Arturia : PIGMENTS3 | 3つのシンセ・エンジン搭載・直感的にコントロール可能なソフトシンセ最新バージョン

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

Arturia ( アートリア )が3つのシンセ・エンジンを優れたインターフェースで直感的にコントロール可能な「PIGMENTS」のがメジャー・アップグレード「PIGMENTS3」を発売します。

Polychrome Software Synthesizer

PIGMENTS3はハーモニック・エンジンの搭載、また追加されたユーティリティ・エンジンは従来のデュアル・サウンドエンジンと組み合わせての使用が可能となり、その他にも多くの新機能を備えています。

【関連記事】ARTURIA Pigments | ウェーブテーブル+ヴァーチャルアナログソフトシンセ

主な新機能・特長

  • 表現力豊か且つ鋭い重加算倍音を放つハーモニック・オシレーター
  • デュアル・サウンドエンジンと組み合わせて使用可能なユーティリティ・エンジン
  • メタリックでアグレッシブな音色を生み出す64個の新しいウェーブ・テーブル
  • ピッチシフト・ディレイ、コーラスJUN-6など4種類のNewFX
  • Jupiter-8のアイコンであるレゾナント・ローパス・フィルター
  • フィルターとFXのルーティングを強化
  • 200種類の新規プリセット・サウンド

仕様

  • 2種類のエンジンを同時使用可能(Virtual Analog triple osc engine、Complex Wavetable engine、Sample and Granular engine)
  • 2系統のフィルター(Classic filter types from V Collection instruments、Modern filter types、Continuous series/parallel routing)
  • パワフルなエフェクト・セクション(Insert or Send routing、Modulable parameters)
  • 先進のモジュレーション・システム(Graphical editing, source-based or destination-based.、Envelopes, LFOs, Function generators, Random src, ...)
  • ビジュアル・インターフェイス(Graphical representation of the most important modules)
  • ポリリズム作成も可能なシーケンサーとアルペジエイター(Create complex, custom and evolving sequences/arps、Advanced random sequence generator)
  • 幅広いファクトリー・プリセット・ライブラリー・NKS controller に対応

動作環境

  • Win
    • Win 8.1+ (64bit) 以降
    • 4 GB RAM
    • 2.5 GHzCPU
    • 2GB free hard disk space
    • OpenGL 2.0 互換GPU
  • Mac
    • 10.13以降
    • 4 GB RAM
    • 2.5 GHz CPU
    • 2GB free hard disk space
    • OpenGL 2.0 互換GP
  • 共通動作環境
    • Works in Standalone
    • VST
    • AAX
    • Audio Unit
    • NKS (64-bit DAWのみ)


PIGMENTS3 パッケージ版

発売日

2021年5月下旬予定

販売価格

近日公開

DTM新製品一覧は ⇒ こちら

「ソフトシンセ」タグの関連記事

↑ページトップ

DTM安心サポート