vinyl Systemの頭文字なのですが、何と「DDJ-RR」に接続したターンテーブルでパソコン内の音楽をコントロールすることができるんです!!
PioneerDJ_DDJ-RR_hagi_03

パソコンのソフトは「rekordbox dj」を使用します。
専用のコントロールレコードをつないでみましたが、とっても簡単に接続ができました。
PioneerDJ_DDJ-RR_hagi_04

私はこのポイントだけでもDDJ-RRの方を買った方が良いと思うくらいかなり大きなポイントなんです。

DDJ-RBの紹介で、クラブにCDJが置いてあればUSBデバイスに楽曲を入れることでクラブでのDJができるようになる。というのをご紹介しましたが、クラブにはもう一つ、アナログターンテーブルでパソコン内の楽曲を操作するDVSシステムも大抵のクラブに設置されています。
PioneerDJ_DDJ-RR_hagi_05

この、「DDJ-RR」では、DVS拡張パックを別途購入することで、ターンテーブルなどをつないでrekordbox djのDVS機能を使ったプレイが可能になります。
ということは、自宅練習にDVSシステムが導入できるので、クラブでターンテーブルを使ったプレイもできる。
つまり!DDJ-RRなら、CDJにUSBを指してのプレイと、ターンテーブルでのDVS機能を使ったプレイ。両方に対応可能というわけです!!
PioneerDJ_DDJ-RR_hagi_06

どうですか?これってすごくないですか?

ただ、「あれっ?rekordboxでのDVSシステムって、クラブで使えるの?」と思った方もいるのではないでしょうか?
Youtubeなどを検索すると、Serato DJ用のオーディオインターフェイス「SL2」や「SL3」で、「rekordbox dj」のDVSシステムが普通に動いているという動画が発見できます。私も試してみましたが、動きました。。。
PioneerDJ_DDJ-RR_hagi_07

「DDJ-RR」でクラブデビューへの道が開けてきそうですね!!


ポイント2:
ハードウェアのグレードが大幅アップ!

ポイント1がかなり大きな特徴だったわけですが、それだけではないのが「DDJ-RR」の凄いところ!ポイント2では「DDJ-RB」から性能がワンランク、ツーランクも上がるハードウェアのポイントをご紹介します。

  • 4 DECK に対応
  • マルチカラーに対応のPAD
  • ON JOG INDICATOR 搭載。
  • NEEDLE SERCH 機能搭載。
  • つまみがやわらかいゴム製
  • LEDにチャンネル+マスターが表示される。

4DECKに対応

パッと見、2チャンネルのDJコントローラーに見えますが、実はインプットセレクターの切り替えで、左のプレーヤーで DECK1 と DECK3 を切り替え可能。右のプレーヤーで DECK2 と DECK4 を切り替えて使用可能なのです。
PioneerDJ_DDJ-RR_hagi_08

マルチカラーに対応のパッド

「DDJ-RB」では赤く光るのみだったPADが、「DDJ-RR」だとマルチカラーに対応しています。rekordbox dj 側で設定したPADの色に合わせてPADの色が変わります。
PioneerDJ_DDJ-RR_hagi_09

この色のHOT CUEはスタートポイント、この色はミックスのポイント。など自分ルールを決めておくことでプレイのやりやすさが倍増すること間違いなしですね!
PioneerDJ_DDJ-RR_hagi_10

ON JOG INDICATOR 搭載

JOGには自分で設定可能なLEDランプが搭載されています。
PioneerDJ_DDJ-RR_hagi_11

曲が終わりに近づいてきているときや、エフェクターが掛かっているときに光らせることができます。
PioneerDJ_DDJ-RR_hagi_12

NEEDLE SEARCH 機能搭載

PioneerDJ_DDJ-RR_hagi_13

このリボンコントローラーを使って、まるでレコードに針を落とすのと同じような操作で曲の自分の鳴らしたいポイントへ移動させることができます。
PioneerDJ_DDJ-RR_hagi_14

つまみがやわらかいゴム製

意外と見落としがちなのがこのポイント。
「DDJ-RB」はEQのつまみがプラスチック製のもの。
PioneerDJ_DDJ-RR_hagi_15

「DDJ-RR」では、ゴム製のつまみを採用しています。
PioneerDJ_DDJ-RR_hagi_16

「DDJ-RB」ユーザーは、長く使っているとプラスチックのつまみだと指先が痛く感じてしまうことがありますので、DJ TECH TOOLSの「Chroma Caps」を取り付けるのがオススメです。ビジュアルも良くなって一石二鳥!
PioneerDJ_DDJ-RR_hagi_17

LEDレベルメーターにチャンネル+マスターが表示される

「DDJ-RB」のLEDレベルメーターはマスターか、チャンネルの音量のどちらかを選んで表示させるようになっています。
PioneerDJ_DDJ-RR_hagi_18

設定画面
PioneerDJ_DDJ-RR_hagi_19

「DDJ-RR」はマスターと、チャンネルの両方の表示が可能ですので、左右のプレーヤーの音量とマスターの音量調整が一目で視認できます。
PioneerDJ_DDJ-RR_hagi_20


ポイント3:
つまみやボタンが増えて機能や操作性が格段に向上!

