MOOG Subsequent 25 | 25鍵盤の最もコンパクトな2ボイスパラフォニックアナログ・シンセ

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

Moog ( モーグ )が小型の2ボイスパラフォニックアナログ・シンセサイザー「Subsequent 25」を発売します。

Subsequent 25は、Moogの最もコンパクトなサイズのアナログシンセサイザー。Subsequent 37のバリエーション・モデル(鍵盤数以外は同一機能)で、2ボイス・パラフォニック対応、ユニゾンモードで3つのオシレーターをスタックしてファットなサウンドを得られる他、デュオモードでオシレーター1と2を独立して演奏することもできます。

おなじみのラダーフィルター、OTAディストーションとFETドライブの組み合わせにより、パワフルなサウンドを生み出すことができます。

4つのオンボードCV入力とDIN/USB MIDIを装備しており、すべてのパラメーターをMIDIコントロールできる他、外部音源、DAWやユーロラックモジュール等のCV対応機器と接続可能。16のプリセットを本体に保存でき、無償のエディターソフトによりPCに無限に音色を保存可能で、DAWとシームレスに統合したプリセット管理も可能となっています。

特長

  • Mono Mode と Duo Mode 、2種類の発音モードを選択できる2音パラフォニック仕様
  • 25鍵仕様のセミウェイテッド/ベロシティ対応キーボード
  • 2基のオシレーター/1基のサブ・オシレーター/1基のノイズ・ジェネレーター
  • Moog伝統のラダー・フィルター
  • 従来よりもヘッドルームが拡張されたミキサー
  • OTAディストーションとFETドライブを組み合わせたマルチドライブ回路
  • 1基のLFO/2基のADSRエンベロープ(フィルター/アンプ)フル・プログラマブル仕様。4バンク/4パッチ・ボタンを装備
  • 完全なMIDIコントロールに対応
  • エディター/ライブラリアン・ソフトウェアを使用することで、表に出ていないパラメーターを操作でき、音色を無限に保存/呼び出すことが可能
  • オーディオ出力/外部オーディオ入力/3系統のCV入力(ピッチ/フィルター/ボリューム)/Gate入力/MIDI入力/MIDI出力/USB端子

仕様

  • 鍵盤:25鍵盤フルサイズ・キーボード(ベロシティ対応、セミウェイテッド)
  • 音源:アナログ
  • ボイスモード:モノフォニック、デュオフォニック
  • 入出力端子:オーディオ・インプット×1(1/4”Ext. In)、オーディオ・アウトプット×1(1 x 1/4”)、USB: 1 x Type B、MIDI(IN、OUT、USB)Filter CV In、Pitch CV In、Volume CV In、KB Gate In
  • コントローラー:ピッチベンド、モジュレーションホイール
  • プリセット数:16 (4 Banks, 4 Patches per Bank)
  • 外形寸法:171(W)×514×375mm
  • 重量:7.48Kg

Moog Subsequent 25 | Flying Lotus + Julian House | Building Your World

発売日

2020年2月23日

販売価格

(税抜)¥90,728 (税込 ¥99,800)
JANコード:4959112198944


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

.

Subsequent 25 ATA Case

Subsequent 25またはSub Phattyに対応したSubsequent 25 ATAロードケースも用意されています。国内発売は未定

シンセサイザー新製品一覧は ⇒ こちら

「synthesizer」タグの関連記事

The NAMM Show 2020

↑ページトップ