ポイント2ではハードウェアとしての性能アップをご紹介しましたが、ポイント3ではソフトウェアの機能をフル活用できるボタンやツマミのポイントをご紹介します。これらは「DDJ-RB」でもマウスで操作することで使用可能ですが、「DDJ-RR」だとコントローラー側から操作することができる機能です。

  • サンプラーを記録するシーケンサー搭載
  • サンプラーシンク機能
  • BEAT GRIDのボタンがある
  • PADにパラメーター
  • LOOP機能が使いやすい。
  • エフェクターのボタンが多い
  • SLIPボタン

サンプラーを記録するシーケンサー搭載

「rekordbox dj」のちょっと面白い機能がこのサンプラーのシーケンサー機能。SeratoにもFLIPという機能がありますが、FLIPの場合はHOTCUEを記録する機能でした。rekordbox djではサンプラーの音を記録できますので、より自由度が高く、曲と一緒にならすこともできます。
PioneerDJ_DDJ-RR_hagi_21

「DDJ-RB」ではPC内部のボタンでマウス操作で行うしかありませんでしたが、「DDJ-RR」ではボタンがついていますので、かなり操作性が上がっています。
PioneerDJ_DDJ-RR_hagi_22

サンプラーSYNC機能

「DDJ-RR」にはサンプラーSYNCボタンが付きました。
長めのフレーズなどを仕込んでおけば流している曲にテンポを合わせて再生することができる機能です。
PioneerDJ_DDJ-RR_hagi_23

BEAT GRID修正のボタンがある

DDJ-RRにはBEAT GRIDやBPMを瞬時に修正するためのボタンが搭載されました。読み込んだ曲のBEAT GRIDがズレていたりすることがたまにありますが、DDJ-RRなら瞬時に修正ができますのでかなり便利です。
PioneerDJ_DDJ-RR_hagi_24

赤いしるしのついた線がズレています。
PioneerDJ_DDJ-RR_hagi_25

「DDJ-RR」なら瞬時に修正が可能です。
PioneerDJ_DDJ-RR_hagi_26

PADにパラメーター

サンプラーのバンク切り替えや、PAD FXの時の拍数の変更などができます。
PioneerDJ_DDJ-RR_hagi_27

LOOP機能が使いやすい

AUTO BEAT LOOP ボタンや、1/2や2倍のボタンが増えました。これがあるのとないのではLOOPの操作性がかなり違ってきます。
PioneerDJ_DDJ-RR_hagi_28

こちらがDDJ-RBのLOOPボタン。
低価格のコントローラーでは、マニュアルのLOOP IN/OUTが無いものもありますのでこれだけでもDDJ-RBは相当優秀ですが、DDJ-RRはもっと使いやすいわけです。
PioneerDJ_DDJ-RR_hagi_29

エフェクターのボタンが多い

最近のDJソフトには片方のチャンネルに3つずつエフェクターがついていることが多いのですが、DDJ-RRではその3つのON/OFFとつまみが独立していますので操作性がかなり良いです。さらに一番右のつまみではRELEASE FXも使用できるようになっています。
PioneerDJ_DDJ-RR_hagi_30

こちらがDDJ-RBのエフェクターパネル。
つまみやボタンが1つ分しかないですね。一番左のエフェクターのみ操作できます。
PioneerDJ_DDJ-RR_hagi_31

SLIPボタン

SLIP機能用のボタンもDDJ-RBでは省略されていたようです。
PioneerDJ_DDJ-RR_hagi_32


DDJ-RBとDDJ-RRの違うポイントをまとめてみました。

DDJ-RB DDJ-RR
4DECK
リアルミキサー 2CH
DVSへの対応 (※-DVSパックは別売り)
NEEDLE SEARCH
JOG INDICATOR
PADカラー 赤のみ マルチカラー対応
PADシーケンサー (※-コールのみ)
つまみ プラスチック ゴム製
LED マスターかチャンネルか選択 マスター+チャンネル
SAMPLER SYNC (※-ソフトウェアのみ)
BEAT GRID (※-ソフトウェアのみ)
AUTO BEAT LOOP (※-4BEATのみ)
JOGサイズ 128mm 132.5mm
テンポスライダー幅 4cm 6cm
SLIPモード (※-ソフトウェアのみ)
ヘッドホン ミニサイズのみ ミニサイズ+標準サイズ
サイズ 482.6×272.4×58.5mm 553×334.5×65.1mm
重量 2.1Kg 3.7Kg

ちょっと項目が多くなってしまったので、最後にまとめておきます。

1.ターンテーブルでのDVSコントロールもできるリアルミキサー機能内蔵!

2.ハードウェアのグレードが大幅アップ!

  • 4DECKに対応
  • マルチカラーに対応のPAD
  • ON JOG INDICATOR搭載。
  • NEEDLE SERCH機能搭載。
  • つまみがやわらかいゴム製
  • LEDにチャンネル+マスターが表示される。

3.つまみやボタンが増えて機能や操作性が格段に向上!

  • サンプラーを記録するシーケンサー搭載
  • サンプラーシンク機能
  • BEAT GRIDのボタンがある
  • PADにパラメーター
  • LOOP機能が使いやすい。
  • エフェクターのボタンが多い
  • SLIPボタン

いかがでしたでしょうか?
ハギオとしては、DVSコントロールへの対応が相当大きなポイントだと思っているのですが、4DECKやマルチカラー対応や、LOOP機能やエフェクターの強化なども大きなポイントだと思います。

後々CDJやターンテーブルなど上位の機種にグレードアップしようと考えている方であれば、上位機種の機能が凝縮して搭載された「DDJ-RR」がオススメです。


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

デジマート⇒DDJ-RR


DJ.デジタル楽器アドバイザー 萩尾(はぎお)
この記事を書いた人
DJ.デジタル楽器アドバイザー 萩尾(はぎお)

2001年のDMCのビデオ映像に衝撃を受け、バトルDJを志す。
その後すぐDJバトルを企画し、10年以上定期的にDJバトルをプロデュース。
現在もいろんな大会を企画しています。DJ機材に関して日々追求を続けておりますので、DJ機材に関することなら何でもご相談ください。

「hagio-ryuta」タグの関連記事

↑ページトップ